万華楼(ばんかろう)-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
徳妃がこれまで清流の母など様々な殺しを行なっていたことが判明するなか、帰らぬ人となったり、清流の味方的な人物だった元宰相が実は徳妃を裏で操る黒幕だったことが判明したりと驚きの連続だった前回。
そして今回、竜傲一の妊娠が嘘だということが皆にバレてしまい…。

【万華楼(ばんかろう)】(ネタバレあり)

37話

徳妃が亡くなり、李昭は悲しみから塞ぎ込んでいた。
それを知った竜傲一は、李昭を慰めようと彼の部屋へ。
「早く元気になって欲しい…」
竜傲一は優しい言葉をかけるも李昭は「口先だけの慰めはいらない」と冷たい態度を取る。
竜傲一が帰り際に徳妃の遺品について質問すると、李昭は「遺品まで奪いにしたのか!」と突然逆上し竜傲一にキス。
そして竜傲一は李昭に腹に詰め物をしていることがバレ、妊娠が嘘だとバレてしまうのだった。
「私が鳳おかみの仇をとってやるから、清流と別れろ」
李昭はそう言うも、竜傲一は無視。
すると李昭は「皇帝に妊娠が嘘だとバラすぞ!」と脅す。
それを聞いた竜傲一は「お前はもう仲間ではない」と李昭と縁を切ることを決意しその場を立ち去るのだった。
その夜、清流と竜傲一は徳妃を裏で操っていた黒幕について考えていた。
そして2人は元宰相が怪しいと推理し、調査を進めることに決めた。
そんななか、竜傲一が妊娠を偽り宮中に潜り込んだとして罪に問われ連行されてしまう。
一方、やけ酒を飲みベロベロの李昭は町で趙尚書を発見。

趙尚書はかつて李昭の家族を陥れた男で、李昭がずっと恨んでいた男です

そして李昭は怒りに身を任せ趙尚書を殺してしまうのだった。

あらら…

一方、連行された竜傲一は杜長風の前に連れて行かれる。
そこで拘束され拷問される罪を認めるよう迫られる竜傲一だったが、竜傲一は罪を認めないのだった。

拷問、痛そうですね…

翌日、清流は皇帝に「今回の件は竜傲一ではなく自分が悪い。だから罰は自分に与えて欲しい」と手紙を送る。
しばらくしてその頼みが通じ、皇帝はひとまず竜傲一を解放し、後日清流の処分が下されることとなった。
その後、皇帝や太妃の前で妊娠したと偽った件について話すこととなった清流と竜傲一。
清流は竜傲一を庇い自分1人の責任だと説明するも、杜小仙の証言により竜傲一が清流にも妊娠したと嘘をついていたことがバレてしまう。
するとそれを聞いていた竜傲一を慕う昇平公主たちが皇帝を説得。
決断を迫られ悩んだ末に「竜傲一を斬首にせよ」と命じる皇帝だったが、太妃がそれを止め、竜傲一は斬首されずに宮中からの追放のみで済んだ。

斬首にならずに済みましたが、清流と竜傲一は離れ離れになってしまいましたね…

そしてその後、皇帝は心労が原因なのか倒れてしまうなか、清流の元に3日後に杜小仙との婚儀が行われるという知らせが入るのだった。

38話

宮中では清流と杜小仙の婚儀の準備が着々と進んでいた。
しかし清流は杜小仙との結婚に納得しておらず複雑な表情を浮かべていて、その表情を見た杜小仙も複雑な気持ちになるのだった。

清流はずっと竜傲一のことを想ってますからね

その夜、杜小仙は父・杜長風と話していた。
すると杜長風は毒瓶を手渡し、「皇太子を殺せば清流が次期皇帝となり、お前は皇帝の妻となるんだ」と皇太子を殺すよう指示するのだった。
そして婚儀の日。
竜傲一は禁を破り婚儀の会場である清流の屋敷に入り込み、婚儀の様子を民衆と共に見ていた。

目の前で好きな人が別の人と結婚する…複雑な気持ちでしょうね…

そして婚儀が進むなか、竜傲一は清流と過ごした部屋へ。
するとそこに元宰相がやって来て2人で話すことに。
そこで鳳おかみ殺しの黒幕が元宰相だと本人の口から聞いた竜傲一は憤りを感じるなか、元宰相は自分と鳳おかみの関係性について話し始める。
実は2人は同じ師匠のもとで占術の修行に励んだ兄妹弟子という関係だったが、ある日、師匠は占いにより元宰相が将来道を誤ることを知る。
そしてそれを止めて欲しいと鳳おかみに話しているのを元宰相は聞いてしまったのだ。
それを機に元宰相と鳳おかみは仲違いしたのだとか。
そして元宰相は竜傲一を清流への交渉材料として人質にとるのだった。
一方、婚儀中の清流は嫌な予感がし、杜小仙の制止を振り切りその場から立ち去ろうとする。
杜小仙は憤りながらもパニックになり「行くならこの毒入り茶を飲んでからにして!」と毒入り茶を手渡す。
すると清流はそのお茶を飲み「これで決別だ!」と杜小仙に告げるのだった。

39話

杜小仙から手渡された毒入りの茶を飲み屋敷から立ち去った清流は、竜傲一の行方を追う。
そして杜長風と杜小仙親子は皇太子の暗殺を企てたとして捕らえられ、元宰相により殺されてしまった。

元宰相は口封じのため殺したんでしょうね…

父の死に激しく取り乱す杜小仙は捕まり部屋から連れ出されるのだった。
一方、竜傲一の行方を追う清流は、刺客に襲われるも撃退し、竜傲一を発見し救出。
清流と竜傲一は再び会えたことを喜ぶ中、そこに李昭がやって来て剣を向ける。
清流は李昭に立ち向かおうとするも、屋敷で杜小仙から渡された毒入り茶を飲んでいたため、思うように体が動かずそのまま李昭に捕らえられ連れ去られてしまうのだった。
その後、清流は元宰相の元に連れて来られる。
そしてそこに跡を追いかけて来た竜傲一が現れるとと清流と共に捕られてしまった。
李昭が元宰相の味方になったことを知り竜傲一が失望する中、清流の体はどんどん毒に侵されていく。
そこで竜傲一は清流が毒を飲んだことを初めて知った。
元宰相により清流が大きな穴に突き落とされそうになる中、竜傲一が清流の手を掴み助けようとする。
しかし竜傲一も一緒に落ちそうになり、李昭が竜傲一の手を掴むも清流と竜傲一は2人で穴の中に落ちてしまうのだった。
その後、李昭は隙をつき元宰相の体を短刀で刺し殺そうとする。

李昭は元宰相に従うふりをして暗殺の時を狙っていたんですね

しかし元宰相は防刃の鎧を着ていたため李昭の作戦は失敗し、李昭は殺されてしまうのだった。
一方、穴に落ちた清流と竜傲一は生きていた。

良かったですね

そして解毒剤を飲んだ清流は毒から解放され、竜傲一と共に穴から抜け出した。
その頃、竜傲一と清流の行方を探す朝廷の人間たちが元宰相の元に来ていた。
そこで李昭が清流と竜傲一を襲ったと説明する元宰相。
するとそこに清流と竜傲一が現れ、やって来た朝廷の人間たちに元宰相が黒幕だと明かす。
すると元宰相はそこにいる全員を殺すよう部下に命じるのだった。

感想

37話では李昭と竜傲一が決別し、自暴自棄になった李昭が殺人を犯すという驚きの展開があったり、竜傲一の妊娠が嘘だったことがバレてしまい罪に問われるという内容でした。
そして竜傲一は宮中を追放され清流とは離れ離れになり、清流と杜小仙との結婚が決まるなか、38話では竜傲一が元宰相と対峙したことで、元宰相の過去が明らかになりました。
さらに清流は杜小仙との結婚が決まるも竜傲一のことが諦めきれず婚儀の会場から逃亡。
そして39話では、清流と竜傲一は再会するも2人とも元宰相に捕まるという展開でした。
さらに李昭が元宰相を暗殺するために従ったふりをしていたことも判明しましたが、暗殺は失敗。
逆に元宰相に殺されてしまうという衝撃的でなんとも無念な結末でしたね…。
一度は大きな穴に落とされるもの生き延びた清流と竜傲一。
次回の最終話では元宰相との最終決戦がどのような結末を迎えるのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。