運命の桃花-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

運命の桃花

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

五碗を探し崑崙山までやってきた霊汐はそこで呑天獣を見つけて助けようとするが、同じく魔刀を直そうと部下を連れてやってきていた仲昊に見つかる。
呑天獣は霊汐を庇って死んでしまい、九宸は従極淵に霊汐を連れていき魔気を封じ込めながらこの場所から出ないようにと言う。

では、今回は19話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【運命の桃花】(ネタバレあり)

19話

青瑶は九宸を診断しておりすぐに丹薬を飲んだことと無尽木のおかげで命に別状は無いが、もう二度と仙力は使わないようにと忠告し霊汐の事に礼を言って去っていく。
霊汐は青瑶を見つけると近づいてきて自分が従極淵に行ったら簡単には会えなくなると嘆くが、そこに雲風がやってくると霊汐の顔を見てなにかを疑う。
今作では青瑶さんが一番好きですよー妹弟子思いだししっかりと仕事もこなしつつ、雲風にはツンデレな感じも含めて素敵な美人さんですよねー

楽伯はやってきた青瑶に慌てて霊汐の事を聞くが九宸のおかげで無事だと言うが、今後は霊汐の事がバレてしまい魔族たちも霊汐を放っておかないだろうと言う。
がっくり肩を落とす楽伯に青瑶は今後は九宸が従極淵に霊汐を匿う気だろうと言って修行に籠もるのだとしても天族のお膝元でいずれはバレてしまうだろうと告げる。
青瑶さんからすると九宸よりも霊汐の方が優先ですからね、ただ強い人の庇護下にいたほうが安心だと思うんですよねー何か動き出すとアクシデントに見舞われるから

青瑶は誰にも探し出せないほどの遠くに霊汐を逃がすのはどうかと楽伯に提案する。

20話

霊汐を追って幽都山にやってきた九宸だったがそこに現れた魔君は元征の幻を見せながら魔が取り付いた者を殺すのが戦神の務めなのに霊汐をどうして殺せないのだと尋ねる。
霊汐さえ入れば復活出来ると言う魔君は霊汐に執着し情けをかけるのは欲望が生まれたからだと言って自分の道理が天道だと主張すると自分を解き放てと告げる。
最終的に九宸が魔道に落ちるってフラグなのかなーストーリーとしてはありそうな展開ですね、でも元征の幻見せたからってそれほど心動かないでしょー

封印さえ解ければ霊汐はお前の物だと言う魔君、九宸はそんな誘惑には負けずに六界に害をなす魔君はいずれ無間地獄に落ちると言って魔君の元を去る。
その頃、元瞳は天君の元にやってくると霊汐は魔の一味だと報告し証だと言って九龍神火罩を献上し、扶雲殿にあったものだが異変に気付いて持ってきたと話す。
確かに執着というか大事にするって気持ちだけでも欲望って言われたら誰でもありそうですよね、元瞳の元家に対するものだって欲望だと思うんですけどね

天君は霊汐を連れてくるように指示、元瞳は元家の罪滅ぼしの為に同行したいといって天君はそれを認めてしまう。

21話

紫雲台に連れてこられた霊汐、そこにやってきた青瑶は術を使って天兵たちを昏睡させて霊汐を連れて逃げ出そうとするが霊汐は逃げたら楽伯や青瑶に迷惑がかかると躊躇う。
自分に非があれば九宸が助けてくれると言う霊汐に青瑶は術を掛けて眠らせて無理やり連れていくが、後から現れた元瞳は寝ている兵達を殺してしまう。
青瑶さんかっこいいー!元瞳めちゃくちゃ腹立ちますねーこれで九宸や青瑶さん達に濡れ衣をきせるんですねーどうせこういう女は原因は全部他人って思ってるんでしょうね

天雷真君は魔気を浄化するためには雲風の力が必要だと言うと雲風は青瑶から千年間仙力を使うなと言われていると嘘を言って誤魔化そうとするが元瞳がくる。
青瑶が霊汐を連れ去ったと報告する元瞳、医官如きが天兵を倒せるわけがないと言う天雷真君たちだったが元瞳は全員青瑶によって毒殺され自分は止められなかったと言う。
元瞳は天兵も殺しているのに魔道には落ちないの?元瞳が暗躍するのが完全私怨だから全然同情出来ないし役とするならもう少し伏線張っててほしい

天君は紫光、方昇に指示を出して霊汐と青瑶を捕まえるようにと指示を出す。

19-21話感想

元瞳って元々別に強くもなくて主要な人物でもないのに邪術?を習得してから好き勝手動き回ってるけど、他の人たちに気付かれないほどの能力なの?
ちょっと元瞳の能力がチートというかご都合能力過ぎて他の上仙たちが霞んで見えちゃいますよねー、そして性格が悪くて嫌い。
医官如きがって言ってる割には全然戦えている楽伯、景休の仙力の使い方死ぬほどダサくて笑っちゃいましたよ!アイドルじゃないんだから。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。