花様衛士-あらすじ-55話-56話-57話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

陸廷は陸繹に厳家との派閥争いには関わるなと忠告、しかし陸繹は厳家を恐れて動かない父を”錦衣衛は悪を討つものだ”と言って問い詰める。
瞻星観を建てようと急ぐ嘉靖帝、陸繹は徐敬と共に厳家を失脚を狙うが厳世蕃も陸家を狙っており父と違い陸繹は情にほだされやすいと語る。

では、今回は55話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【花様衛士】(ネタバレあり)

55話

青玄は嘉靖帝に大凶の表れがあるという占いをして、東南の海上で大きな災いがおこると言うと嘉靖帝も南方の倭寇に頭を痛めていると同意する。
そこに陸繹がやってくると于大勇の供述が得られなかったと言って謝罪するが、奏上を預かってきたと言うと嘉靖帝は肝の座った奴だと笑う。
まぁこの時代は占いとかが政治を決める判断材料として用いられていたんですけど、青玄の言ってること漠然としすぎですよね…占いですらない

獄中でも戦のことを考えている于大勇、青玄は陸繹とのやりとりを見て東南の凶を払うのに適任なのは于大勇だと言って試してみることを提案する。
二人の策略により解放出来た于大勇、厳世蕃は表向きには青玄が指示をしたようだが実際は陸繹によるものだと理解し、あの父子の関係は不思議だと困惑していた。
そういえばこのドラマ、親子仲が良い家族って少ないですよね?楊岳のところも少しいざこざあったし…まぁなおさら厳家は仲悪いですからね

陸繹は今夏との婚姻をする為に今夏の家にやってくるが、縁談を断る為に連れてきたんだろうと袁陳氏は疑うが今回は本当だと陸繹は説得する。

56話

刺繍をする今夏、そこにやってきた林菱に手伝ってもらうが、林菱には今夏が陸繹に送っていつも思い出してもらいたいのだろうとバレてしまう。
翌日、寂れた夏府にやってきた今夏と林菱、寂れた屋敷の中に入った今夏はそこで子供の頃の記憶を取り戻し夏家の人間として必ず冤罪を晴らすと約束する。
かなり終盤になって思い出しましたけど結構最初の方からフラグあったので今更って感じ、もう少し衝撃の事実的なのが欲しかったですよねー引っ張るなら

その夜、厳風は厳世蕃に林菱の姪は今夏だと報告すると厳世蕃は不敵に笑い、なんたる偶然かと言って策略を仕掛けることを考え始める。
一方の過去の資料を読み漁る陸繹だったが夏家の取り潰しに父の陸廷が関わっており、陸家の借りは自分が必ず返してみせると決意をする。
これも20話前くらいにわかってたんですよねーだいぶ先延ばしにされてましたけど。”夏”って入ってる時点で誰しも最初に考えそうですけどね

医者の診断を受ける陸廷、思った以上に病状は悪くあと何年自分が保つかはわからないが陸廷は息子の陸繹は無茶ばかりすると言って心配していた。

57話

陸廷に瞻星観倒壊の原因を報告する陸繹、材木に問題があり調べていたが防水処理もせず虫に弱い杉材を使っていたので処理を急いだのだろうと言う。
工部の手抜き工事だと判明するが、手抜き工事をした後にカネはどこに流れたかと考える陸繹に工部が最近接触している陸廷は顔紹瓊のことを教える。
手抜き工事=カネの削減=横領とかくらいは自分でもすぐわかるんだから錦衣衛の陸繹は最初からわかってなきゃダメよ…お父さんも心配になるのわかる

顔紹瓊が人払いをして瞻星観の装飾を剥がしていたことを見ていた陸繹、陸廷も着服が原因での倒壊ならばただ事では済まされないと言って切り札になると告げる。
陸廷は更に鎮撫司の調書を持ち帰らせ、今後は自分が扱う事件は陸繹に記録させると言って自分の死期を悟り陸繹に自分の仕事を任せていく。
急に悪くなったって訳じゃないと思うのでもう少し早い段階から後継者としてしっかり育てれば良いのにねーこんな急ごしらえみたいなの大変よ

厳嵩は青玄は徐敬の息がかかっているので余計なことを言われれば厳家の足元が危ないと危惧しており、厳世蕃は自分が処理すると告げる。

55-57話感想

どっちもお坊ちゃまな陸繹と厳世蕃、それぞれの親が両極端であるので対比としては面白いですけどやっぱり厳世蕃の方がかっこいいですよねー。
陸繹も決して不出来とかじゃないんだけど、厳世蕃の強キャラ感が強いので物足りなく感じちゃうんですよねー厳世蕃の登場も最初の方だったからなおさらね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。