万華楼(ばんかろう)-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
七眼や杜長風の罠により殺人罪の濡れ衣を着せられ指名手配され捕まってしまった竜傲一。
さらに清流に竜傲一の命と引き換えに通関証を渡すよう要求する手紙が届くなか、今回、清流も七眼に拘束され大ピンチに…。

【万華楼(ばんかろう)】(ネタバレあり)

16話

七眼に捕らえられた竜傲一は拘束されていた。
すると七眼からの手紙を見た清流がそこに現れる。
そして清流は要求通り七眼に通関証を手渡そうとするも、七眼は「通関証だけでは不十分だ。お前の命も頂く」と告げる。
すると清流は七眼に生死を賭けた賭け勝負を提案。
その勝負は2枚の紙に”生”と”死”の文字を書き、どちらかを選ぶというもの。
そして勝負の結果、清流は”生”の紙を選び賭けに勝利するも、七眼は負けを認めず竜傲一を人質に取り清流は通関証を奪い、清流に殴る蹴るの暴行を加える。

七眼、往生際が悪いですね…

そして七眼は金糸泥棒は自分が企てたこと、そして竜竹幇の仕業に見せかけることで組織を内側から壊滅させようとしていたこと、さらには新絲路の放火も自分が企てたと明かした。
それを聞いた清流と竜傲一が衝撃を受け憤るなか、2人は拘束され釜の中に監禁されるのだった。

2人はどうなってしまうのでしょう…

その後、七眼は朱誠志と話していた。
ここまで手を組んでいた2人だったが、朱誠志は七眼が新絲路に放火したり清流を拘束したり勝手な行動したことに憤っていて手を引き縁を切ると言い出す。
七眼はそれに納得できなかったが、役人に手出しはできず苛立ちながらもその場を立ち去るのだった。
その夜、釜の中に監禁されている清流と竜傲一は2人で協力し拘束の縄を解く。
そして釜から脱出する方法を探るなか、竜傲一は首を毒蜘蛛に噛まれてしまう。
清流は毒を抜くため竜傲一の首に口をつけ、毒を吸い出すのだった。
その後、竜傲一の体には毒が残っていて、さらに清流も毒を吸い出し口に含んだことで毒が体に入り互いに体がしんどくなりひとまず釜の中で眠りについた2人。
すると竜傲一は亡き父と一緒に過ごした幼少期の夢を見てうなされていた。
その様子を見た清流は自分の上着を脱ぎ竜傲一にかけてあげるのだった。
その後、2人は目を覚ますも毒の影響で体がしんどく、さらに2人がいる釜に火が放たれてしまうのだった。

絶体絶命のピンチ!

17話

火がついた釜の中に閉じ込められ絶体絶命のピンチに落ちいて清流と竜傲一。
するとそこに2人を捜索する炎彬たちがやって来て、2人は何とか助け出されるのだった。

助かって良かったですね

その後、清流と竜傲一は釜という密室で一夜を過ごしたということで2人が恋仲だという噂が広まった。
一方、七眼は清流から奪った通関証を使い城外へ繭を売りに行っていて、それを知った清流と竜傲一は七眼の行方を追うことに。
そして城外で七眼たちを見つけた清流と竜傲一は繭の取引を行う七眼を捕まえようとする。
七眼たちが臨戦体制に入る中、そこに杜長風が現れ七眼を攻撃。
そして杜長風は七眼を捕らえ立ち去る。
その後、杜長風の指示により七眼の手下は全員斬首になるのだった。

実は七眼と繭の取引をしようとしていた相手は杜長風の手先で、杜長風は七眼を捕らえるため囮捜査をしていたようです

そんななか、七眼が死んだことを知った竜傲一は杜長風の動きに不審感を抱いていた。
「七眼が捕らえられて解決のはずが、さらに謎が深まった…。杜長風の話は明らかに嘘だ…」
竜傲一は侍女・小芹にそうつぶやくのだった。
数日後、新絲路で邪気払いの宴が行われることとなり、清流は竜傲一をその宴に招待。
この清流の行動に杜小仙は「竜傲一に酷い目に遭わされたのに、また会いに行くなんて…」と不機嫌になる。

杜小仙も清流に想いを寄せてますからね…

するとその様子を見た侍女は「竜傲一と仲良くする方が賢明なのでは?長所を盗み、同じ魅力があることを清流に分からせアピールすれば良いのです。そうすれば当主もこちらに目を向けるはずです」とアドバイス。
その後、清流はこれまで新絲路で働く部下たちに厳しくしていた態度を改め優しく接するように。
すると新絲路で働く部下たちその変わりっぷりに驚きながらも「まるで竜傲一みたいだ…」と噂するのだった。

早速杜小仙は清流の気を引くために竜傲一のように周りに振る舞う作戦を始めたんですねw

18話

七夕の日。
新絲路では災いが福に転じるよう織り機を祭り、祈りを捧げる儀式が行われていた。
儀式が終わると、杜小仙は「船を貸し切ったから夜一緒に食事をしない?」と誘う。
すると清流は「プレゼントを贈りたいから竜傲一も誘おう」と言う。
杜小仙は複雑な表情を浮かべながら、ひとまず清流が竜傲一にプレゼントを渡しに行くのについて行くことにした。

杜小仙の清流への想いは一方通行ですね…

その夜、五雲閣の竜傲一を訪ねた清流は高麗綿の衣をプレゼント。
その後、杜小仙は清流と船で2人の時間を過ごそうとするも、清流は竜傲一と夜市に出掛けることとなり、結局船はキャンセル。
そして竜傲一・李昭・清流・杜小仙の4人で夜市に出掛けることとなった。
夜市にやって来た4人はそこで開催されていた詩の腕を競う催し物が開かれていることを知り、清流と竜傲一がそれに参加することに。
詩の腕は清流が圧倒的に上だったが、清流はわざと負けて竜傲一が勝利。
竜傲一は清流がわざと負けたことを悟ると「私を見下しているのか?」と憤りその場から立ち去った。

またしても2人の間に溝ができてしまいましたね…

その後、清流と杜小仙が帰路につく中、杜小仙は「私のことを想ってくれてる?」と清流に質問。
「長い仲だし君を守るのは当然のことだ…」
清流はそう答え、それを聞いた杜小仙は複雑な表情を浮かべるのだった。

清流の答えから自分が恋愛対象ではないと悟ったのかもしれないですね…

感想

16話では竜傲一に続き、清流も七眼に捕まり監禁されてしまいました。
七眼は勝負に負けても負けを認めず清流を暴力で押さえ込むなどやりたい放題状態でしたね…。
さらにラストには2人が監禁された釜に火が放たれて絶対絶命のピンチになるなか、17話では、何とか脱出に成功し命は助かるというひと安心な展開でした。
また、七眼は杜長風に捕らえられ斬首に…。
ここで七眼が死ぬのは意外でしたね…。
そんななか、清流の気を引くために動き始めた杜小仙は18話で清流を船での食事に誘うなどアプローチをかけますが、清流は竜傲一に想いを寄せているため上手くいかず、その想いは一方通行で少し可哀想でした。
竜傲一を巡る清流と李昭の三角関係に杜小仙も絡んできてさらに複雑になってきている恋模様。
今後この恋模様がどんな展開を生むのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。