花の都に虎われて-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、元のシナリオにストーリーを近づけるため韓爍の信頼を得る作戦に打って出るも失敗に終わったシアオチエン。
しかし韓爍は少しずつシアオチエンのことが気になり始めている様子でした。
2人の関係性はどうなってしまうのか、そしてシアオチエンは現実世界に戻るためストーリーを元のシナリオに軌道修正できるのでしょうか?

【花の都に虎われて】(ネタバレあり)

4話

シアオチエンは韓爍と一緒に座学に参加していた。
そなてそこで、ひょんなことから林七と詩で対決することに。
その結果、シアオチエンが勝利。
林七は負けた腹いせに雇っている教坊司のナンバーワン楽師・蘇沐を鞭で叩いた。

蘇沐かわいそう…

その後、それを知ったシアオチエンは蘇沐を助けるべく、林七に蘇沐を解放するよう訴える。
する林七は「韓爍がいるのに満足できないのか?」と皮肉る。
それにシアオチエンは「侮辱するのはやめて。彼は病身でも武芸も才知も一流」と韓爍のことを褒める。
その様子を韓爍は少し離れた陰から見ていて、自分のことを褒めているシアオチエンのことを好きになった。
その後、韓爍はシアオチエンに手を貸すため、教坊司の楽師をすべて自分の屋敷に送って欲しいと花垣城主に頼み了承される。
こうして全ての教坊司の楽師が韓爍はシアオチエンの屋敷にやって来た。

結果的に蘇沐を助けることに成功しましたね

韓爍が裏で動いてくれていたことを知ったシアオチエンは少し嬉しくなるのだった。
その後、韓爍の元に1人の楽師が訪ねて来る。
実は彼は玄武城の人間で、韓爍の部下。
花垣城の内情を調べるためにスパイとして潜入していたのだ。
彼は潜伏中に花垣城の財政、城主の体調など花垣城に関して様々な情報を得ているようで「なんでも聞いてください」と韓爍に告げる。
すると韓爍は「芊芊の素性は?」と訪ね、楽師を拍子抜けさせるのだった。

韓爍のなかで今一番知りたいのは気になっている芊芊なんですねw

その後、芊芊が誰かに琴を送ろうとしていると聞いた韓爍は自分への感謝の品だろうと喜ぶ。
しかしその琴は芊芊の元許嫁・裴恒への贈り物で、それを知った韓爍は複雑な気持ちになるのだった。
その後、シアオチエンが裴恒にことをプレゼントしておるとそこに林七がやって来てシアオチエンを突き飛ばす。
それによりシアオチエンは肩を脱臼する怪我を負うも、韓爍に治してもらった。
韓爍に治してもらう際、顔が近付きシアオチエンら少しドキドキするのだった。

5話

楚楚が花垣城主の実子ではないという事実を知り、次期城主がシアオチエン扮する芊芊だと確信した韓爍と従者。
「芊芊に毒を盛れば城主は解毒のために龍骨を使うだろう。その時に龍骨を奪い病を直しましょう」
従者は韓爍にそう提案するも、芊芊のことを気になり始めている韓爍は悩んだ。
その夜、韓爍はシアオチエン扮する芊芊が裴恒と楽しそうに話す姿を目撃し複雑な気持ちに。

完全に韓爍は芊芊に恋してますね

そんななか、韓爍の誕生日が近づき、シアオチエンは韓爍にプレゼントを贈ることに。
夜になり韓爍が庭に出るとそこにはご馳走と箱の中にプレゼントの服と靴が入っていた。
それを見た韓爍は思わず笑顔に。
そしてシアオチエンがやって来て、韓爍の誕生日を祝い2人で食事を楽しむ。
その間、韓爍は食事に毒を混ぜてシアオチエンに服用させるか葛藤していた。
そして結局毒を取り出すことなく、服の袖に仕舞い込むのだった。
その後、酒に良い眠りについたシアオチエンを韓爍は優しい眼差しで見つめるのだった。
数日後、芊芊のことが気に入らず、彼女に武術の力がないと見抜いた林七は、若城主選抜に1対1で戦う武術試験を加えることを花垣城主に提案。
武術が加われば楚楚が不利になり次期城主になれないかもしれない、さらに自分の身も危ないとシアオチエンが慌てるなか、花垣城主はそれに同意。
この展開にシアオチエンは頭を抱えるのだった。
そんななか、韓爍は前に自分を嵌めようとした犯人がシアオチエンだと知り衝撃を受ける。

せっかく2人の距離が縮まって来ていい感じだったのに…

ここ最近距離を詰めてきたのも自分を陥れるためだったのかと憤りを感じた韓爍は、そのまま体調を崩して倒れてしまった。
そこに現れたシアオチエンは慌てて薬を口移しで韓爍に飲ませ、韓爍は何とか助かった。
その後、「なぜ私を騙した?」と韓爍から追求されたシアオチエンは「陥れるつもりはなかった。韓爍の観心を買うためだった」と釈明。
それを聞いた韓爍は怒りながらも納得するようなそぶりを見せるのだった。

6話

芊芊が自分を陥れようとしていたことを知り激怒した韓爍は、芊芊の釈明を聞くも憤りはおさまっておらず再び殺意に目覚める。
その後、「韓爍に病を治せる花垣城の宝・龍骨を渡せば許してくれるはず」と考えたシアオチエンは、周りが制止するなか、堂から龍骨を持ち出す。
そして厨房で調理担当者に龍骨を煮込ませた。
シアオチエンはこの後の宴で提供される酒に韓爍が毒を仕込んでいることを知り、策を講じることに。
その後、宴が始まりシアオチエンは改めて韓爍を陥れようとしていないことを釈明し、厨房で病を治せる龍骨を煮込んでいることを伝える。
それを聞いた韓爍は厨房に向かい、煮込み中の龍骨を確認。
「本当に善意からだったのか…」
韓爍がシアオチエンへの思いを改めるなか、シアオチエンは毒入りの酒を飲むフリをして倒れる演技をする。

血のりまで準備して用意周到ですね

毒を飲み倒れたと思った韓爍は慌ててシアオチエン扮する芊芊を抱きしめるのだった。
その後、韓爍は龍骨をシアオチエンに飲ませようとしていると花垣城主は「飲めばあなたの病は治るのよ」と告げる。
しかし韓爍は「私のために命を犠牲にはさせない」口移しで龍骨をシアオチエンに飲ませた。
そして韓爍も龍骨を飲んだ。
その後、龍骨により韓爍の病は回復し花垣城にやって来た目的の1つを達成。
残りの目的は花垣城の制圧のみ。
そんななか、シアオチエンは「毒を飲んだことで武術の力が消え、次期城主を決める武術の試験に参加できない」と嘘をつく。
そして「こんな役立たずよりも姉の楚楚と一緒になって」と提案。
しかし韓爍はシアオチエンとの別れを拒否するのだった。

元々のシナリオに軌道修正しようとしたらシアオチエンでしたが、ダメでしたね…

感想

4話では韓爍がシアオチエン扮する芊芊のことが気になり少しずつ好きになり始めている感じが伺えました。
終盤には少しヤキモチを感じるような場面もありましたね。
5話ではシアオチエンと韓爍の距離が急接近。
韓爍が誕生日をシアオチエンと2人で祝う場面は微笑ましかったです。
しかし終盤で再び少し溝ができてしまうというもどかしい展開になり、6話では無事そのわだかまりは解けるという流れでした。
しかしこれにより韓爍はますますシアオチエンに想いを寄せる結果になり、元々のシナリオとは違う展開に進んでいましたね。
シアオチエンは元々のシナリオ通り、韓爍と姉・楚楚をくっつけられるのか今後の展開が楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。