運命の桃花-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレでありで!

運命の桃花

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

林黙を追う元瞳、幽都山に落ちた林黙は元瞳に殺されそうになるが駆けつけた九宸に助けられ刧を経る為に景休に貰った命珠を渡すようにと九宸は告げる。
しかし林黙は九宸が待ち、愛しているのは霊汐で人間の自分じゃないと理解し涙を流しつつ、それでも九宸の為にと命珠を吐き出し死んでいく。

では、今回は52話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【運命の桃花】(ネタバレあり)

52話

九宸と一緒に歩く司命はあの日、傷だらけになった九宸に動揺した際に十三と親密になり婚約の約定書を渡してきた十三はずっと司命殿にいると愚痴る。
そこに傷だらけになった元瞳が連行されてくるが九宸は元瞳には一瞥もせずに去っていき元瞳が南天門にやってくると杜羽が一人で待っていたが元瞳は声すら掛けずに去る。
逆にここまでして生きているのは元家が名家だからですか?早く雷に打たれて死罪になったほうが良いと思うんですけどねー流れた魔も誰も見れないのかな

山霊界では寝台に横たわっている翎月の側を離れない霊汐、石ばあやはこのままでは霊汐も身体を壊すと言って部屋に戻るように言うとそこに景休がやってくる。
霊汐は人間界ではありがとうと景休に頭を下げると景休は翎月も自分も霊汐が失った5万年の日々を取り戻させてやりたいと告げる。
逆に5万年も育ててくれた楽伯の仇みたいなもんですし景休だって見ているのは林黙で霊汐ではないんですよ?もうねー霊汐の事全然好きになれなくなった

それを聞いていた宝青は怒り、霊汐がどこの誰かと侍女に尋ねると生き別れた翎月の本当の娘だと知る。

53話

扶雲殿では十三が霊汐が残していった衣などを忙しなく片付けをしており、それを見た九宸は霊汐に会う口実を作る為に自分が荷物を持つと言い始める。
混金鐙すら持てる自分がこんな荷物一人で持てると言う十三、九宸は修練方法が悪く最近身体を痛めていると十三に仙力を使って十三のツボを刺激し重いものは持ってはダメだと告げる。
十三だから許されますけど意外と強硬手段に出る九宸、花煙ちゃん相手だったら可愛そうだもんね。そこまでして霊汐に会いたいのか!会いたいんだろうなー

十三は良いものがあると言って司命殿にあった乾坤戎という指輪を持ってくると荷物を全て指輪の中に入れてしまい、これで軽々と山霊界に行けると言うと九宸はがっかりする。
部屋に戻ろうとした九宸の元にやってきた司命は攢心釘を盗み出したものはまだ見つから無いと報告、すると九宸は司命の顔を見てお前は神器を豊富に持ってるのだなと嫌味を言う。
霊汐に会う口実を潰されたからって司命に八つ当たりしなくてもー(笑)雲風がお地蔵さんになっちゃったので司命の登場が多くなってきましたが風当たり強いですよね

司命を見つけた十三、司命は十三と歩きながら全てが解決したのに霊汐はおらず九宸の気持ちは晴れないと話す。

54話

攢心釘を盗んだことにより山霊界に流罪になってしまった花煙を自分の侍女にした霊汐、花煙は霊汐の面倒を見ながら扶雲殿の思い出話をする。
琴の音色が聞こえ景休の元にやってきた霊汐、景休は林黙が幼い頃に林少海が歌っていた千字文という歌を引いており霊汐は父に会いにいったのかと尋ねる。
ちょーっとストーカーっぽい景休さん、見た目だけかもしれないけど坊主なのに色恋沙汰に傾倒し過ぎて欲望まみれですよねー怖い怖い

未だ林黙と呼ぶ景休に一月も経つから”霊汐”と呼んでと言うと、自分が林黙であれ霊汐であれ景休の事は敬うと言って霊汐は景休の元から去ってしまう。
その頃、九宸の脈を見る玉梨は女媧石と血脈は再び結びつき前より仙力はあがったと言って薬をしっかり飲んで女媧石と血肉を融合させるべきだと提案する。
九宸くらいなら薬王に診てもらいましょうよー玉梨なんて性格悪いからダメですよー、下心もあるし職権乱用するような女ですよー

含章が元家の新たな当主が元瞳を許してくれと言ってきたと九宸に報告、しかし九宸は元瞳の罪は万死に値し反省し身を慎むべきだと言って従極淵に向かう。

52-54話感想

霊汐もようやく自分がダメだって気付いてくれたようで良かった、このまま九宸と離れていく展開とか誰も望んでないしねーただ戻ってきてから随分偉そう。
そしてなんだか久々な感じのする承晏君も霊汐のこと好きだったの?さすがにもう手遅れでしょーもうすぐこのドラマ終わっちゃうのに。
雲風が居なくなったことで四方八方からの風当たりが強い司命さんが最近可愛く思えてきたー。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。