花様衛士-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

捜査を進めている過程で計画の邪魔をする陸繹を元明大師は迷魂香を使って気絶させると陸繹は目が覚めると中身が13歳の頃に戻ってしまう。
その後、謝霄のいたずらによって更に8歳の頃まで戻ってしまった陸繹は今夏のことを姉と呼び、雷の夜に雷が怖いといって今夏の元にやってくる。

では、今回は34話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【花様衛士】(ネタバレあり)

34話

元明大師の迷魂香から目覚め、いつもどおりになった陸繹は林菱たちに病に伏せった振りをしていたのは元明大師の陰謀を暴くためだと打ち明ける。
隠し部屋を漁っている最中に陸大堅と会ったのは驚いたと言う陸繹、陸大堅は薬王谷で失われた不老長寿の丹薬・長生丸の処方箋を元明大師が持ってるのではと考える。
陸大堅が結構独自の動きするので、もしかしてとか考えちゃいますけど好きなキャラなので裏切りとかはやめてほしいですねーどうなんでしょう

陸繹も二胖が殺された原因は二胖が処方箋を盗もうとしたからだろうと話していると、そこに今夏がやってきて林菱たちに陸繹が子供返りの件を話したと聞く。
その後、岑福は元々、元明大師は錬丹の出来る流れ者であり丹青閣の主管になってから丹薬の献上をしていたと報告、陸繹は首謀者がいると確信する。
大本を辿っていくと大体は厳世蕃にいきつきますからね、今回もそうなのでは?岑福さんあんまり出番ないけどかなり活躍してるんですよね

元明大師は三痩が丹薬の秘密を知っており捕まえると、完成までは誰の邪魔もさせないと言って薬を飲まそうとするが今夏たちに阻止される。

35話

陸繹たちは倭寇の頭領・毛海峰と芝居小屋事件の犯人である翟蘭葉の関係を探るべく杭州に向かい、役人を隠しながら杭州の街に入り捜査を開始する。
楊岳と上官曦は丹青閣にやってくるが、青玄から今夏たちは入れ違いで杭州に向かったと言われるが楊岳は揚州に戻るはずなのにどうしてと困惑する。
出た出た、中国韓国ドラマの謎のヒロインが男装する展開…しっかり男装してれば良いんですけど男物服着ただけじゃ何も変わらんのよ…

良家の子息の格好をした陸繹、今夏はその姿に見惚れてしまいこのままでは街中の女性の目を引いて捜査どころではないと話すが謝霄は嫉妬する。
街中を散策していると男たちに絡まれている二人の女性、今夏はすぐさま助けに入り男たちを倒してしまうがその女性は陸繹の従妹だった。
ほらーやっぱり男物の衣着ただけでしょー見た目も全然変わってないから普段の捕快の姿と全然変わらないのよ…もう少し上手く演出して

伯父の屋敷にやってきた陸繹たち、助けたお礼にと金100両を伯父は渡そうとするが陸繹は気遣いは無用で人助けだからと断ると今夏は悔しそうにする。

36話

久々に楊岳と再開した今夏、上官曦は杭州にある烏安幇の支部に調べさせたと言うとそこに陸繹と謝霄がやってきて謝霄はどうしてやってきたと上官曦に言う。
淳于敏は今夏だけ”様”付呼ばわりするので楊岳は驚き、謝霄は皆の前で上官曦と婚約を解消したと宣言すると今夏に「これでけじめはつけた」と告げる。
はぁーほんとどこまで上官曦さんを辱めればいいのか…本当に謝霄はデリカシー無さ過ぎて早く退場してほしい…今夏に伝えるだけでいいでしょ

今夏は上官曦に話があると言って連れ出し、楊岳も最近武術の稽古をしているから付き合えと言って謝霄を引っ張っていき、残った陸繹も一気に片付けた方が良いと呟く。
今夏は頭を下げて自分のせいだと謝り、謝霄の件は自分が原因だがこれで嫌われたくないと手を取るがそのやり取りを淳于敏の侍女・鴛鴦に目撃される。
上官曦さん物凄く大人、本当は今夏のことだってある程度は憎いはずなのに…今夏も取り入るんじゃなくて、しっかり謝って…婚約破棄だよ?

上官曦は今回の件で自分にも踏ん切りがついたと言って今夏を認め、今夏も今日から二人は友達だと言って笑い合う。

34-36話感想

楊岳君がめちゃくちゃ強かったらボコボコにされる謝霄を見れたのに…でも強くなくても優しいからね、強さなんて将軍じゃないからいらないのよ。
しっかりと謝霄と決別する上官曦さん、涙を流しても良いのに凄く毅然とした態度でここ最近のドラマの女性役の中ではダントツで好きかも。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。