上陽賦-運命の王妃-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
朝廷の中で蕭綦を排除しようという動きが顕在化し、その動きの核である皇太后は、王夙と宋懷恩の江南派遣を提案し、蕭綦の孤立を深めようとしていきます。そんな中、王儇は蕭綦に隠れて王倩のために動いたことで、夫婦仲に波風が…

王倩のために多方面に王儇が働きかけているのも知らず、王倩はとうとう豫章王に本格的な色仕掛けを仕掛けてきます。豫章王府を揺るがす小娘の策略と、徐女官の取り越し苦労の暴走は、王儇と蕭綦の夫婦仲にどう影響をもたらすのでしょうか。不安が高まりますね。

スポンサーリンク

【上陽賦(じょうようふ)】(ネタバレあり)

第43話「誠意あるもてなし」

治水が失敗したら王氏の居場所がなくなることを恐れる王夙に、かつて治水にすべての情熱を傾けていた兄を尊敬していた、と王儇は説得する。父と妹がかけてくれた期待に、ようやく王夙はやる気を起こす。
王氏関係なく、色んな枷がなくなった今こそ王夙はやりたいことをやるべきですよね!

王儇の不在を知った薛夫人は、計画の決行の好機だと考える。父と兄を亡くしたためこんな策略をする羽目になった王倩だが、王儇のように夫に薬を盛られるよりはましだと考える。薛夫人が見張りをごまかす間に、王倩は蕭綦の書斎に入り込み、水差しに薬を混入させる。
父も兄も亡くした庶子にはかなりのチャンスだったのでしょうが、色々間違いですね…

王儇は賀蘭箴との面談の場所を江夏王(王夙)の屋敷に変更し、王夙も一緒に会う。王夙は王倩の代わりに別の女性を連れて行ってはどうかと美女を並べるが、賀蘭箴は興味を示さず「豫章王妃の舞が見たい」と言う。王夙は激怒するが王儇は承知し、忽蘭の舞踏を披露する。賀蘭箴は王儇と共に舞って満足し、「期待を裏切らない」と王儇に約束して帰っていく。
忽蘭の舞は、蕭綦に連れて行ってもらった思い出のあの夜に覚えたのでしょうか

蕭綦が帰宅して、王倩は慌てて物陰に身を隠す。蕭綦は申太医を連れて書斎に戻り、王儇の容体について話し合う。申太医は王儇に打ち明けるべきではと言うが、蕭綦には他に手がなく、妻を欺き続ける苦しみを吐露しつつ、水差しの水を飲んでしまう。
お水、飲んでしまいましたね、大丈夫でしょうか?

公主を変更するというので、忽耶奇は「王妃に甘いのでは」と言うが、賀蘭箴は蕭綦を殺す計画には変わりなく、だからこそ王儇に何かしてやりたいという賀蘭箴ののめりこみを、忽耶奇は不安に感じる。王儇は以前忽蘭の草原で舞を覚えていたのだった。王夙は賀蘭箴を信用できず、玉岫を殴った王倩をそこまでして助ける意味がわからないが、王儇は「婚姻の強制が嫌」なのだと答える。妹の夫婦仲が心配になった王夙は、王儇の後を追うことに。
忽耶奇の心配はきっと当たると思いますけどね~♪

蕭綦は王儇の遅い帰りに苛つくが、次第に薬の効き目が現れ、近づいてきた王倩を王儇だと思いこんで抱きしめたものの、気が付いて拒絶する。受け入れられないとわかった王倩は、泣いて「大王に襲われた」と騒ぎながら書斎を飛び出して池に身を投げ、薛夫人は大げさに騒ぎ立てる。王儇は事態を収拾するために蕭綦を王倩の部屋に呼ぶことに。しかし劉執事が呼びに行くと、蕭綦は自分の手を切って血まみれになっていた…
計画としてはボロボロですが、相手が蕭綦でなかったらうまくいったかもしれませんね

スポンサーリンク

第44話「欲望の代償」

蕭綦は排毒のために自らの手を切って血まみれだった。徐女官は、王儇を案じて訪ねてきた王夙に「豫章王は王妃を散々苦しめている」と訴え、避妊薬のことも打ち明けたため、王夙は蕭綦が王氏を軽んじている、と激怒する。
徐女官の事態を悪化させる才能は、まさにお見事としか言いようがないですね♪

王倩と薛夫人は、大ごとになれば蕭綦も側室にせざるを得ない状況に追い込まれるだろうと考える。事情を聞きに来た王儇に、王倩は避妊薬のことを暴露し、蕭綦が「子を産めない王儇の代わりに、お前が産んだ子を王妃の子として育てる」と言って抱いたのだと吹き込む。王儇はその話を確認するために、申太医を呼ぶ。
こんな話が成功して王倩が王府に入ったら、次にやるのは王儇の排除でしょうからね…

激高した王夙は蕭綦を怒鳴りつけ、排毒のために手を切ったと聞いても耳を貸さない。
薛夫人は王倩を側室に認めさせる話をつけようとするが、王儇は騒動を収めに書斎へ向かう。そこで薛夫人は、蕭綦が否定しても言いふらして騒げば婚姻は消滅だ、と高をくくる。
いますぐ王倩をふんじばって忽蘭に送りつけたくなってきますね~!

王儇は血まみれで座り込む蕭綦を見て、様子がおかしいことに気付く。徐女官は蕭綦が陥れられたことに気付き、避妊薬も王儇を思ってのことだったと王夙に説明する。王倩のことも何か裏があるのではというので、王夙は申太医から真相を聞くことに。王儇は蕭綦が避妊薬を飲ませたのは自分への深い愛情ゆえだとわかり、もう二度と蕭綦のことを疑わない、と思う。申太医によると、蕭綦は強力な媚薬を大量に盛られたのだった。
徐女官が自力で解決できてよかったです。大いに反省して欲しいです

王儇は王倩にどうやって大王の書斎に入ったのかを問いただす。王倩は正面から入ったと言うが、守衛兵たちは王倩を見ていなかった。それでも白を切る王倩の体には、媚薬である綺羅香の香りが残っていた。しかし薛夫人はあくまでも濡れ衣だと言い張り、王儇を怒らせる。
体に媚薬の香りが残っていても、割と言い逃れできそうな気がしますが…

王夙は蕭綦が誰かにはめられたと考えるが、綺羅香を飲んだのに蕭綦が理性を保ったと知って驚く。王夙は否定を続ける王倩たちに、王儇が賀蘭箴に頭まで下げて婚姻を破棄させたことを知らせる。一転して王倩たちが罪を認めたため、王儇は賀蘭箴の文を燃やし、忽蘭に嫁ぐように命じる。
劉執事の「さすがは江夏王」には笑いました。王倩はそれだけのことをしましたよね!

皇太后は王倩が引き起こした騒動を聞いて呆れ、子隆の側室にしなくてよかったと思う一方、王儇への信頼度は増し、「大事にしながらも用心しなくては」と考える。
皇太后が完全に他人事なのがちょっとムカつきます。発端は皇太后なのに~

皇帝から婚姻を命じる詔書の使いが正式に下され、王倩は泣き叫び王儇を詰り続ける。王倩の輿入れと宋懷恩の婚礼は同じ日で、王夙は婚姻の後、薛夫人を琅琊に追い返すことに。
騒動が去った豫章王府では、朝食の席で蕭綦が突然酒を飲みたいと言い出し、王儇に王藺の死を打ち明ける。王儇はなかなか信じられないが、事実だと知って衝撃を受ける。
王夙は今回のトラブルを通してすっかり当主らしくなりましたね、怪我の功名ですね♪

賀蘭箴は婚姻破棄の撤回について、何があったのか知るために錦児から事情を聞きだすことに。錦児は「故郷からの文」を装った謝氏からの密書で、子澹が皇都に戻ったことを知り、喜びで涙する。錦児は子澹に春来巷という場所に呼び出されるが、子澹の苦労を心から思う錦児に、子澹が尋ねたのは王儇の安否だった…
子澹は錦児を無視していたくせに、王儇の話を聞くためなら話しかけるとか、酷い…

スポンサーリンク

第45話「喜と悲」

錦児は子澹に、王儇が元気で蕭綦に大事にされていると説明しつつも、王儇にこだわる子澹に苛立ちを感じる。子澹は錦児に王儇を裏切って協力する覚悟を迫るが、錦児はもうすでに子澹のために王儇を裏切っているのだと、子澹を守るために宛如に脅されて王儇に仕えたことを打ち明け、子澹のためならどんな代償も払うと、唯一の忠誠を誓う。子澹は宛如や豫章王府の動きを自分の腹心に伝えるよう言い含め、錦児の恩に報いると約束する。
錦児の雇い主増える一方ですが、錦児にとってはこれで報われた思いなのでしょうか

父の死を知って寝込んだ王儇は、申太医に鎮静剤を処方されるが、今までの身心の傷に加え、またも心に負担がかかり、これ以上何かあれば命さえも危ぶまれると診断される。申太医は賀蘭箴が贈ってきた「氷綃花」を煎じて飲めば十数年寿命を延ばすが、飲んだ後に妊娠すれば必ず命を落とすと語り、蕭綦はそれを受け入れる。
あの花は伏線でしたか!これで賀蘭箴は王儇の命の恩人になるということに?

王藺の亡骸はすでに名もなき墓石の下に葬られており、皇都には戻らないと聞き、王儇は優しい父との楽しかった日の夢を見て、このまま目覚めずにいられたらと思う。徐女官は蕭綦を誤解したことを謝罪し許される。父の死に苦しむ王儇に、蕭綦は子を持たずに王儇と二人で生きていくために、王儇を失いたくないのだという思いを語る。
子を残し、家をつなげるのが第一命題のこの時代、かなり重い決断になりますよね…

子隆は夜遅くまで政務に励んでいた。後宮には妃嬪が入宮し、皇太后の差し金で宦官が別の宮に訪れるよう促すが、無視して宛如の元を訪れる。子隆は心から宛如の側でしか安らぎを感じられなくなっていた。子隆の心を掴んだ宛如は、些細な不安要素でも用心した方がいいのでは、と子隆の不安を煽り始める。
宛如を娶った結果、今の子隆は幸せそうですが、これから宛如が本領を発揮しそうです

皇太后は「私がいるうちは、皇后は昭陽殿で安眠できぬ」と強気を崩さない。宴で見かけた顧采薇のことを気に入った皇太后は、子隆の側室が無理なら、王夙の相手にと考える。
顧采薇はいい子でしたから、王夙を幸せにしてくれそうな気がしますね~

宋懷恩の新しい屋敷の準備ができたと知らせが入り、胡光烈は羨ましがりつつも、仕事を切り上げさせ屋敷へと送り返す。宋懷恩は主となった粛毅伯府の前に立つが落ち着かない…
宋懷恩が手にした贅沢を、この先当たり前だと思わないように祈ります

王倩が泣きながら忽蘭の花嫁となって旅立った同じ日、豫章王府から玉岫が花嫁として嫁いでいく。寧朔から苦楽を共にした玉岫との別れは、王儇にとってめでたくもつらい日となった。泥酔した宋懷恩には花嫁が王儇に見えるが、想いを押し殺して玉岫を娶る…
そして婚姻からすぐ、新婚の玉岫を残して宋懷恩は江南へと旅立っていく。
宋懷恩が失言するのではとハラハラしました。忽蘭は地雷を贈られたことになりそう♪

江南は難民であふれかえり、王夙と宋懷恩は早速治水対策に取り掛かる。しかし排水路はすぐに雨で流され、疫病の薬も底を尽いて手詰まりに。王夙は避難民の中から動ける者を工事に徴用して、兵を休ませ難民に仕事を与えようとする。王儇は大雨を眺め、便りのない江南の王夙を案じる。その頃、昭陽殿では宛如の出産が始まろうとしていた…
意外にいいコンビになりそうな二人、頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク

43~45話の感想

日本国内向けカット版だと、オープニングとエンディングの曲が流れるクレジット部分がほぼ9割カットされているので、国内版をご覧になっている方にはわからない話になりますが、ここまでずっと「エンディングのあの変な舞は何?」と思ってこられた方は、王儇と賀蘭箴の忽蘭の舞を見て「これか~!」と納得されたのではないでしょうか。王儇にしてみたら、あの舞は蕭綦との思い出の夜に覚えた舞であり、賀蘭箴のためではないのですが、賀蘭箴は「忽蘭に興味=自分に関心」と完全に勘違いしてしまったかもしれません。
あんな怪しい舞を、王倩のために屈辱をこらえて舞って接待したのに、それを王倩本人が全部パーにしてしまいました。信頼は信じただけ、恨みは恨んだだけすべて己に帰ってくるものなのですね…

蕭綦が最終的に王儇に信じてもらえたのも、日頃の行いの積み重ねがものを言ったように思います。しかし蕭綦は、綺羅香を盛られても理性で思いとどまるとか、子供がなくても二人だけでいいとか、どこまで完璧なんですか!好感度が暴落している宋懷恩や、錦児を利用する時だけいい顔をする子澹、ストーカー気質の賀蘭箴に、みんなまとめて蕭綦の爪の垢を煎じて飲ませたいです♪ あまりに蕭綦が完璧なので、一週間くらい交代で皇太后と宛如に蕭綦を貸してあげたら、大成の内政がきっちり正常化するのではないでしょうか。

しかし王倩はあの場で宛如の名前は出さなかったのですね、残念です。
皇帝を完全に囲い込み、徐々に蕭綦に対する不信感を植えつけ始めた宛如が、皇子を出産したらますます存在感を増すことになりそうです。軍を持っている、というだけで、皇太后と皇后の両者から潰されようとしている蕭綦ですが、これはもうこの先、蕭綦を皇帝に立てて、寧朔が独立国家になるしか生き残る道はないような気がしてきました。寧朔軍が逆賊になる日… それは見たくないですね…

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。