海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-46話-47話-48話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
穆如槊が出征しても、瀚州の反乱の鎮圧には苦戦していた。穆如寒山は、宮中に反乱軍を支援している者がいて、自分たちを陥れようとしている策略があるに違いないと疑っているのだが、穆如槊は、陛下を支えることが穆如の使命であることを主張し、聞き入れようとしない。

ファラケス王から、牧雲笙を倒すのは、穆如寒江であると言われ、寒江は、王を殴って、檻に入れられてしまう。

皇帝は、牧雲笙の罪を許そうと考えていたのだが、ふと宴の席で、牧雲笙は、酒をたくさん飲んでいなかったことに気づき、何かあると感じ、虞心忌に調べさせる。

皇帝が牧雲笙のお酒のことで何か気がついたようです。牧雲笙を助けられるといいのですが・・・今回は、46話から48話までをご紹介いたします。

【海上牧雲記】(ネタバレあり)

46話 乱心の真相

皇帝は、側仕えの秦明を問い詰め、宴の日に牧雲笙の酒をすり替えたことを突き止める。そして、誰の指図であるのかと問いただすと、秦明は自分がしたことであると告げるが、拷問が命じられると、黒幕をかばって自害してしまう。
決して裏切ることはしないのですね!

虞心忌は、牧雲笙の冤罪が判明し、幽閉が解かれることを、牧雲笙に告げる。しかし、牧雲笙は、盼兮を思い出し、盼兮を奪われた復讐のために秘術の修練を続けるのだった。

孤松直と薛或が、軍に巨費を投じながら、戦を終わらせることができない穆如槊に批難の声が上がっており、処罰することを皇帝に進言する。しかし、皇帝は、穆如鉄騎の戦死者に報奨金を与え、穆如槊には褒美として祖廟に捧げた肉を下賜する旨の勅命を出す。それは、皇帝が戦を恐れぬ穆如を信じているからであった。
皇帝からの信頼は強い味方になりますね!

皇帝が、牧雲笙を訪ねようとするのを、朝廷の重臣たちは結束して阻止する。
とことん牧雲笙を嫌いますね!

牧雲笙は皇帝が来るのを外で待っていたが、半日経っても来なかった。そこに牧雲徳がやって来て、皇帝は宴席に出ていて来ないことを告げる。そして、皇帝との仲を裂くようなことを言う。

47話 孤立無援

ある晩、牧雲笙の庵の未平斎の門の鍵がひとりでに壊れたことを、兵士たちは魅の仕業だと怯え、戦場で戦って死ぬ方がましであると虞心忌に訴える。

牧雲笙が秘術を会得したと察した虞心忌は、牧雲笙に自重を促す。
会得したのですね!

牧雲寒は、瀚州にいる穆如槊の軍営に、皇帝からの贈り物である肉を届ける。

牧雲寒は、行方不明だった牧雲厳霜が戻って来ていることを知り、再会する。厳霜は、秘術に操られていたのではなく、自分が望んで碩風和葉と一緒にいたと明かす。そして、自分のせいで戦が起きたのに、誰も自分を責めることなく、心の重荷が増すばかりであると心の内を打ち明けると、牧雲寒は、厳霜を抱きしめ、妻になれと告げる。
かつては厳霜が望んでいたことだったけど・・・

しかし、厳霜は、牧雲寒をはねのけ、この世に牧雲厳霜はいないと言い放つ。それを聞いて、牧雲寒は、自分の護衛になることを命じ、都に一緒に帰ることになる。

朝議では、和議のために送った使者の生首が届けられ、端朝が瀚州人に侮辱されているのは、穆如槊の責任であると孤松直が告げると、廷臣たちが、口々に穆如槊の軍権の返還命令を願い出る。

そこに、朝議に出席するためにやって来た牧雲笙が入ってくる。しかし、皇帝は、参内の作法を守らない牧雲笙を連れ出せと命じるが、牧雲笙は、秘術を使ってそれを制止する。
とうとう秘術を使ってしまいました!

48話 暗殺命令

秘術を使った牧雲笙の姿を見て、重臣たちは、おびえていた。皇帝が、剣を抜き、牧雲笙に向けると、重臣たちから殺せという声がかかる。

しかし、皇帝は、かつて銀容を殺したことは間違っていたと牧雲笙に告げ、重臣たちに息子を許すように懇願する。そして、太子としての朝議の参加を許可する。
皇帝が重臣たちに惑わされずによかった!

牧雲欒に取り込まれていた薛或だったが、牧雲欒の形勢を不利と判断し、賄賂を返そうとするが、牧雲欒の怒りを買ってしまう。

牧雲欒は、牧雲徳が密かに未平斎を訪れていたことを知り、息子を叱責し、牧雲笙の暗殺を命じる。牧雲徳は、生かしておけば役に立つのではと言うのだが、牧雲欒は、思い通りに動かない者を生かしておくのは危険だと考えていた。
意見が分かれましたね!

その話を蘭鈺児が立ち聞きしていることを牧雲徳に気づかれてしまい、南枯月漓に助けられるのだが、蘭鈺児は体を張って牧雲徳と取り引きし、牧雲笙を助けてくれるように頼む。
蘭鈺児は牧雲徳が好きなようですね♪

牧雲徳が牧雲笙を訪ねる。そして、父からお前を殺すように言われたと言って、剣を向けるが、牧雲笙は、親の言いなりになるわけがないと言って、動じなかった。そんな牧雲笙に、牧雲徳は、端朝を滅ぼして、民を殺すべきだと告げる。

46話から48話の感想

皇帝が牧雲笙に対して思いやりをもって接しているので、救われますね。穆如槊にも絶大な信頼を置いているようです。戦況が悪いのにもかかわらず、報奨金を与えるのはすごいです。皇帝には信頼できる人が少ないのですから、大事ですね。

牧雲笙がとうとう秘術を会得しました。どんなことができるのでしょうかね?朝議の場で、秘術を使っていましたが、いきなりそんな術を使われたら、おびえてしまいますね。でも、これで最強になりました!これからの牧雲笙の動きが気になります。

牧雲厳霜が軍営に戻っていたのですね。自分を追い込んでいるようでした。牧雲寒にやさしくしてもらって、護衛となりましたが、いつか碩風和葉と対決することになりそうで、こわいですね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です