海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-70話-71話-72話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-70話-71話-72話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
赫蘭と対峙して11日になり、穆如寒山は死を覚悟して戦いを挑む。しかし、穆如軍は敗北をし、全滅することになる。

皇后の乳母の阿善が、皇帝を殺したのだが、ちょうどそこにやって来た寒江が、皇帝殺しの罪を着せられ、檻に入れられてしまう。

墨禹辰によって操られている牧雲笙は、牧雲合戈に言われた通りに署名をし、寒江と同じように、檻に入れられてしまう。

墨禹辰は何をしようとしているのかしら?二人とも檻に入れられてしまって、どうなってしまうのでしょうか?今回は、70話から72話までをご紹介いたします。

70話 遅すぎた帰還

穆如寒山は、瀚州で赫蘭鉄轅に敗北し、囚われの身となっていた。鉄轅は、寒山の顔に奴隷の印を剣で刻む。そして、この勝利を朝廷に知らしめるべく、天啓へ派遣する伝令として碩風和葉を指名する。危険な任務であることを承知で、和葉は引き受ける。
奴隷の印をつけるなんてかなりの屈辱ですね!

愛する和葉を行かせたくない赫蘭鉄朶は、和葉がこれに乗じて牧雲厳霜を中州へ送り届けようとしていることを知り、厳霜を殺そうと考える。

しかし、厳霜が、私を生かしてくれれば、和葉の中州での安全を約束すると言うと、鉄朶は、鎖を切って厳霜を逃がす。
厳霜は、歩いて戻ることになるのですね!

穆如槊は、殤陽関の手前で、牧雲陸が出迎えに来ているのに気がつく。喪服を着た牧雲陸が、皇帝が寝殿にて崩御したことを告げる。

穆如槊は、嘆き悲しむのだが、新帝を支えるために天啓に戻ろうと考える。それを牧雲陸が阻止しようとするので、理由を問うと、穆如寒江が皇帝殺害の疑いをかけられていることを知る。
穆如槊はどうする気かしら?

碩風和葉は、人質の穆如寒山とともに天啓へ向かっていた。

穆如の兵たちは、薛或から、今後は、牧雲銀甲に編入し、軍権は、牧雲合戈が預かることになったと告げられる。かぶとを脱ぐように言われても、誰も穆如のかぶとを脱がなかったのだが、虞心忌が涙をのんで、かぶとを脱ぎ、旗も自らの手で倒すのだった。
これもかなり屈辱ですね!

71話 囚われの一族

薛或の命令により、穆如家の旗が燃やされて落ちていく。それを穆如槊も穆如寒江も見ていたが、なす術はなかった。
つらいですね!

穆如槊が屋敷へ戻ると、寒江の皇帝殺害の罪に連座して穆如一族全員が連行されようとしていた。

帰還した父親を出迎えた次男の穆如寒川は、寒江が皇帝を殺すはずがなく、何者かの陰謀であるから、一族で天啓からの脱出を訴える。

しかし、穆如槊は、穆如の職責は九州の安寧を保つことであり、死して安寧を保てるのであれば、それこそ穆如の本望であると告げ、牧雲銀甲によって、一族全員が捕えられることになる。
穆如槊はあくまでも職責をまっとうするのですね!

牧雲合戈は、穆如の男子は全員殤州に流刑させ、妻子は男たちの目の前で処刑をし、穆如家に敗北と絶望を味合わせようと考えていた。

老人と女子供はこの場で処刑すると告げられると、穆如槊は、穆如一族はずっと端朝を守って来たのに、不当であると訴える。
さすがの穆如槊も反論しましたね!ひどいですものね!

それに対し、牧雲合戈は、殤州で荒野を切り開く任務を負っており、人族の城が完成したら、中州への帰還を許し、引き続き端朝の安寧を守らせると告げる。

穆如の兵たちが、謀反を起こす決断を穆如槊に求めるのだが、穆如槊が、世の秩序を乱すことは穆如の恥であり、抵抗は許さないと告げると、皆が大将軍の命令に従うのであった。
犠牲を払う決断をしたのですね!

72話 善人と愚者

鎖につながれた穆如家の男たちの目の前で、穆如家の女と子どもたちが処刑されていく。それを見て、檻に入れられている穆如寒江は、必死に牧雲笙に助けを求めるが、牧雲笙の精神は墨禹辰に操られており、どうすることもできなかった。
つらいシーンですね!

そこに穆如寒山が、碩風和葉に連れられて戻って来た。その凄惨な光景を目の当たりにして、「穆如は退かず」と叫びながら駆け寄って来る。

生きて戻った長男の姿を見た穆如槊は、ただ涙を流すのだった。
こんな形で再会とは・・・

牧雲合戈は、娘の婚礼のことを心配している薛或に、即位式と婚礼を同時に行うと告げる。

墨禹辰は、牧雲笙に、牧雲笙が持っている強大な力を出すように強く迫る。そのために、牧雲笙に、父である皇帝や母である銀容、そして、穆如寒江の幻を見させる。
墨禹辰は、何をさせようとしているのかしら?

墨禹辰は、魅霊の書を手に入れ、修業を積み、盼兮が操るあらゆる秘術を習得したので、盼兮など敵ではないと告げる。

墨禹辰は、盼兮を痛めつける様子を牧雲笙に見せながら「目を覚ませ、心の中に住む怪物を呼び覚ませ」と迫る。
心の中に住む怪物って、何でしょう?

しかし、墨禹辰が手を止めると、牧雲笙は、本物の盼兮と再会を果たすことができ、盼兮を抱きしめる。
再会できたのですね♪

盼兮は、牧雲笙に、善意は人々に忘れられがちだけど、苦痛や不安を消し去る偉大な力であると告げる。

70話から72話の感想

穆如一族の女子供は皆殺しになってしまいました。こんなことを実行する牧雲合戈はかなりの非道ですね!戦いにはルールがあるのに、それを破ってまで勝とうとするなんて、天罰を期待してしまいますね。

穆如槊のかたくなな考えもここまでくるとやはり間違っている気がしますね。世の秩序を乱してはいけないといっても、皇帝になろうという人が率先して秩序を乱しているのですものね。最後まで曲げない穆如槊の考え方は理解できませんが、貫き通すのもかなりつらいことでしょうね。目の前で愛する家族を殺されるのですものね・・・

墨禹辰が、牧雲笙の秘めた力を出させようと必死です。どんな力なのでしょうかね?でも、今はこの牧雲笙の力が必要な状況ですね。この苦難を乗り越えてほしいです。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です