花様衛士-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

男装をしている今夏に恋心を抱く淳于敏、それに気付いた陸繹は今夏に早く身分を明かすように忠告するが淳于敏は今夏に手製の巾着を送る。
簪花大会の最中に名家を襲撃する倭寇たち、それを率いていたのは董斉盛であり上官曦と楊岳が抵抗するが連れ去られてしまう。

では、今回は40話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【花様衛士】(ネタバレあり)

40話

ある夜、書を読んでいた陸繹の元にやってきた淳于敏は妓楼で司馬家の使用人を殺してしまった弟の為に自分が司馬長安に嫁ぐことになってしまったと言う。
そして陸繹が自分を娶ってさえくれれば助かると言って願い出るが陸繹は自分も淳于敏と同じく、愛していない者を妻には出来ないと断られてしまう。
前髪がある女性って確か成人前とかじゃなかったでしたっけ?その割には憎たらしい顔をしている淳于敏、随分甘やかされて育ってきたんでしょうね

自分は側室でも良いと食い下がるが陸繹は女はやっかいだと言って自分は妻1人で良いと言うと淳于敏は従妹相手に無情過ぎると怒り始める。
入れ替わりでやってきた今夏は淳于敏の心配をするが、今や塩商になった司馬長安の力は侮れず使用人を殺したのなら罪を償うべきだと陸繹は答える。
普通に使用人殺して結婚だけで許してもらおうとするのが今の価値観でわかりづらいんですよね、姉も姉なら弟も弟ってことですよねー

その頃、翟蘭葉によって助けられた楊岳は目を覚まして上官曦を助けに行こうとするが翟蘭葉は死ににいくようなものだと言って止める。

41話

淳于敏によって薬を盛られ司馬長安の妻として連れてこられてしまった今夏、しかし仮面をつけていたのは偽物でやってきたのは厳世蕃だった。
陸繹は今夏の場所を捜しており、お祭り好きな今夏が婚儀に現れないのは何かあったのだろうと言うと、岑福は今夏が鴛鴦と会っていた話をする。
ここで厳世蕃が裏でやってることの一端がバレてしまうわけですねー、それにしても声出さないようにされてたけど自分で布咥えてただけじゃんね

鴛鴦が言ってることがつじつまが合わないとわかった陸繹、今夏が祝辞を言いにきたと証言していたが今夏はこの婚姻を祝うはずが無いと考える。
その頃、今夏は自分が薬を飲まされたと説明するが、厳世蕃は今夏を抱きかかえるとどうして自分を付け回すのかと今夏の衣を脱がしていく。
結構大胆な厳世蕃、今夏が自分を追ってるって勘違いしてるんですかね?逆に嘘がバレたら証拠隠滅しようとすると思うんですけど、ここは違和感

駆けつけた陸繹と対峙する厳世蕃、都はつまらぬから身分を変えて遊んでいたという厳世蕃に花嫁が入れ替わったら婚姻は無効だと陸繹は告げる。

42話

厳世蕃のやっていることを調べるうちに山にやってきた陸繹と今夏、一人の男を捕らえて話を聞くと洞窟の中に採掘場があり、反対側には製鉄所があるとわかる。
男は代々、朝廷の山師として働いていた家柄であり数年前に司馬長安から鉱脈を探せと指示されたと言って、鉱脈があったことは朝廷には報告していないと言う。
まぁ昔の話ならこういうことは隅々までわからないからやり放題だったんでしょうねー、皇帝だって久方外に出ていないって言ってたしそんなもんでしょう

司馬長安として身分を偽っている厳世蕃は2人の妻を娶った際に嫁荷として鉱脈のある土地を要求したとわかり、私的の採掘は見つかれば斬首だろうと話す。
莫大な利益を生む鉱脈を土地の所有者は金や暴力では譲らないが、司馬長安は長年をかけて婚姻という形で土地を奪っていったと男は証言する。
使用人を殺させたのも罠ってことなんでしょうけど、そんな手段がまかり通るくらい命が軽い時代ってことですねー弟ももう少し気をつけて行動して

男を証言人として連れ帰ろうとする陸繹と今夏、しかしそこに厳世蕃と刺客が現れて取り囲まれてしまい厳世蕃は二人を問い詰める。

40-42話感想

もうここらへんまで来ると推理とかはあんまり関係なくなってきましたねー、設定を上手く活かしきれてない感じがします…理論より力づくで解決してるよね。
この数話では厳世蕃の悪事が少し明るみに出ますが後20話くらいあるので、追求出来るようになるのはもっと先のほうかな?中だるみしてきましたね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。