海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-64話-65話-66話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
奴隷狩人に捕らわれていた赫蘭鉄朶は、索達猛によって解放されるが、索達猛の配下を皆殺しにし、索達猛から龍格と苦速の族長の印章を受け取ると、索達猛も刺し殺してしまうのだった。

牧雲合戈は、索達猛が殺されたことを知り、帝都に戻ることになるのだが、鮫族は、合戈に約束を守らせるために、帝位に就くまで湄音をそばに仕えさせることにする。

穆如寒江は、蘇語凝の行方をあちこちと探し回っていた。

索達猛が殺されたことで、牧雲合戈の命が救われることになりました。運がいいですね!今回は、64話から66話までをご紹介いたします。

【海上牧雲記】(ネタバレあり)

64話 鮫族の海の歌

穆如寒山は、寒江が百戦錬磨の将であると思い、寒江を未来の大将軍にしてくれるように穆如槊にお願いするが、穆如槊は、我々は必ず勝つのだと言うのだった。

碩風和葉が、赫蘭鉄轅に、皆が鉄沁の命令を待っていると告げると、鉄轅は、数千人を道づれに死ぬのは正しいのかどうかわからないと弱気の発言をする。しかし、和葉の言葉に感化され、決戦への意志を固めることになる。
鉄轅も弱気になることもあるのですね!

赫蘭鉄轅は、決戦を前に、縛られていた速沁紫炎を解放し、紫炎に女、子供のことをまかせ、生きてくれと頼み、決戦の場へと向かう。
やっと解放された!殺されなくてよかった!

皇帝は、虞心忌に、帝位継承の遺詔を預ける。帝位は牧雲笙に譲ることに決めていた。

姫昀璁のもとを離れた龍錦煥は、牧雲笙を訪ね、条件をのめば、盼兮を取り戻してやると告げる。牧雲笙は、断るのだが、龍錦煥から、鮫族に昔から伝わる古い海の歌の話を聞いているうちに、龍錦煥の言葉を信じる気持ちになる。

盼兮の復活の手がかりを探しだすことに、龍錦煥が出した条件は、牧雲笙が即位したら、天羅を赦免してほしいということだった。

慶王と靖王が軍を率いて、帝都に入り、皇帝に牧雲笙を殺すように迫っていた。
皇帝はどうするのかしら?

薛或は、穆如槊が戻る前に、皇帝の命を奪いたいと考えていた。それを聞きつけた姫昀璁が自分も手伝うと薛或に声をかける。

65話 黒い森の”あの人“

和術紅玲は、碩風蘇赫と別れ、穆如鉄騎で軍馬の世話をしている父親の和術卓卓と再会を果たす。

紅玲は、蘇赫のために、赫蘭軍を勝たせたいと思い、軍馬を全部解き放ってほしいと卓卓に頼み、千馬が解き放たれることになる。しかし、卓卓は穆如の兵の弓に射られ、命を落とす。
馬がすべていなくなってしまいました!大変です!

牧雲合戈が、無事に戻り、南枯月漓に会いに来る。合戈は、湄音を道中で道連れになった友だちとして紹介する。
友だちって何?って感じですよね!

月漓が、皇后が投獄されていることを伝えると、合戈は、皇帝に対して恨みを募らせる。

皇帝は、10日後に牧雲笙の首を城門に掲げることを迫られ、穆如槊に10日以内に天啓へ帰還せよという勅命を下す。
皇帝が厳しい状況に追いやられていますね!

和術紅玲は、父親を碩風蘇赫のところまで運んでいき、父親を黒い森へ連れて行きたいと話す。黒い森にいる”あの人”が、父親に命をくれるのだと言うのだった。
あの人ってどんな人なのでしょうね!

紅玲の話を聞いた丹尭の族長は、瀚州一の力を持つ秘術師に会いに行くために、赫蘭鉄轅に別れを告げる。

合戈は、薛或と会い、皇帝を殺す話をもちかけるが、薛或は首を縦にはふらなかった。しかし、薛或は、合戈に自分の娘を会わせ、玉座に着くまで支え、必要なお金はいくらでも用立てると告げる。条件は、子孫の平安を守ることで、娘を皇后にすることだった。それを聞いた合戈は、よかろうと返事をする。
そんな返事をしていいのかしら?

66話 剣の名は辻目

南枯月漓は、湄音のために衣装を用意し、それを着せてあげるのを装い、殺してしまう。
あっさり殺されてしまいましたね!

そこに牧雲合戈が部屋に入って来て、月漓が殺したことに驚くのだが、殺してくれたことを喜ぶ。そして、二人はお互いの愛を確かめ合う。合戈は、薛或の娘を皇后にすると言う約束は秘めておくのだった。
二股をかける気ですね!

軍馬をすべて失った穆如鉄騎は、窮地に陥っていた。穆如寒山は、馬がなくても、遠く飛ぶ矢と陣形戦術で必ず勝てるから、栄光のために戦うことを主張するのだが、穆如槊は、軍馬を失った時にすでに負けたのだと言って、より多くを失わないために最悪のことを考えるよう諭す。

穆如槊は、帝都に戻って孤立無援の皇帝を助けることを選んだ。しかし、寒山には、赫蘭軍の来襲を待って、戦うように命じる。寒山は、穆如家のために、命を捨てる覚悟を決める。

決断を迫られた皇帝は、覚悟を決め、近侍に牧雲笙を呼ぶように命じ、天子の剣である辻目を抜く。
殺す気かしら?

穆如寒江を見かけたという知らせを受け、牧雲徳が寒江に会いに行く。寒江は、皇帝が牧雲笙を殺そうとしていることを知る。

そして、寒江は、牧雲笙を守るために、牧雲笙のところに行く。

宛州に戻っていた牧雲欒のところに、牧雲徳からの書状が届く。書状には、穆如一掃の時が到来、数日のうちに出兵すれば、鄴王様は帝位を得られると書かれていた。
奥さんとしてはつらい立場ですね!

64話から66話の感想

赫蘭鉄轅が速沁紫炎を殺すことなく、解放してあげましたね。愛している女性を殺すほどの悪人ではないのですね。碩風和葉に弱気の発言をしたり、本当は気が弱いのかもしれません。やさしい面を見るとほっとしますね。

穆如軍の馬がすべていなくなってしまいました。騎馬が得意なのに、馬がいなくなって、かなり厳しい状況になりました。穆如槊は皇帝のところに向かうことになり、穆如寒山はどれだけ持ちこたえられるのかしら?

皇帝も厳しい状況ですよね。息子を殺すように迫られて、穆如槊が歩いて向かうのでは間に合わないですよね。それとも牧雲笙を殺してしまうのかしら?でも、そばに寒江がいるから、助けてくれるでしょうが、何か起こりそうですね。ドラマも終盤戦に入って来ますね!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です