夢幻の桃花-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

白鳳九と東華帝君が結界の中、阿蘭若の夢の中に入ってしまい、「阿蘭若の夢の中編」がスタートし、さらには蘇陌葉が登場した前回。
そして今回、東華帝君と白鳳九は再会を果たすも…。

【夢幻の桃花】(ネタバレあり)

37話

息澤に成り変わった東華帝君の治療により、大公主・橘諾の怪我は回復。
東華帝君が帰ろうとしていると船で行われる王后・傾画の誕生を祝う宴に誘われ、その夜、宴に参加した東華帝君は蘇陌葉と対面。
そこで蘇陌葉は東華帝君が息澤に成りすましていることを知った。
一方の白鳳九は宴に参加していたが会場から外れたところにいて、しばらくして蘇陌葉が合流。
すると白鳳九は阿蘭若が若くして結婚した理由について蘇陌葉に尋ねる。
そこで白鳳九は、阿蘭若の結婚には政略結婚的な意味があったこと、そして阿蘭若は嫁いでも同居はしなかったことを知るのだった。

どうやら夫婦とは名ばかりで、完全に仮面夫婦だったようですね…

その後、蘇陌葉の部屋を訪れた白鳳九は自室にはヘビがいるからこの部屋に泊まりたいと言うも、蘇陌葉はそれはできないと拒否し、白鳳九を気絶させ彼女の部屋まで運ぶ。
その道中、蘇陌葉が白鳳九を運ぶ様子を橘諾と嫦梯に目撃されてしまうのだった。

告げ口などされそうですね…

翌朝、目を覚ました白鳳九は目の前にヘビがいてびっくりしながらも、橘諾から朝食に誘われ一緒に食事をすることに。
そこには嫦梯、そして東華帝君もいて、白鳳九はそこで東華帝君と再会。
そこで東華帝君は白鳳九の元神が阿蘭若の中に入り、白鳳九が阿蘭若として過ごしている事実を知る。
東華帝君が驚く中、白鳳九は記憶がないため東華帝君だと気付かないのだった。
すると嫦梯は阿蘭若に恥をかかせようと昨晩蘇陌葉といたことを問い詰める。
しかし白鳳九は質問を交わし、用事があると言いその場から立ち去った。
その後、白鳳九は蘇陌葉の元へ。
すると白鳳九は蘇陌葉は「船から月令花が見たいから自室のヘビを怒らせないよう世話をして欲しい」と頼み、蘇陌葉は渋々承諾。
しかしヘビは主人である阿蘭若の匂いを感じ取るため、白鳳九はある方法を提案。
それは嫦梯を呼び出し、落とし穴に落とし、着替えという名目で阿蘭若の衣を着せ、ヘビの世話をさせるというもので、蘇陌葉には息澤に成りすまし嫦梯を呼び出す役目を頼んだ。

果たして作戦は成功するのでしょうか…

38話

嫦梯を罠に嵌めるため、呼び出すことに成功した白鳳九と蘇陌葉は、計画通り嫦梯を落とし穴に落とし、阿蘭若で着替えさせ、部屋にいるヘビに主人だと思わせることに成功。
外でその様子を見ていた白鳳九は蘇陌葉が戻って来るのを待っていた。
するとそこに東華帝君が現れる。
白鳳九はそれが東華帝君とは気付かず、蘇陌葉が戻って来てまだ息澤の扮装をしていると勘違いし、仮面を手渡し2人で月令花を見に出掛けるのだった。

すれ違いコント的な展開になりましたねw

その後、2人は芝生で月令花を見ながら話す。
白鳳九は蘇陌葉だと思い込み東華帝君に話しかけるなか、東華帝君はそれを訂正することなくその話に合わせる。

勘違いとはいえ東華帝君は白鳳九と2人で過ごせることが嬉しく、この時間を楽しんでいるんでしょうね

そしてしばらくして仮面を外し目の前にいるのが蘇陌葉ではないことを知った白鳳九はビックリ。
慌てて逃げるようにその場から立ち去るのだった。
翌日、白鳳九たちは大王に呼ばれ嫦梯を罠に嵌めたことを問い詰められる。
そして白鳳九や蘇陌葉は数日禁足の処分が下されるのだった。

軽い処罰で済んで良かったですね

その後、白鳳九は何者かに誘拐され牢屋に監禁される。
犯人は嫦棣で、牢屋の前に勝ち誇った顔で現れる。

昨晩の復讐でしょうね…

嫦棣が白鳳九と話をするなか、突然建物が火事に。
牢屋に閉じ込められている白鳳九は逃げられず絶体絶命のピンチ。
するとそこに沈曄が現れ、牢屋を破壊し、白鳳九を救出。
白鳳九は一瞬意識を取り戻し、沈曄と言葉を交わす。
しかしすぐに再び意識を失ってしまい、沈曄は林に白鳳九をそっと置きその場から立ち去った。
その後、蘇陌葉に発見された白鳳九は意識を取り戻す。
白鳳九は「沈曄が救ってくれた」と話し、それを聞き困惑する蘇陌葉。
すると白鳳九は「この火事は予期できなかったの?」と蘇陌葉に尋ねる。

阿蘭若の夢の中では、過去に梵音谷で起きたことと同じことが起きていますもんね

蘇陌葉は「火事が起こることは予期していたが、当時阿蘭若は暁寒居にこもっていて火事とは無関係だったから気にしていなかった」と話す。

どうやら現実世界で起きたことと阿蘭若の夢の中で起こることが少しずつズレ始めているようです

しかし蘇陌葉は「小さなズレにより起こる出来事は変化するかもしれないが、周りの人たちの心は変わらない」と話す。
しかしながら、阿蘭若の死の真相を解明したい蘇陌葉は「忘れないでくれ、重大事においては必ず当時の阿蘭若と同じ決断をするんだ」と言うのだった。

39話

暁寒居で白鳳九と蘇陌葉は話していた。
白鳳九は火事で死にそうになった時、失った記憶が一瞬頭によぎったことを明かす。

東華帝君の後ろ姿が一瞬頭をよぎったようです

そして「私が好きだった方は必要な時にいつもいなかった感じがする…」と寂しさが蘇ったことも明かした白鳳九は涙を流し、蘇陌葉に励ましてもらう。
その様子を東華帝君は少し離れたところで複雑な心境で見つめていた。
その後、東華帝君が眠ってしまった白鳳九を東華帝君は白鳳九の部屋まで運んであげるのだった。
しばらくして白鳳九が目を覚ますと目の前には東華帝君が。

しかし白鳳九は記憶がないため彼を東華帝君ではなく、あくまで息澤としてしか認識していません

すると東華帝君は密かに自分の血を混ぜた水を白鳳九に飲ませ、白鳳九は少し回復するのだった。
その後、蘇陌葉と対面した東華帝君は2人で話すことに。
そこで蘇陌葉は、連宋に頼まれここにやって来たこと、そして阿蘭若の中に白鳳九の元神が入っていて、記憶も失っていること、そして本来なら現実世界と同じ出来事が起こるはずが少しずつ変化していることを報告。
そして「ここから出る方法については、鳳九が阿蘭若の一生を順当に終えることが、より安全に夢から抜け出せる方法かと…」と蘇陌葉は話す。
すると東華帝君は、白鳳九に自分の正体については秘密にするよう頼むのだった。
翌朝、火事で興を削がれ落ち込む大王は沈曄に「何か趣向はないか?」と尋ねると、沈曄は「今夜、流れ星観られるはずです」と教える。
それを聞いた大王は宴を開き、流れ星鑑賞をすることに決めた。
一方、白鳳九は蘇陌葉と朝食を食べていた。
するとそこに沈曄がやって来て、今晩の宴に誘うのだった。

感想

37話では東華帝君と白鳳九が再会を話すも、白鳳九は記憶がないため東華帝君に気付かないという何とも切ない展開でした。
さらに白鳳九は蘇陌葉を頼りにしていて、2人の関係はいい感じでしたね。
38話では、冒頭で白鳳九たちが嫦梯を罠に嵌めたり、白鳳九が蘇陌葉だと勘違いしながら東華帝君と時間を過ごしたりとクスッと笑えるような場面が幾つもありました。
終盤では阿蘭若の夢の中の出来事が少しずつ変化していることが判明するという驚きの展開もありました。
そして39話では東華帝君と蘇陌葉が対面し、東華帝君は白鳳九の元神が阿蘭若の中にあること、記憶を失っていることなどを知りました。
想いを寄せる相手が記憶を失っているというもどかしさのなか、東華帝君と白鳳九の関係はどうなっていくのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。