麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-61話-62話-63話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回の60話で第一部が終了し、61話からは第二部のスタートです。
李倓と李佋、二人の皇子の死は李俶側と張皇后側の双方に深い傷を残しました。しかしまだ戦いは終わっていません。皇太子の座、そしてその先の皇帝の座をつかむまでは、まだまだ多くの血が流れることでしょう。

そして、自分に傷を負わせるのは敵だけではないのです…。素瓷の裏切り、李俶の妻になろうとする靖瑶… なのに今まで助けてくれた李倓と林致の存在が欠けてしまっています。
珍珠と李俶は、果たしてお互いを守り切れるのでしょうか?
今回は61~63話をご紹介します。第二部を気持ちも新たにご覧ください~♪

【麗王別姫】(ネタバレあり)

61話「陰謀と帰順」

周囲の心配をよそに、傷ついた李俶はすっかり酒浸りに。靖瑶は毎日自ら薬局に出向き、李俶のために薬を王府に届ける日々を送っていたが、見ていられずに説得に乗り出す。
次に張皇后の犠牲になるのは珍珠かもしれない。だから早く立ち直って対抗する必要があるので、独孤家が李俶を支えるから、そのために自分を娶ってほしい、と靖瑶は持ちかけるが、李俶は「珍珠を裏切りたくない」と断る…
靖瑶はそれを隠さず珍珠に打ち明けたので、素瓷はどういうつもりかと呆れるが、珍珠はむしろ靖瑶の率直さが好ましいと言う。その言葉が素瓷の後ろ暗い心に突き刺さる…
靖瑶は裏表がないように見えて、実はかなり黒い、全面真っ黒なところありますよね~

それでも酒浸りをやめない李俶に珍珠は向き合い、李倓と沈家の仇を討つために負けたままでいてはいけない、皇后とて我が子を失って傷ついている、むしろこれは自分達にとって好機だと李俶を説得する。霊児=何霊依で、麒麟令によって朝廷を牛耳るための皇后の陰謀だったのだと知った李俶は、志をかなえ唐の民を守るために奮起することに…
皇太子妃になる前から着々と何霊依を育て、野望を計画していたってことになりそうですが、それ若い令嬢のすること?崔彩屏よりヤバくないですか?

一方張皇后も、佋の遺品をすべて燃やして宮廷闘争に復帰しようとしていた。史思明が佋の死をまだ知らないことから、史思明の協力をつなぎとめるための方法を考えることに。
また、史思明の重用を李俶が諫言し、粛宗が不快になったと聞き、李俶を陥れようと「史思明を厚遇すれば反乱はおのずと平定される」と粛宗に吹き込む。そして「李俶が史思明を嫌うのは、自分が戦功を立てる機会を失うから。李俶は他の将軍たちと親交を深めている」と不信を植え付けようとする。しかし、二人の息子を失ったばかりの粛宗は、さらに息子を奪おうとするような張皇后の讒言に激怒するのだった…
これが前回感想で説明したA案件からB案件へのすり替えですね!失敗したのは、粛宗の後悔を皇后が読み切れなかったか、粛宗が李泌に釘を刺されたとかですね~

李輔国は佋の死以来、張皇后の蓬莱殿から足が遠のいていた。しかし皇后の野望には李輔国の手腕が必要なため、李輔国の過去の悪事をちらつかせて協力をとりつけようとする。
そこで李輔国は、生母が早くに亡くなり後ろ盾に乏しいながら、帝位に野心のある南陽王・李係を、皇后が後ろ盾になることを提案する。実は李輔国は、張皇后と霊児がかつて李係をコマに使おうとした密談を、陰でこっそり聞いていたのだった…
チーム張皇后、再結成!李輔国が佋の死であっさり手を切ってたとか、変わり身早っ!

張皇后は長安に戻ってきた史思明と密会し、佋の死を告げる。血を分けたわが子が亡くなったというのに、史思明は「佋が皇帝になるという前提が崩れたのだから、この話には乗れない」と言い出す。しかし張皇后は李係を帝位に就けることで、お互い皇太后と摂政王になって唐を手にする計画を提示し、史思明の協力を維持することに成功する。
そして二人は手始めに、李俶を倒す計画を考える…
実の父と母がこんなだなんて、佋の魂も浮かばれませんね。涙が渇いてないままに邪悪な表情で計画を語る、張皇后のワルさ加減が実にゾクゾクします…

史思明を迎えての宴席に、李俶と珍珠も招かれていた。史思明は粛宗の御前で忠誠を尽くすふりをしながら、必要以上に李俶を絶賛して、粛宗の疑心暗鬼を刺激する作戦に出る。そこで珍珠が李俶を庇うために口出ししたところ、史思明は珍珠を「安慶緒の夫人では」と公言して、以前の問題を蒸し返し、宴席を凍らせる。
再び珍珠の問題で皇族の面子を傷つけられた粛宗は、李俶を夜更けに呼びつけ「新しい王妃を選びたい」と言い出す…
史思明みたいな卑劣漢を信用して、一緒に謀反を起こした安禄山の気持ちわからない~

62話「深まる溝」

粛宗からの「新しい王妃を選ぶ」という命令を、李俶は「珍珠のほかには誰も娶りたくありません」と拒絶し粛宗を激怒させる。実は粛宗のもとには皇后一派が李俶の謀反を指摘する奏状を沢山提出しており、粛宗の疑心暗鬼がさらに燃え上がる。
さらに史思明が、葉護の洛陽での略奪は李俶に許可を得てやっていることだと吹き込もうとする。史思明は民の間に

葉護来たりて 民枯れる 誰にも倒せぬは広平王

という歌が流行していると言い、粛宗の怒りと嫉妬をかきたてることに成功する。
この史思明の讒言も、張皇后による「A案件からB案件」ですね~。粛宗の、玄宗譲りの猜疑心の強さが、実にうまいこと皇后にコントロールされていますね!

粛宗は李俶と葉護を召喚し、略奪を共謀した疑いについて詰問する。葉護は李俶との関係については否定するものの、略奪については、粛宗が以前約束した報奨を与えないせいだと言い張って、粛宗の怒りを煽る。
事情を聞いて可汗が駆け付け、葉護を鞭打って粛宗に謝意を示そうとするが、唐のため我慢を重ねてきた葉護は、回紇軍の撤退やむなしと折れようとしない。
史思明の帰順により唐軍に余裕が生まれたことで、回紇の撤退は脅しにならず、粛宗は可汗に「回紇軍を連れ帰れ」と命じる。さらに李俶の大元帥を解任、兵権を取り上げる。
李泌は不満げな李俶に、皇后と李係の接近を告げ、「足元を掬われないためにも、しばらくは陛下に服従を」と忍耐を進言する…
可汗の勧進帳通用せず!葉護の傲慢さがずっと心配でしたが、こんな地雷になるとは…

可汗は葉護に、李俶に謝罪しろと命じるが、「唐の言いなりになっている可汗はもはや草原の雄ではない」と反抗の姿勢を崩さない。代わって珍珠が葉護を説得しようとするが、唐の弱体化を機に回紇の勢力拡大を目論む葉護と、あくまでも唐の再興によって争いのない世を民にもたらしたい珍珠とは、全く話がかみ合わない。葉護は珍珠に絶縁を宣言する…
可汗は、葉護のことは口実で、李俶から兵権を取り上げるのが粛宗の目的と看破。皇后の企みではという李俶に、可汗は帰国前に「置き土産」を残していこう、と言う…
葉護の考えが多分回紇では優勢なんじゃないかなと思うので、唐ナイズされた可汗の考え方では下がついてこなくて、不在の間に反乱を起こされるわけですよね~

粛宗と后妃の寺院での佋の供養の帰りに、張皇后はわざとらしく傷心を演じて、粛宗と馬車の同乗権を勝ち取った。粛宗と一緒に乗る約束をしていた裴貴妃は、李輔国のとりなしで張皇后の馬車に乗ることに。しかし宮中へと戻る途中、刺客によって裴貴妃が弓矢で殺害される。つまり刺客の標的は張皇后だった。
その知らせを聞いた李俶は、可汗の「置き土産」とはこれではと思い至る。刺客は捕まらなかったが、張皇后と史思明は、このことで手がかりをでっち上げて李俶を追い込もうと考え、供養の行幸の時に護衛担当だった薛嵩に李俶を告発させようとする…
可汗~!なんてことを!しかも皇后のライバル貴妃が倒れて、張皇后むしろ棚ボタ?

靖瑶が大理寺からの報告を持って李俶のもとを訪れる。皇后が薛嵩の尋問に関与をしており、「今回の襲撃を画策したのは李俶で、本当の狙いは粛宗だった」と証言させるのでは、という。薛嵩が臆病で取引に応じやすい人柄と聞いた李俶は、張皇后を出し抜く計画を立てる。そして計画を秘密裏に行うため、珍珠にも計画を漏らさないことに。
そして予想通り、内飛龍使が王府を取り囲み、李俶と珍珠は紫宸殿に呼び出される…
珍珠に秘密にするのは、後々バレた時に珍珠の心に傷をつける時限爆弾ですよね~

粛宗は薛嵩の供述書をつきつけ、李俶が粛宗の暗殺と帝位の簒奪を企んだことを弾劾する。薛嵩は李俶から脅迫されて護衛の警戒を緩めていた、と供述したという。
李俶は否定し、疑いを晴らすため薛嵩を自分に尋問させてほしいと申し出て、許されたものの、大理寺から宮中に護送される最中に薛嵩は何者かに連れ去られてしまう。
張皇后は、李俶が裁きを妨害するために薛嵩を連れ去ったのではないかと主張し、それを鵜呑みにして粛宗はこの場で李俶を成敗しようとするが、珍珠は身を投げ出して庇う。
李俶の計画を知らない珍珠は、自分が薛嵩を探し出して真相を明らかにする、と申し出て、粛宗から三日の猶予を得る…
李俶も、後悔した顔するくらいなら、最初から珍珠も巻き込んでおくべきですよ…

63話「投獄された皇子」

李俶は投獄され、珍珠は三日の猶予をもらったものの、珍珠には靖瑶との計画のことが伏せられているので、何の手がかりもない。李婼が協力を申し出てくれたので、皇后と霊児を見張ってくれと頼む。そして珍珠は、今頼れる唯一の人物、靖瑶を訪ねることに。
靖瑶は薛嵩の行方は知らないが、全力で協力するという。
さらに靖瑶は「粛宗が李俶の立太子を渋る理由」は「汚点のある皇太子妃」が原因だと話す。李俶が新王妃を迎える勅命を断ったため、信用が薄れ謀反の罪を着せられたのだ。李俶が即位にこぎつけるには後ろ盾のある女子=靖瑶との結婚が必要、とほのめかされる。
靖瑶は、かつて自分が珍珠を騙したことを思い、今も自分の思いを遂げるために珍珠を出し抜くようなことをしているのに、珍珠は李俶の愛情を信じているのを見て、「珍珠は自信過剰なのか、純粋すぎるのか」とつぶやく。実は薛嵩は靖瑶が拉致していたのだった…
確かに張皇后と対抗していくのには靖瑶の強さは必要なのかもしれませんが、もとはと言えば珍珠が「汚点」を負う羽目になったのは誰のせい?という話ですよね!

張皇后は、珍珠と李俶が薛嵩をさらって時間稼ぎをしているのではと見て、薛嵩を殺して「李俶が口封じをした」と罪をなすりつけようと考えていた。
李婼は霊児を尾行するが気付かれてまかれてしまう。霊児が密会した相手は素瓷で、珍珠が必死に薛嵩の行方を捜しているので、薛嵩をさらったのは李俶ではないとわかるが、霊児はまだ逸を返そうとはしない。薛嵩を見つけたら毒薬を飲ませろと命じられ、素瓷は怯える…
素瓷は裏切るし、李婼は役に立たないし… 王府精鋭の私兵はどうした私兵は!

珍珠の命で捜索していた風生衣と厳明も、なかなか手がかりがつかめずにいた。風生衣は薛嵩と親しい趙勇という人物から「薛嵩は屋敷を購入しようとしていた」という情報を聞き、その屋敷を捜させる。
珍珠は寒い牢に上掛けの差し入れを持っていくが、そこに李輔国も皇后の命で上掛けを持ってきた。李俶は皇后の厚意を断るが、李輔国は強引に置いて帰る。必死な珍珠の様子に、計画を伏せている李俶の心は痛むが、打ち明けることはできない。
寝ずの捜索でも何の手がかりも掴めず、珍珠が限界になっているのを見て、計画を知っている風生衣は、思わず自分たちが隠していることを話しそうになる…
李輔国が持ってきた上掛けの方が、若干物が良くて分厚いのが妙にムカつきます~!

靖瑶は隙を突かれて薛嵩を逃がしてしまい、それを風生衣にこっそりしらせに来るが、風生衣の様子に不審を抱いた珍珠に見つかって追及され、計画を打ち明けることに。珍珠は李俶の考えを理解したが、薛嵩は依然行方不明のまま。
珍珠は薛嵩がなぜ逃げたかが居場所のカギになると考え、趙勇を呼んで話を聞く。そこで薛嵩が屋敷を買おうとしていたのは母親のためだったが、その母親が亡くなったため必要なくなったのだと分かる。孝行息子の薛嵩は最後の孝行を尽くすため、墓へ母を弔いに行ったのだ…
風生衣たちの調査能力をちょっと疑ってしまいました…

珍珠は残り少ない時間に賭けて、薛嵩の母の墓に向かう。そこには予想通り薛嵩がいて、「葬儀を済ませてから皇宮に戻るつもりだった」と珍珠に謝罪する。
素瓷は霊児に命じられた毒を盛らなければならず、震える手で水を準備し、薛嵩に飲ませる… しかし、素瓷は珍珠と李俶を犠牲にすることができず、逸に詫びながら薬を王府の池に捨てるのだった…。
一方、靖瑶に張皇后からお召しがかかり、策略に感づかれたのかと動揺しつつ、靖瑶は皇后の狙いを探るために参内することに…
素瓷は、命令を聞いても裏切っても、結局後悔するようになってるんですよね…

61~63話の感想

第二部のスタート、いかがでしたでしょうか~♪
いや~あのまま李俶が飲んだくれたまましばらく李倓化したらどうしようかと思いました。
それと、靖瑶が「私が話すわ」って言って、李俶があっさり立ち直ったらどうしようかと。そしたら珍珠の立場無いですよね~!
とはいっても、計画を珍珠に口止めしたことで充分立場が傷ついてはいると思いますけどね。靖瑶も、自分の想いをかなえるためにあの手この手で珍珠と李俶にヒビを入れてきますが、珍珠の自信はちょっとやそっとでは揺らがないようです。

61話で李俶が「則天武后は敵を陥れるため、実の娘を殺めた」と言っていましたが、則天武后が主役のドラマをご覧になったことのある方なら「あれか!」と思われたのではないでしょうか。則天武后のドラマで必ずポイントとして出てくる話で、当時皇后だった王皇后が武昭儀(則天武后)の部屋を訪れた直後、武昭儀の産んだ赤子の公主が急死します。それで王皇后は公主殺害の疑惑をかけられ、廃后という憂き目に。
この話はドラマによって「王皇后が本当に赤ん坊を殺した」「王皇后は無実で、皇后を廃するために武昭儀が殺した」「公主は偶然死んだが、それを利用して武昭儀が疑惑をかけた」などと解釈が異なっていて、そのドラマごとの則天武后像を形づくる重要なファクターとなっています。
李俶たちの時代からは、則天武后の時代は大体100年ほど前になりますが、武氏に唐朝を乗っ取られた李氏一族にとっては、「皇后の野心」というものは、二度と繰り返してはならないと語り伝えられるリアルなタブーだったのでしょう。その割には粛宗は皇后の野心に気付かず言いなりになっているのですが…

さて、薛嵩はこれで無事に証言してもらえるのでしょうか。前回の史思明の医師のようなことにならないといいのですが。
そして素瓷ですが…殺しに手を染めるというミッションの重さに、ようやく目が覚めて霊児を裏切ってしまいました。後手にまわりがちな李俶たちですが、素瓷の重い決断が報われるように、そろそろ攻勢に転じてほしいですね!
この長丁場も残り四分の一ほどになってきました。張皇后のターンばかりが続いてきましたが、李俶が兵権も取り上げられ、葉護のやらかしで回紇もかなり当てにできなくなった現状、皇后に対抗するために、靖瑶という強い武器を手にする決断の方向に追い詰められてきたのではないでしょうか…。
珍珠はその時、どうするのか。次回以降、その決断を見守っていきましょうね~♪

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です