上陽賦-運命の王妃-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇帝崩御に伴う王藺の帝位奪取計画は失敗し、王儇は誕生日に母と我が子を同時に失い、父だけは蕭綦によって助けられますが、心に深い傷を負うことに。蕭綦は新帝の補佐になり、朝廷は新体制が始まりますが、依然力を持つ皇太后が懐妊した宛如の排除に動きます。

皇太后が側室目的で思わぬ地雷を抱え込んだり、賀蘭箴が再び王儇ストーカーと化したりと、今回は不安要素がいくつもスタートします。でも一番心配なのは、色んな意味で宋懷恩ではないかと思われます。どうなっているのか宋懷恩、それでいいのか宋懷恩!

スポンサーリンク

【上陽賦(じょうようふ)】(ネタバレあり)

第34話「渦巻く欲望」

皇太后は側室を迎えるよう説得するが、皇帝子隆は時期ではないと渋る。しかし婚姻で士族の力により皇帝の権威を盤石にするべきだと皇太后は諭す。
皇太后が盤石にしたいのは、皇帝の権威というより王氏の権威ですよね♪

王儇は蕭綦を実家に連れ帰る。何者かが池にわざと石を投げ込んでしぶきをかけたため蕭綦が怒ると、それは上京してきた従妹の王倩の仕業だった。王倩の母(薛氏)の無礼な態度に、王儇は思わず蕭綦をその場から逃がす。
王倩は、琅琊の本家を守っている王藺の弟の娘、ということなのでしょうか

今回の忽蘭からの使者の訪問について、蕭綦は忽蘭南下の作戦の一部であろうと見ていた。長く戦場を離れ皇都に滞在することで、兵士が闘志を失うのではと恐れつつも、皇都を守ることは民の安寧を守ることだと蕭綦は考える。
蕭綦に従順な胡光烈が、かわいくてなごみますよね♪

「王倩母娘の来訪は、皇太后による王氏復興のため」と王夙から聞いた王儇は、その意図を察する。一方宛如は、側室の件で子隆に物わかり良く振舞い、寵愛を深めることに成功する。
王倩は皇都での豪勢な暮らしにはしゃいでいたが、母から「王儇は流産してこの先も子を持てない」という話しを聞かされ、この先豫章王の心も離れるだろうと見る。王倩は皇太后に入宮するよう期待されており、この機を逃さないようにと母から言い含められる。
王倩が皇太后のプッシュで側室になったとしても、所詮宛如の敵ではないような…

王倩は皇太后に面会するが、無邪気過ぎる王倩に皇太后は呆れる。皇太后は王倩と子隆を引き合わせるが、王儇の気品の前では王倩は引き立て役に。宛如は「王儇に似た女人」の来訪を聞き、皇后の座を奪われると危機感を抱くが、皇太后は「人選を誤った」と思っていた。
子隆が王倩に目もくれず、王儇の方しか見ていないのが全てですよね♪

王儇は子隆に「話がある」と言われ、幼馴染みに戻って語り合うが、実は蕭綦が一晩中跪いて王藺の助命を嘆願したのだと聞かされる。子隆に「母はあの日、父の死に関与したのか」と尋ねられ、王儇は否定するしかできないが、子隆は納得して喜ぶ。
子隆は最初の頃に比べたら、かなり進歩はしている、とは思いますが…

王倩が「皇宮も王府に比べたら大したことない」と軽口をたたいていたところに、偶然を装って宛如が出会う。宛如は王儇に似ていると言って腕輪を贈り、王倩は大喜びする。
王倩の実物を見て、ただの王儇のフェイクだとわかり、これで宛如も安心したのでは

皇太后は丞相となった温宗慎を呼ぶが、温丞相は臣下の姿勢を崩さない。側室に反対した件で、旧情を持ち出して説得され、温丞相は「私が皇太后と陛下をお守りする」と屈する。
昔の想い人に昔の呼び方で呼ばれる、というのは特別なものがあるのでしょうか

兵士の冬服が足りない上に粗悪と聞いた蕭綦は、寧朔軍に劣等感を抱いている江南の兵にも冬服を与えるよう指示する。また、粗悪な冬服の出所と金の流れも調べさせることに。
いまだに謇寧王の件が影響を残しているのですね。あの冬服はチクチクしそうです

王倩は、皇都では「阿嫵に似ている」としか言ってもらえないことに不満を漏らす。母・薛氏は「皇都ではいかなる時も注意しなければいけない」とたしなめるが、自分も王夙の悪口を聞かれそうになり様子を伺うが、王夙がこのまま滞在を勧めたため安堵する。
王夙が髪を結い上げて家職に指示を出し、しっかり屋敷の主人になっていましたね

以前宛如が子隆に推薦した謝守正が戸部に役職を得たため、お礼に翡翠の麒麟を持って挨拶に訪れる。宛如は重要な役目だからしっかり務めるようにと念を押す。
宋懷恩は皇帝陵から戻ってきたが、侍女の阿越に玉秀の薬を託す。それと一緒に皇帝陵から持ってきた蘭の鉢植えを渡すが、阿越は玉秀への贈り物の花だと誤解してしまい、宋懷恩は本当のことが言えずにため息をつく…
宋懷恩はそこでちゃんと説明しないから誤解されるのに…

スポンサーリンク

第35話「忽蘭からの使い」

王儇は徐女官に、戻ってきてから別人のようになってしまった錦児について相談し、姉妹のように成長してきた錦児を思い、そろそろ縁談をと王儇は考える。
子澹と錦児の関係は謝府の中の秘密になっていますが、責任は取らないのですかね?

胡光烈は戸部の官吏である謝守正を尾行して「聚賢酒館」にたどり着く。謝守正は贅沢三昧の接待や、業者から巨額の賂を受けているとわかり、胡光烈は捕らえようと焦るが、部下に慎重にと止められる。
胡光烈のナイスキャラはなごみますね。宛如がもらった翡翠の麒麟も、こうやって悪徳業者が兵士の冬服を粗悪にした上がりで作られたものなのでしょうか…

いまだに肩が痛むと言う玉秀に、王儇は嫁入りまでに傷が消えるようにと傷消しの薬を塗らせる。王儇は宋懷恩のことで玉秀をからかうが、宋懷恩が皇帝陵から蘭の鉢を持ってきたのを見て、自分の頼みを宋懷恩が律儀に果たしてくれたのだと気付く。
玉秀と宋懷恩は両思いだと既成事実化されていますが、それでいいのでしょうか?

王儇の琴の音を聞き、宋懷恩はここまで回復したと思うが、蕭綦はまだ心の傷が癒えていないと感じる。宋懷恩は子澹を皇帝陵に送る途中尾行され危険だったことから、護衛を配置した。子澹がそれを感謝しなくても、王儇の命を救った借りがある、と蕭綦は考えていた。
たまには子澹に蕭綦に勝てる要素を作ってあげてほしくなるほど、圧倒的な差ですね

皇都を訪れた忽蘭の使節団の行列で、使臣の忽耶奇の挑発に胡光烈は怒りをこらえる。豫章王府に忽耶奇が王儇に会いに来たので、王儇は蕭綦同席で会うことに。忽耶奇は賀蘭箴の命で、王儇に霍独峰に咲くという至宝「氷綃花」を贈ってくるが、その花の下にかつて王儇が賀蘭箴を刺し殺そうとした簪が隠されていた。その意図を、王儇は「賀蘭箴なりの謝罪なのかも」と考えるが、蕭綦は様子を見ようと言う。
久々登場の賀蘭箴ですが、相変わらずねちっこく揺さぶってきますね♪

朝堂に賀蘭箴らの忽蘭の使者が訪れ、子隆の即位を祝い、大成との同盟を結び友好を深めるため、賀蘭箴の兄・賀蘭拓に大成の公主を妻として迎えたいと言う。賀蘭箴は士族の女人を選んで公主に封じて婚姻させれば、軍を引き在位中は兵を出さないと言うので子隆はその条件を受け入れる。しかしそこで賀蘭箴は歓迎の宴に王儇の出席を要求してくる。
大成にとってメリットがあるようでいてあまりないような…

宛如は豫章王の元に賀蘭箴が訪ねたと聞き、宿敵同士の対面の事情を錦児に探らせようとする。同様に皇太后にもその情報がもたらされ、賀蘭箴が蕭綦を母の仇と恨んでいることを利用しようと考える。その頃、皇帝陵の子澹にも伝書鳩で密書が届けられる。
錦児は子澹の知らせ欲しさに宛如の使いの呼び出しに応じ、「殿下のため」と言い含められ、自ら望んで間者の役目に身を投じる。
賀蘭箴の到来で、にわかにきなくさくなってきましたね~

賀蘭箴が王儇の出席を求めてきたことで、子隆から相談を求められた宛如は「宴を延期し、士族の女人を呼び集めて公主に封じる女子を選べばいい」と提案する。子隆は蕭綦に、公主になるのは顧氏の娘・采薇に決まったと知らせ、忽蘭からの使臣と衝突してはならぬと蕭綦に言い含める。
子隆は蕭綦のまったく噛み合わない主従関係が、なんともモヤモヤしますね♪

胡光烈は謝守正の出入りした私邸に侵入し、機密の取引帳簿を入手する。蕭綦は明日その帳簿を皇帝に提出しようと考えるが、帳簿の中に宋懷恩の名前を発見し、思い悩んだ挙句その部分だけを破棄する。そこに王儇から玉秀の夫候補として宋懷恩の名が挙がる…
これは一体、どういう事情で宋懷恩が悪徳業者と関わるようになったのでしょう?

スポンサーリンク

第36話「封印した心」

王儇から「玉秀の夫として懷恩をどう思う?」と聞かれた蕭綦は、「懷恩には心配事が」とあいまいにごまかそうとするが、王儇は隠し事をしないでと約束させる。
このタイミングで宋懷恩の、しかも玉秀との婚姻の話題、答えにくそう~!

錦児から「豫章王妃は賀蘭箴から至宝・氷綃花を受け取った」と聞いた宛如は、王儇を貶めるためにその噂を流させ、最後に笑うのは誰か見せてやろうと王儇への敵意をむき出しに。
王儇の望まないところで、王儇と宛如が王氏と謝氏の代理戦争化していきますね

兵士の冬服と練炭を宮殿改修のため送れず、「慎め」と言われたと聞いて激怒した蕭綦だが、兵の遺族のため余剰金も俸禄も使い果たしていた。宋懷恩は自分の金を使おうと提案するが、蕭綦に玉秀との婚姻に使えと言われうまく弁解できない。宋懷恩が夢に見るほど想っていたいたのは、実は王儇だったのだ…
夜中に「阿嫵~!」とか叫びそうになっているとか、これはちょっと大問題…

蕭綦が不在の間に、賀蘭箴と忽耶奇がまた豫章王府に来て、王儇に会おうとする。蕭綦は怒りを抑えて追い返すが、賀蘭箴は王儇の話題を出すことでわざと蕭綦の警戒を誘ったのだ。9日の宴に参席するよう皇帝の命が届き、王儇は賀蘭箴を恐れず出席することに。
賀蘭箴の真意が今一つ読み取れませんね。王儇に恥をかかせてどうするつもりやら

王儇は延々続く薬の服用に不満を抱いていたが、徐女官が薬の匂いに違和感を覚える。王儇は宋懷恩を呼んで蘭の花の礼と、玉秀への想いを尋ねる。宋懷恩は「玉秀との婚姻を望みます」と申し出て、王儇に何度も念を押され、命を懸けての忠誠を誓う。
宋懷恩は忠誠を尽すことで王儇への愛に代えるのでしょうが、それで玉秀の気持ちは?

王倩は皇都見物のついでに豫章王府を訪れ、中を見て回るうちに足を滑らせて玉秀を巻き添えに転び、宛如から賜った腕輪を割ったため、玉秀のせいだと激しく折檻する。知らせを聞いて王儇と宋懷恩が駆け付け、王儇は玉秀を守って「私と皇太后を命がけで守った者」と言い、王倩を王府から追い出す。宋懷恩は玉秀を「私の妻になる人」と抱き上げ、結婚を申し込む。玉秀は喜びにあふれつつも王儇と離れたくないと思う。
王倩は調子に乗りすぎですが、それ以上に玉秀が二重三重に守られていますね♪

王倩は母・薛氏に泣きつき、薛氏は大激怒。蕭綦は玉秀を妹にするよう皇帝に上奏しており、蕭姓を名乗ることで誰も玉秀をいじめないようにするという。蕭綦はこれから王儇が士族の娘として、自分の不在時に一人で戦う苦悩を思い抱きしめる。薛氏と王倩は気持ちが収まらず、皇太后に訴えることに。
玉秀はガチガチに守られていますね~

蕭綦は謝守正の帳簿を子隆に提出し、謝守正の軍需関連業者統制による悪影響を説く。子隆は事態に怒って謝守正を捕らえ徹底調査を命じ、謝氏でも皇后のことは気にするなと言う。
子隆が明君に見えますが、実際これで宛如が泣きついたらわかりませんからね~

皇太后は王夙に王氏の世子としての責任を説き、江夏王に封じ王妃選びも強要する。困惑する王夙に皇太后は王藺の死を伝え、王夙は呆然自失に。王倩は泣いて皇太后に訴えるが、皇太后は件の侍女が玉秀だと聞いて、玉秀は豫章王の妹に迎えられる立場であり、王倩は豫章王の顔を汚したことになると説く。王倩も薛氏もそれを聞いて返す言葉がない。
王倩は、自分の後ろ盾になるべき人たちに泥をかけて回ったことに気付いたでしょうか

王儇は、士族の娘が賀蘭拓の花嫁に選ばれると聞いて絶句する。遠くて寒い忽蘭の上、残忍で暴力的で淫らな男・賀蘭拓の妻に好んでなる女子など到底いるとは思えない…
蕭綦が賀蘭箴を送還した時の話を思うに、賀蘭箴の即位は大成のためでもありますね

スポンサーリンク

34~36話の感想

皇太后が側室をねじ込もうとしたら、とんだ王儇のまがい物だったという大失敗でしたが、あんなのを後宮に入れたら、王氏にとって地雷になりかねませんよね。ただ、王倩と皇太后のやらかしが巡り巡って玉秀の愛の成就につながったので、玉秀にとっては逆の意味で王倩が大恩人になのかも。王倩を演じている曽一萱さんは「如懿伝」では如懿を裏切る野心家の侍女・阿箬役を演じていたこともあり、アクの強い役に縁がある女優さんなのでしょうか。

しかしこんなに宋懷恩に心配させられる日が来るとは思いもよりませんでした。王儇への想いを断ち切るために、玉秀との婚姻を承諾しただけでもおいおいおいという感じなのに、悪徳軍需業者との癒着疑惑が浮上してしまうとは、どういうことなのでしょうか。王儇への横恋慕の方は気付かれず、癒着疑惑も蕭綦が握りつぶしていますが、あともうひとつ何が出てきたらスリーアウトですよ!本当に大丈夫でしょうか?
本人が真面目な人柄なので、知らないうちに取り込まれているのか、蕭綦を陥れるための策略なのか… 玉秀が幸せそうなだけに、なんとかこの不安が払拭されることを祈ります。

そして王儇のストーカーと化した賀蘭箴の久々の登場で、これまた不安しか感じられない存在です。忽蘭の策略なのでしょうが、この先どう動いていくのでしょうか。
物語前半は蕭綦が戦場の英雄としての魅力が物語を救ってきましたが、皇都滞在が長期化して徐々に牙を抜かれていくにつれ、蕭綦が賀蘭箴や見えない敵とどう対峙していくのか、じわり恐怖が忍び寄ってくるのを感じずにはいられません。

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。