万華楼(ばんかろう)-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
五雲閣で鳳おかみが殺されるという衝撃的な事件が起こったり、長安で竜傲一が刺客に襲われるなど物騒な事件が立て続けに起こるなか、李昭と清流による竜傲一を巡る三角関係が再燃した前回。
そして今回、清流と竜傲一が一夜を共にすることとなり…。

【万華楼(ばんかろう)】(ネタバレあり)

28話

竜傲一が李昭の屋敷で療養するなか、李昭は竜傲一を襲った刺客の正体を探るべく卜語閣へ。
そこで女店主と対面した李昭。
実はその女店主は李昭の姉・昇平公主だったのだ。

李昭の家族だったんですね

李昭はそこで竜傲一の話をし刺客について質問するも、姉は何も知らないのだった。
一方、清流は祖母・太妃の元を訪ねていた。
初めて清流と対面した太妃は涙を流し喜び、清流を歓迎した。
その後、太妃から姉である昇平公主を紹介された清流は、彼女に自分の母について質問。
「私も幼かったから覚えてないの…」
昇平公主はそう答え、清流は母についての話を聞けないのだった。

清流はガッカリしたような複雑な表情を浮かべていますね…

翌日、竜竹幇の仲間たちが李昭の屋敷に見舞いにやって来る。
そこで竜傲一は長安を拠点に新たなビジネスを行おうとしていることを報告。
仲間たちは再び竜傲一が刺客に命を狙われるのでは?と心配するなか、竜傲一は「心配ない。私は長安に留まる」と宣言するのだった。
その後、竜傲一は李昭の屋敷内で徳妃と遭遇。
徳妃は息子が入れ込んでいる竜傲一のことをよく思っておらず「身分が低く教養もない」と竜傲一を罵倒。
そこに李昭が現れるなか、罵倒された竜傲一は「わかった。私は今すぐ出て行く…」と告げ、李昭の屋敷から立ち去るのだった。

29話

李昭は側近の武林と話していた。
そこで母・徳妃との関係性に悩んでいること、そして母には逆らえず操り人形的な生き方しかできない現状を嘆いていること、そして竜傲一と出会ったことで新しい世界を見ることができたことを話す。
そんな話をしながら李昭は武林と酒を飲むのだった。
一方、清滝号の店を構え、漕運の輸送路の試験運行を開始した竜傲一は、舞踊団の1人として宴に紛れ込めば宮中に潜入できることを知り早速潜入することに。

これにより鳳おかみの新真相を探ろうと企んでいるようです

その後、宴が始まると竜傲一は清流の祖母・太妃に気に入られ、彼女の勧めで宴の場にいた清流と酒を飲む。
どうやらその酒には杜小仙により媚薬が入れられていたようで、体が熱くなってきた2人はそのまま一緒に馬車で立ち去ってしまった。

このままだと媚薬効果で2人は一線を越えてしまいうのでは…

翌朝、清流と竜傲一は同じベッドで目を覚ます。
我に帰った2人は戸惑いながら昨晩のことを思い返す。
フラフラ状態で清流の部屋に入った2人はそのままベッドで一夜を過ごすのだった。

どうやら2人は一線を越えたようです

「昨晩何があったにせよ、私は逃げも隠れもしない」
そう話す清流に、竜傲一は「これくらいなんとも無い。昨日は飲みすぎただけだ…早く忘れよう」と冷たく突き放し、その場から立ち去るのだった。
その後、清流が竜傲一と一夜を過ごしたことを知った皇帝は「皇子が踊り子が一夜を過ごすなんて!」と問題視していた。
すると清流は彼女が踊り子ではなく銀城の竜竹幇の幇主だと話す。
それを聞いた皇帝は「下流の女と懇ろになるなんて!」とさらに激怒。
「半年後に清流の妃選びを執り行う」
皇帝はそう宣言するのだった。

30話

宮中では清流が竜傲一と婚姻前に情事に及んだとして大騒ぎに。
清流に想いを寄せる杜小仙、そして竜傲一に想いを寄せる李昭はそれぞれ複雑な気持ちになり落ち込んでいて、李昭は「必ず奪い返してみせる」と闘志を燃やしていた。
一方、徳妃は杜長風の元を訪ねていた。
そこで徳妃は「ある木を預かって欲しい」と告げ、立ち去った。
その後、竜傲一は妊娠したと装えば宮中を自由に調べることができると考え、妊娠したように装うことに。
このことはすぐに宮中に広まり清流との情事があったので、清流や宮中の人間は皆竜傲一が妊娠したと信じるのだった。

嘘だとバレたらやばそうですね…

その後、皇帝・太妃・徳妃・清流たちは集まって今後のことについて話し合っていた。
竜傲一のお腹の中の子が清流との子だと信じられないと言う徳妃に対して「自分で間違いない」と言う清流。
そして竜傲一に処分を下すかどうかは出産後に決めるとして、ひとまずは皇族の子を無事に出産してもらうため竜傲一はしばらく清流の屋敷で過ごすこととなった。
その後、杜長風は徳妃に娘・杜小仙のことが心配だと話していた。
すると徳妃は「心配することはない。貴族には枕を共にする側室や侍女は当たり前にいる。あなたの娘は正室に指名されたのよ」と言うのだった。
一方、竜傲一の妊娠を知った李昭はショックからやけ酒を飲んでいた。

なかなか荒れていますね…

感想

28話では竜傲一の李昭の屋敷での療養の様子だったり、それを心配する清流の様子だったりと特に派手な展開はありませんでした。
29話では竜傲一が宴に潜入し、その後、清流と共に酩酊しベッドインしてしまうという驚きの展開がありました。
劇中の描写では2人が一線を越えたのか不明瞭でしたが、後々のセリフなどからどうやら2人は一線を越えたんだなと分かりました。
そして30話では竜傲一が宮中を調べるために清流との子を身籠ったと装うという大胆な行動に出ました。
皇族の子どもが生まれるということで宮中では大きな騒ぎになっていて、嘘がバレた時にどうなるのか少し心配になりましたね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。