三国志-Secret of Three Kingdoms-あらすじ-22話-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-三国志-Secret-of-Three-Kingdoms-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

三国志-Secret-of-Three-Kingdoms



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回から物語の舞台は、許都から袁紹の本拠地・鄴へと移りました。楊平は曹操の家での閉ざされた皇帝生活から、解き放たれた…はずなのですが、結局袁紹軍に捕まって、籠から檻へ移されただけ、という感じになっています。

しかも、楊平だけではなく、伏寿と曹丕も一緒に袁紹軍に捕まっているので、非常に難易度の高いミッションとなっています。果たしてこの三人は大丈夫なのでしょうか。そして同様に鄴に来ている司馬懿ですが、楊平の心配をしてやってきたのかと思いきや、まったくそうではないようです(そりゃそうだ、知らないはず)。
鄴に集いしこの面々は、このまま無事に歴史を変えることなく「官渡の戦い」を迎えることができるのでしょうか?楊平だけでも心配なのに、曹丕の若さゆえの暴走がとっても心配。司馬懿と楊平は巡りあえるのかな?楽しみですね♪

【三国志 Secret of Three Kingdoms】(ネタバレあり)

22話

楊平は蜚先生のところから戻され、皇帝の使者としてふるまってうまく騙しとおせたと思っている。曹丕は淳于瓊に対して「魏文」と名乗る。淳于瓊は伏寿に女物に着替えさせるために連れていき、二人になった楊平と曹丕は今後について話し合う。楊平は曹丕に「自分はそなたの父親(曹操)を助けたい」と語る。出された葡萄を食べたことがなかった楊平に、曹丕は食べ方を教えて「いつか西域への道を開き、好きなだけ葡萄を献上します」と約束するのだった…
淳于瓊は、妻を伴ってきた楊平を「袁様のよう」と褒めましたが、袁紹の妻・劉氏って、袁紹亡きあとに側室を全部殺させたという、かな~り怖い人だったのですよね…

淳于瓊が曹操軍の間諜を疑われた人物を拘束して連れてくるが、その中に似顔絵で楊平の顔を知っている鄧展がいて、楊平の顔を見て驚く。それを見た曹丕は鄧展を「魏家の仇!」と言って殺そうとするが、楊平はそれをおしとどめ、「鄧展が生きていられるのは服従したから」と淳于瓊を信じる姿勢を見せる。現在、袁紹の配下になっている鄧展は、楊平たちを「漢の皇帝の使者だ」と証言して難を逃れる。
楊平の正体を知っている鄧展を郭嘉の元へ帰すわけにはいかないが、「皇帝の使者」と知っていたということは誰と連絡を取って袁紹軍にとどまっているのか、楊平と伏寿は緊張を高めるのだった。
曹丕がとっさに正しい行動をとったのに、優しさから止めた楊平は自らをピンチに…

司馬懿は審配の命で牢に入れられた。審栄が抗議して一緒に牢に入ったため、審配が駆けつけ司馬懿の真意を問いただす。「弟を殺された」と言っていたが、司馬防の息子は皆生きていることを指摘され、司馬懿は「弟というのは縁続きの楊平が殺されたことだ」と説明し、審配を丸め込む。単純な審栄は、すっかり司馬懿に心酔してしまうのだった。
審栄は息子ほどお馬鹿ではなさそうですが、さすがに司馬懿の弁舌には騙されますね~

鄧展は医者の手当てを受けるが、医者が去った後に薬の中に入っていた密書を発見。そこにやってきた曹丕は、郭嘉からの連絡が鄧展に届いていることを察する。鄧展は「郭嘉からの指示はいつも一方的」と説明するが、曹丕は納得せず、さらになぜ温県に送られたのかを問い詰めるが、鄧展は口を閉ざす。
鄧展は自分を殺させなかった楊平の人柄に触れ、似顔絵のことを郭嘉にどう報告するか考えるのだった…
郭嘉の間諜は大変だ~。常にどこかから指示が降ってくるとか、難易度高いですよね!

司馬懿は、鄴で最も重犯が投獄される牢に、袁紹が女刺客を投獄したという話を聞く。そこで司馬懿は、拷問されている郭嘉の間諜をわざと解放し、追いながら「司馬懿はここだ!出てこい!」と叫ぶ。その声は唐瑛に届き、二人はお互いの存在を確かめ合う。司馬懿は唐瑛に「司馬懿は必ずやり遂げる!」と聞かせ、その言葉に唐瑛は涙する。
一方、曹丕は鄧展の治療をした医師を問い詰めるが、医師は何も知らないと繰り返す。そして騒がれたために、曹丕は医師を殺害して追われることに…
司馬懿にあんな風に押されたら、いくらツン気味の唐瑛でも惚れちゃいますよね~

楊平は伏寿に葡萄を美味しいと教えようとするが、伏寿は知っていて、皮をむいて曹丕とは違う食べ方をしてみせる。そこに鄧展が、曹丕が捕らえられたと知らせに来る。伏寿は見捨てようと言うが、楊平はそれができない。そこで鄧展が淳于瓊を曹丕から引き離し、兵を引きつける間に楊平たちが逃げるように図る。鄧展は別れ際、楊平の正体を郭嘉に話す決意を語るが、楊平は「ならば生きろ」と言う。そして楊平たちを逃がした鄧展は淳于瓊の剣に倒されるのだった…
趙彦に続き鄧展も、楊平の秘密を知りながら楊平の人柄に魅せられて、秘密を抱えたまま命を落とすパターン… この先こうやって何人が楊平を守って死んでいくのでしょうか…

司馬懿と審栄は、鄴の街角で儒学生たちが議論を戦わせている様子を見かける。その中に、司馬懿が以前出会った柳毅が演説をしていて、秦の李斯の言葉を引用して審配のことを批判していた。そこで司馬懿は審栄に策を授け、柳毅を論破させる。得意げな様子の審栄だが、柳毅は司馬懿の入れ知恵と気づいて絡んでくる。その様子を遠くから見ている男(崔琰)がいるのに司馬懿は気づいていた…
鄴はにぎやかだし、学生を集めてフリーダムですね。しかし曹操と袁紹の差は、周囲に集まっている配下の質の差に表れている感じですが、司馬懿はこれからどうするのかな?

23話

柳毅の批判をうっちゃって儒学生らの集団を後にした司馬懿たちに崔琰が話しかけ、先ほどの内容は冀州以外の者への偏見が過ぎる、と批判を述べる。父の威光と司馬懿の頭脳に頼った審栄は、崔琰にも威張った態度をとって険悪になる。そこで司馬懿は「高潔さを辞任するなら許都で皇帝に仕えては」と崔琰を言い負かす。ますます得意げな審栄は、父に頼んで司馬懿に官位をもらってやると約束する。
崔琰は孔融並みにまじめな人なのですよ…そういう人は曹操の下では不幸になる法則…

楊平と伏寿、曹丕は人気のない村にたどり着き、そこで体を休めることにする。曹丕は食べ物を探しに出て兎をしとめて戻るが、伏寿が楊平に「曹操の息子をそばに置くのは蛇を飼うようなもの」と言っているのを聞いてしまう。しかし楊平はこれを機会に曹操がどんな人か知りたいと考えており、伏寿を呆れさせる。
この後曹丕が袁紹の領地・鄴へ行きたいというので、楊平も鄴へ向かって袁紹に会うことを決意する。楊平が村の荒廃に心を痛める様子に、曹丕は曹操の詩(「蒿里行」)を口ずさむ。それを聞いて楊平は、あらためて曹操がどんな人物かを考えるのだった。
さすが曹操の息子だけあって、曹丕の有能さは恐ろしく信用ならないのですが、楊平はどこまでわかっているのかなぁ…曹丕は楊平の人柄に感じて勝手に死んでくれませんよ?

三人が休んでいた民家に、ここは自分の家だという少年が現れ、みんな逃げてしまったが、自分は戦に出て功を上げたいと語る。それを聞いた曹丕が自分の短剣を与え、官渡の曹操の元へ行くようにと言う。曹丕が曹操のことを「この戦いに勝つ人だ」と少年に説明したのを聞いて、楊平と伏寿は複雑な気持ちになる。三人が先に進むと、少年の父親が我が子を探していた。上の子たちは戦死し、少年しか残っていないのだという。その父親の後姿を見送り、楊平は「これが朕の天下だ。そして変えねばならぬ天下でもある」とつぶやく…
曹丕のドヤ顔に比べて、楊平の方が王者の苦悩を理解しているあたり、将来的にこの二人に起る出来事が皮肉でならないのですが、曹丕はここからどう成長するのでしょうか…

審栄は司馬懿に、父親からもらった役職の令牌を渡す。司馬懿は審栄を強い酒で酔い潰し、牢の鍵を奪って唐瑛の牢に侵入する。しかし手錠の鍵が合わなかったために唐瑛を解放することはできず、「これからはいつでも会いに来る」と約束する。唐瑛は、曹操のところにも袁紹のところにも居場所がない自分はこれからどこへ行けばいいのかと言うが、司馬懿は「温県に来て自分の妻になればいい」と、唐瑛を一生守ると誓うのだった…
出てくる男たちがダメ男ばかりなので、司馬懿が相対的にいい男に見える錯覚…

賈詡と郭嘉は許都を脱出し、曹操の元へ向かおうとしていた。賈詡は皇宮から外に出して袁紹軍の手に落ちた皇帝を心配するが、郭嘉はいつもの調子で飄々としている。実は賈詡は劉協の才覚を買っていて、「自分の選んだ皇帝がどんなことを成すのか、陛下の意志によってこの世がどう変わるのか見てみたい」と期待しているのだった。
この賈詡の評価は意外でした。結局賈詡は劉協が別人になったことは承知の上??

楊平たちは鄴に到着するが、町は物乞いであふれていた。「鄴は豊かで袁紹は貧しい者に家を与えた」と聞いていた楊平は衝撃を受ける。袁紹の見かけだけの景気政策を目の当たりにして、楊平は郭嘉が「袁紹は目の前の者には同情しますが、それ以外は気にしない」と言っていたことを思い出す。その様子を任紅昌が尾行して見ているのだった…
楊平たちは賑やかな通りに出て、儒学生たちの議論場を見つける。「漢王朝は終わり」という論を聞いた楊平は前に出て行って、皇帝の施策の的確さを論じて柳毅らを論破し、賛同を得る。その様子を審栄と見ていた司馬懿は「また私に面倒をかけるのか」とため息をつく…
任紅昌が鄴に来ているということは、郭嘉も来ているということではないでしょうか…

楊平を見守っていた伏寿は、儒学生の群れから抜け出した男に声をかける。その男は伏寿の父・伏完の門下生で盧毓だった。玉佩で自分の身分を証明した伏寿は、演説しているのが皇帝陛下だと語り、盧毓に陛下を守るようにと命じる。
楊平は学生たちに囲まれて歓談していたが、漢王朝賛美が袁紹を貶されたようで気に入らない審栄は、部下たちを引き連れて学生を排除にかかる。しかし学生たちには審栄を笑いものにするのだった…
盧毓のひとは地味ながらもイケメンなので、これから活躍してくれるかな、楽しみです!

24話

楊平が袁紹を揶揄したことで、審栄は楊平を捕らえさせようとするが、儒学生たちの激しい抗議の前にひかざるを得ない。楊平はそこで郭嘉が言っていた「袁紹は寛容に見えるが疑心が強く、登用するのは身内のみ」「曹司空は英知に富み、その才で人を判断し情実を交えないため、ゆえに度量で勝る」という人物評価を思い出し、実感するのだった。
司馬懿は、審栄から楊平の一件で泣きつかれ、自分が策を講じると申し出る。
郭嘉の的確な人物評は怖いくらいですが、袁紹の配下がポンコツすぎるんですよね…

楊平と伏寿は鄴に来たことをようやく楽しむ余裕ができていたが、それで天下にすべてを明らかにした後、「私たちはどうなる」と考え始める。しかし手持ちの銭がなく、今夜泊まる宿が見つからないで困っていたところ、「主人がお招きしたい」と声をかけられ、邸宅に案内される。楊平とだけ会うという、その主人とは崔琰だった。崔琰から「本当の素性を教えてくれ」と言われるが、楊平は「皇帝の命できた使者」だと説明する。三人は崔琰宅に泊めてもらえることになる。
タダで泊めてもらえると思って、昼食でお金使い果たすとか、どこの皇帝様ですか!

伏寿と楊平は市場へ買い物に出かけ、値切ったり交渉したりと楽しい時を過ごす。そこに怪我をした女性が助けを求める。伏寿は止めるが、楊平は連れて帰って手当てを行う。するとそこに審栄が「お尋ね者をかくまった」と踏み込んでくる。仕方なく楊平は審栄に拘束されて連れていかれる。曹丕はそれを見て「私怨を晴らすために陥れられた」と…
楊平を呼び寄せるために、あの女の人は怪我までさせられたのですかね?非情な…

楊平は牢の拷問部屋に拘束されるが、そこに司馬懿が現れる。再会を喜ぶ二人だが、楊平は司馬懿に鄴でするべき三つのことがあると語る。「唐瑛を見つける」「名家の子弟である儒学生の力を手に入れる」そして「袁紹の持つ内通者の名簿を手に入れる」ということだった。そこに崔琰が儒学生を連れて楊平の解放を求めて騒ぎを起こす。崔琰のほかに盧毓や柳毅の協力で楊平は解放されるが、曹丕は司馬懿の姿を見て不思議に思うのだった。
楊平が急に生き生きし始めて、どんだけ司馬懿が好きなのよ、って感じがしますよね~

心配していた伏寿だが、楊平が司馬懿に会えて上機嫌で戻ってきたのを見て呆れる。翌日、楊平は曹丕を買い物に行かせて司馬懿を呼び寄せる。唐瑛の拘束を外すために糸鋸を入手し、唐瑛にはあと数日我慢するようにと伝える。
一方、外に出た曹丕は許攸の屋敷を訪れる。しかし面会のための袁紹の許可状がなかったために追われる羽目に。しかも逃げている最中に謎の美女に助けを求められ、美女の配下らしい兵士に囲まれ連行されてしまう。美女は袁紹の次男・袁煕の妻、甄宓で、屋敷を抜け出して追われている所だった。その曹丕を取り調べるためにやってきたのが司馬懿だった…
曹丕が「前もって」甄宓を知って恋に落ちていた、という設定はなかなか面白いですね。

22~24話の感想

鄴で、袁紹につながる新しい登場人物が何人か出てきました。まずはシブオジ崔琰。彼は現在袁紹側ですが、史実では曹操側に転向し、後に曹丕の側近となる人物です。「三国志~司馬懿 軍師連盟~」では序盤で地味にキーマンとして登場していたのでご記憶の方もおられるかもしれません。それと伏完の弟子という盧毓。盧毓の父は劉備の師である盧植。盧毓も先々曹丕の配下として活躍していく人物になります。

そして甄宓が登場しました!彼女はこの先曹丕と…ということになるわけですが、曹丕と関わらなければもう少し幸せになれたかもしれない女性なのですよね…。しかし甄宓を演じているトレイシー・ワン(汪小敏)、日本でもウケそうなかわいらしさですね~!でも彼女は女優さんではなくて、歌手としての活動がメインの方のようです。
その登場の前に、曹丕が許攸の家に出向いて兵に追われていましたが、これは10話で曹丕が胡車児を仇討ちで殺そうとした時に「許攸に会って魏蚊、宛で大曹に克つ、と言ってみろ」と言い残して絶命したことからきています。なるほど、許攸は袁紹の配下なので、曹丕がその遺言を確認するのには鄴に出向かないといけなかったわけですね。曹丕がなぜのこのこ鄴にやってきたのか、理由がよくわからなかったのですが、許攸を訪問したことで「あ、それか~!」とやっと理解しました。

さて、楊平と司馬懿が再会しました!嬉しそうな楊平、それに焼きもちを焼く伏寿、という構図がかなり笑えました。楊平が女性を助けたことで、審栄の罠にはまって連行される場面ですが、審栄が「無用な情けをかけるからだ」と言ったことで、おそらく楊平は司馬懿が絡んでいることに気づいて連行されたのだと思います。第1話で楊平と司馬懿が賊を退治していた時に「無用な情け」という言葉が出てきたので、矢尻を送ったのと同様、「無用な情け」は楊平と司馬懿の間で通じるキーワードなのかもしれません。
やっと二人が協力することができるようになりましたが、司馬懿がいればという楊平の万能感はちょっと危険♪ 曹丕もいますしね。許都の閉塞感に比べて、鄴のフリーダムな空気と司馬懿というチートアイテムを手にした楊平は、果たして無事に三つのミッションをクリアできるのでしょうか?
司馬懿と唐瑛の恋の行方もどうなるのやら。このドラマと同じ脚本家の「軍師連盟」には、司馬懿の妻は正妻・張麗華と側室の柏夫人が登場していましたが、史実ではもう一人「伏夫人」という側室がいたので、唐瑛が伏寿の身内設定で温県にたどり着くことになるのか、とか想像をふくらませてしまいます。あの二人くらいはハッピーエンドになってくれるといいのですが、どうでしょう…




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です