夢幻の桃花-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

自分が変えてしまった人間界を元通りのシナリオに戻すべく人間界に戻った白鳳九。
しかし前回、玄仁と恋する予定の相手・周夢溪が死んでしまっていたことが判明し…。

【夢幻の桃花】(ネタバレあり)

13話

亡くなった周夢溪の代わりに玄仁を自分に惚れさせなければならなくなった白鳳九は「前に玄仁と池に落ちた美女は自分だ」と申し出ることに。
それを知った玄仁は驚きながらも、白鳳九に妃の位を与え王宮で暮らすことに。
その様子を見ていた葉青緹は複雑な表情を浮かべるのだった。

どうやら葉青緹も白鳳九に惚れているっぽいですね

一方、楚宛(姫蘅)は部下と共に霊璧石のありかを探していたがなかなか特定できずにいた。
そして調べの結果、大王の寝殿にあるに違いないと思った楚宛(姫蘅)は、大王の寝殿に入るため玄仁と仲良くなろうと企み、早速動き始める。
その後、亡き母の話で玄仁の同情をひいた楚宛(姫蘅)は、誕生日に2人で一緒に過ごす約束を取り付けるのだった。

楚宛(姫蘅)の作戦は順調に進んでいるようです

その後、楚宛(姫蘅)が何か企んでいると怪しむ玄仁の兄・玄応は楚宛(姫蘅)に直接そのことについて探りを入れる。
しかし、楚宛(姫蘅)は「何も企んではいない」とあしらう。
すると玄応は「これ以上思い上がって軽率に動いたら容赦はしない」と警告し、その場を立ち去るのだった。
その後、玄仁は楚宛(姫蘅)の部屋でお茶をしていた。
すると小九(白鳳九)が卒倒したとの知らせが入り、玄仁は慌てて彼女の元に向かうのだった。

玄仁の白鳳九への想いの強さが伺えました…

14話

突然卒倒した白鳳九と、その知らせを受け駆けつけた玄仁。
白鳳九が卒倒した理由は人間界で仙術を使ったことによるツケだった。
その夜、回復した白鳳九のもとに玄仁がやって来る。
そこで白鳳九の好物・焼き芋を手渡し元気付ける玄仁。
白鳳九は嬉しくなりながらその焼き芋を食べるのだった。

2人はいい雰囲気ですね

その後、白鳳九は玄仁にお礼するため菓子を作ることに。
その菓子は東華帝君が好んで食べていた無憂糕。
白鳳九がお菓子作りに励む中、葉青緹がやって来たため味見してもらうことに。
すると2人の仲睦まじい様子を玄仁が目撃。
玄仁はショックを受け、その場から立ち去るのだった。

これにより2人が揉めなければ良いですが…

その夜、玄仁に無憂糕を持っていく白鳳九。
しかし玄仁は葉青緹のことで拗ねていて、白鳳九に冷たい態度をとり帰らせる。
その直後、無憂糕を一口食べた玄仁はその美味しさに感動。
白鳳九に冷たい態度をとったことを後悔するのだった。

素直になれない不器用な玄仁の様子が可愛らしかったです

その後、玄仁は楚宛(姫蘅)と話していた。
そこで玄仁は乞巧節の宴の際に白鳳九に無憂糕を作らせるよう命じた。
その後、宴用の無憂糕作りを命じられ、作り終えた白鳳九。
すると楚宛(姫蘅)の部下が厨房に誰もいない隙に無憂糕に毒を入れようとする。

楚宛(姫蘅)の計画に白鳳九が邪魔だと考え排除しようと企んでいるです

しかしそれを目撃した楚宛(姫蘅)は部下を止め、「私たちの仕業だとバレれば無事では済まないから勝手な事をするな」と叱りつけるのだった。
その後、宴が始まり白鳳九が作った菓子が運ばれてくる。
するとここで予期せぬ事態が。
玄仁たちが食べる前に大内官が毒味をしたところ、その中に毒が入っていたようで、大内官は突然倒れ死亡。
白鳳九は菓子に毒を入れたと疑われ投獄されてしまう。
玄仁は白鳳九が無罪だと信じ、葉青緹と一緒に彼女の犯行ではないというその証拠を見つけることにした。

一体誰が毒を入れたのでしょう…

15話

白鳳九が投獄され、彼女の無罪を証明するため調べを進める葉青緹だったが、なかなかその証拠を見つけられずにいた。
そんななか、何かヒントを得ようと葉青緹は投獄中の白鳳九の元へ。
そこで白鳳九が作った菓子の材料が彼女の故郷のものだと知った葉青緹は故郷はどこかなど、聞き出そうとするも、白鳳九は何も話さない。
葉青緹は「何も話さないなら無実を証明できない」とガッカリした様子で立ち去るのだった。

話したいけど話せない…なんともやるせ無いですね…」

その後、白鳳九が心配な玄仁は投獄中の白鳳九の元へ。
そこで無実を証明するためにも故郷の場所や王宮に来た理由などを尋ねるも、白鳳九は「言えません」と返答。
玄仁はガッカリしその場から立ち去るのだった。
その後、葉青緹の調べにより菓子が運ばれた際の器に毒が塗られていたことが判明。
しかしその皿は既に処分されてしまっていた。
その後、玄仁など皆が集まる前で葉青緹は菓子に毒は入れられておらず、器に毒が塗られていたことを証明し器を入れ替えた人物が犯人だと話す。
そして当時使われた器の破片を見つけそこから毒が検出されたと話す葉青緹。
そして器に毒を塗った真犯人の宮女が連れてこられる。
その宮女は激しく反抗し玄仁に襲い掛かろうとしたところ、そばにいた玄応は彼女の首を切り殺した。

恐らく黒幕は玄応で口封じのためどさくさに紛れて殺したのでしょうね…

こうして無実が証明された白鳳九は釈放されるのだった。

感想

13話では小九(白鳳九)が玄仁に池に一緒に落ちた美女だと自ら明かし妃として王宮に住むことになるという展開でした。
もう少し玄仁が小九のことを男だと思っている展開で遊ぶのかなと思っていましたが意外にもあっさりバレましたね。
13話は特に派手な展開はありませんでしたが、楚宛(姫蘅)が霊璧石を見つけるべく動き始めたり今後の展開が楽しみになる回でした。
14話では終盤で白鳳九が作った宴用の菓子に毒が入っていたという事件が発生し、白鳳九は投獄されてしまうという驚きの展開でした。
真犯人は誰なのか、玄仁は白鳳九の無実を証明できるのかときになるなか、15話では葉青緹の活躍により白鳳九がやっていなかったと証明でき無事釈放され、ひと安心でした。
しかしながら今後も白鳳九や玄仁のことが気に入らず陥れようと企む事件はまだまだ起こりそうな感じがしました。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。