花の都に虎われて-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

韓爍による花垣城の征服計画は失敗に終わり、シアオチエンは自害したように見せかけ死を偽装した前回。
そして今回、シアオチエンは韓爍と一緒に花垣城を去ろうとしますが…。

【花の都に虎われて】(ネタバレあり)

25話

シアオチエンは裴恒と話していた。
そこでシアオチエンは改めて韓爍が好きだから裴恒とは一緒になれないと告げる。
それを聞いた裴恒は悔しさを噛み締めながら渋々それを聞き入れるのだった。
その後、屋敷に花垣城主や楚楚たちがやって来て、シアオチエンは慌てて棺の中へ。
悲しみに暮れる城主たち。
しかし実は城主はシアオチエンが生きていることに気付いていて、それを楚楚に悟られないようわざと悲しむ演技をしていたのだった。

どうやら城主は今後の花垣城のことを考えた上でシアオチエンと韓爍の計画をに協力するつもりのようです

その夜、シアオチエンの棺は墓に葬られるということで外に運ばれていた。
するとそこに蘇子嬰をはじめとする楚楚の部下たちの襲撃に遭う。

どうやら楚楚はシアオチエンが本当に死んだのか疑っていて、様子を伺っていたようです

韓爍が戦うなか、そこに林七が現れ韓爍に加勢。
それにより楚楚の部下たちを撃退、そして蘇子嬰取り押さえることに成功。
そしてシアオチエンは蘇子嬰を孟過に引き渡し任せることにした。
その後、襲撃失敗の知らせを受けた楚楚は、さらにシアオチエンと林七が生きていているという事実を知る。
そして必ずシアオチエンを殺すよう部下に命じるのだった。
その後、玄虎城に向かうシアオチエンと韓爍。
その道中、韓爍はシアオチエンがこの世界のシナリオを作った脚本家で、自分を流刑にした理由は命を守るためだったということを知る。
それを知った韓爍はこのことについて詳しくシアオチエンから話を聞き、やがて離れ離れになることを聞かされ複雑な気持ちになるのだった。

韓爍はこの世界がシアオチエンに作られたということを意外とすんなり飲み込んでいましたね…

26話

玄虎城に到着したシアオチエンと韓爍。
しかし玄虎城は女性優位の花垣城とは正反対で男性優位なこともあり、シアオチエンは次第にその環境の違いに疲れ不満を抱き始める。
それを知った韓爍はシアオチエンの足を洗ってあげるなどして励ました。

優しい韓爍にほっこりさせられます

翌日、シアオチエンは「夫の御し方を教わりに来ました」と女性たちに囲まれる。
どうやらその女性たちはシアオチエンが韓爍に足を洗わせたというニュースを聞きつけやって来たようだ。
シアオチエンは困惑しながらも「良き夫の捕まえ方を教えて欲しい」と目を輝かせる女性たちに夫婦の在り方などを指南するのだった。
その後、シアオチエン玄虎城内の城主をはじめとする男たちにもここでの男女の関係性を見直すよう、そのために花垣と玄虎を合併させようと提案。
しかし玄虎城主はそれを聞き入れないのだった。

さすがに男たちの考えを変えるのは難しいでしょうね

一方、花垣城では花垣城主と楚楚が話していた。
そこで楚楚がシアオチエンを殺そうとしていた事実を知る城主。
「私の娘の命を狙うとは!」と城主が楚楚に激怒しながら、楚楚が故裴将軍の娘だと明かすのだった。
それを知った楚楚はその後、護城兵のリーダーとなった裴恒の元へ。
そして自分が故裴将軍の娘だと明かし、護城兵のリーダーの座を強引に奪い取った。
その後、楚楚は半月後に烏石鉱の輸送を差し止め、玄虎城に「差し止めを解除したければ芊芊(シアオチエン)を渡せ」という内容の手紙を出すのだった。

この手紙に玄虎城がどう出るのでしょうか?

27話

護城軍のリーダーの座を裴恒から奪った楚楚は、花垣城主と話していた。
そこで楚楚は今は城主の座に興味はないこと、この権力でのし上がることを宣言。
そしてシアオチエンの命を心配する城主に「安心して。殺したりはせず敗北を味わわせるだけだから」と告げるのだった。

楚楚怖っ…

その後、玄虎城に楚楚からの手紙が届く。
楚楚による何かの罠だと感じた韓爍とシアオチエンは、玄虎城主と話をする。
玄虎城主がすんなり手紙に従おうとするなか、城主夫人は戦う姿勢を見せ、自らが先頭に立ち兵を従えることに決め、シアオチエンたちと一緒に花垣城へ向かうことにするのだった。

男性優位の玄虎城に変革が起きましたね

一方、花垣城では楚楚が男性の行動を規制する新たなルールを次々と作成。
これには男性のみならず女性からも不満が出ていて、それを知った裴恒は「なぜこんなことを!お前の目的は芊芊の(シアオチエン)への復讐だろ?それに政を巻き込むな」と楚楚に詰め寄る。
しかし楚楚は「今権力は私が持っている。誰の指図も受けない」と聞く耳を持たないのだった。

楚楚は暴君化していますね…

そんななか、沅沅が花垣城を脱出し、玄虎城へと逃げて来る。
そこで花垣城の状態を知ったシアオチエンや韓爍は花垣城をどう攻めるか作戦会議を行うことに。
そして元々楚楚の配下で暴君っぷりにシアオチエンたち側に寝返った蘇子嬰が「秘策があります」と割って入り、その作戦を採用することに。
その作戦とは、蘇子嬰がシアオチエンを捕らえたフリをして花垣城へ潜入し、隙をつき楚楚を打ち取るというものだった。
その後、花垣城へ向かったシアオチエンたちは見事花垣城への潜入に成功。
そして楚楚と対峙したシアオチエンや韓爍たち。
楚楚はシアオチエンを殺すよう部下に命じるも、部下たちは楚楚の言うことを聞かない。

楚楚の部下たちも近頃の楚楚の暴君っぷりに困惑しているようです

すると痺れを切らした楚楚は隙をつきシアオチエンを剣で刺そうとシアオチエンに迫る。
すると咄嗟に韓爍が間に入り、韓爍が刺されその場に倒れてしまうのだった。

韓爍は大丈夫なのでしょうか?

感想

25話ではシアオチエンと韓爍が花垣城を去ったり、韓爍がこの世界がシアオチエンが作ったドラマの世界だということを知ってしまうなど、色々と展開がありました。
韓爍が結構すんなりこの世界について納得していたのが少し引っかかりつつも、2人の中での誤解なども完全に解けたようで良かったですね。
26話では楚楚が故裴将軍の娘だったことが判明し、護城兵のリーダーとなり、シアオチエンとの因縁に決着をつけるべく動き始め、そして27話で互いに兵を募り戦うことに。
楚楚の暴君っぷりはどんどん加速するなか、シアオチエンの花垣城潜入作戦など見応えがありました。
ラストには楚楚がシアオチエンを殺そうとしたところに韓爍が間に入り刺されてしまうという驚きの展開がありました。
次回は最終回ということでどんな結末が待ち受けているのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。