運命の桃花-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

運命の桃花

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

霊汐は人間界に転生するが天界での最後と同じく聴力が無く転生した林家では蔑まれていたが父である林少海だけは林黙に優しくしていた。
その頃、元瞳は鎖妖塔の中で禍斗の元主人である祝融火神の話題を出して挑発し神農鼎をひっくり返して鎖妖塔を出ろとたぶらかす。

では、今回は28話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【運命の桃花】(ネタバレあり)

28話

青瑶の話を聞いた雲風は人間界に降りて青瑶の夫の生まれ変わりである方駿を連れてくると半ば無理やり思い出の粥を作れと言うと方駿を困惑する。
自分は朝廷の重臣だと言って拒む方駿だったがついに観念して粥を作るがどうしても上手く出来ず何度も作り直しを指示され仕方なく雲風が粥を作る。
人間界にきた雲風イケメン過ぎて驚いた!絶対この髪型の方が良いわー、しかも理由が青瑶の為にきたってのがまた良いよね!あと街の川汚すぎる

青瑶の元に帰ってきた雲風は青瑶の体調を心配し作った粥を持ってくると青瑶はすぐさま粥を平らげて笑みを浮かべるが翌朝居なくなってしまう。
その頃、天界にいた頃の姿まで成長した林黙は庭の桃の木を大事に世話をしていたが林綻は皇太子が病に伏せ生臭物を禁じる勅令に愚痴を言っていた。
雲風と青瑶のやり取りは凄く良いですよーキュンキュンしますね!物凄い粥を食べる青瑶に嬉しそうにする雲風が可愛すぎてヤバイね

林家にやってきた宋承恩は林少海に息子と林黙との縁談を持ち掛け、耳が聞こえなくても心根がまっすぐで美しく賢いと評価する。

29話

林黙は山に薬草を取りにいくが猟師の罠に掛かってしまい九宸が助け家に帰ってくると出迎えた林少海は林黙が遅くて心配したと言って家へと連れて帰る。
仙女だった者の聴覚は人間には合わないと言われた九宸は誰も住んでない荒れ果てた屋敷にやってくると聴覚の種を地に埋めて屋敷を直し桃花小築とする。
ほんと林少海が優しすぎて涙が出るよーこのドラマの中で一番優しいんじゃないかってくらいでやばい!株が上がりすぎて大好きになっちゃいました、良い父

家に帰ると九宸の事を思い出す林黙、そこにやってきた林少海はなかなか話を切り出せず林黙と離れるのが寂しいと言って宋子玉の事が心配だと告げる。
家を出て何年も経っており書生が武術をどうして学ぶのかと不安になり、更に科挙に受かったら遠方で官に就き林黙に会うのが難しくなると話す。
パッと見は過保護みたいに見えますけど林黙は耳聞こえませんからねー良いんです、これくらい優しいくらいが良いんですよ!九宸もこの父なら少し安心でしょ

林黙は今日宋子玉に会ったと言うがそれは九宸と勘違いしており、優しい人物だと説明すると林少海は喜んで念の為に発声の練習をさせる。

30話

人間界で名医として活躍する青瑶は役人に鍼を打って診察、診療代をすぐさまやってきたおばさんに渡して子供に清潔な食べ物を買ってあげてと言う。
その様子を見ていた方駿は青瑶を名医だと称し、同じく二階から見ていた禁軍の将軍は青瑶に病に冒されている皇太子の治療を要請する。
雲風ではなく方駿の方に言ってしまった青瑶にちょっと残念、でも雲風は青瑶の幸せは遠くからでも祈っててくれそうだけど最後はくっついてほしいなぁ

部屋で縫い物をしている林黙の元にやってきた九宸と司命、司命は霊汐が3つの刧を超えれば魔気が散り神魂が戻るが九宸が介入すれば全て水泡に帰すと忠告する。
霊汐の運命簿には寿命は19年と書かれており苦しい人生だとしても短い人生故に九宸に我慢してくれと言うと承知したと言って再び林黙の側で見守る。
青瑶が介入してますけどそれは問題ないのかな?ってか人間界で助けた時点で介入してると思うけどどうなんだろう…多分色んなことで介入しちゃうんだろうなー

自らの手が凍ることに驚いた九宸はすぐさま部屋を出るが林黙は冷気を感じて起きると九宸の手が冷えてることを知ると生姜湯を用意する。

28-30話感想

ほんとこのドラマは優しい男が多くて性格悪い女が多いドラマですねーってか韓国ドラマって基本女の方が性格悪いですよねー。
そして林家に訪れるハプニング、林少海もこれは悲しいだろうなーでも家を守るためには正直仕方ないかもしれない…これはどんなことになっても林少海は責められないよ。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。