女医明妃伝-あらすじ-16話-17話-18話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-女医明妃伝-あらすじ-16話-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

女医明妃伝


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
允賢はどんな場所でも、医学を学びたいという気持ちや病人を救いたいという気持ちは強く持っている様子!ここでも王道士から様々なことを学び、いい刺激になっているようですね♪医師としては成長できるかもしれませんが、自分が生きていることを知らせなくてもいいのでしょうか?

今回は16話からお伝えしていきますね♪

【女医明妃伝】(ネタバレあり)

16話

劇団員と共に生活をし、王道士の元で医学を学ぶ允賢。
すると王道士が酒場で聞いた話だと「郕王(祁鈺)は允賢が死んだと思っているようで、吐血し、出家まで考えるほどの様子」「人生、逃げてばかりでは何も変わらない」と祁鈺に会いに行くよう、勧める。
・・その後、都に戻ることにした允賢。
王道士は允賢の背中を押してあげたようですね!

一方、祁鈺は允賢の死は自分のせいだと責めている様子・・すると祁鎮が祁鈺を止め「皇太后の看病をするという名目で宮中に来て欲しい」「呉太妃と一緒に住める家も用意する」と説得する。
祁鎮は弟思いですね♪

都に戻った允賢は、祁鈺が宮中にいることを知り、どうすれば宮中に忍び込めるか考えている様子。
そんな矢先、「皇太后の病を治療する医者を募集する」という貼り紙を目にするも、推薦してくれる役人が必要な様子。
皇太后の医師を女である允賢が務めることは可能なのでしょうか?

皇太后は祖父を殺した相手・・しかし、皇太后を治療できれば、宮中に入れる・・悩んだ允賢は「私は医者で、相手は病人」と切り替えることに。
允賢は役人の趙国公の息子の病気を診察し、推薦してもらうことに・・そこで王道士に扮して、屋敷を訪ねる。

趙国公の息子を診察する允賢。
するとどうやら、2歳の息子は乳離れをした後、乳母を恋しがり、食欲が低下している様子。そこで乳母を呼び、息子に食事を与えると、嬉しそうに食べる趙国公の息子。
「乳母と離れた悲しみを言葉に出来ず、体調を崩したようです」と診断をする允賢。
まだ2歳ですもんね・・赤ちゃんのころから一緒だった乳母がいなくなれば寂しくて仕方ないでしょう・・

息子を治療してくれた允賢に礼金をはずむ趙国公・・しかし、「礼金はいらないので、推薦状を書いて欲しい」と頼むも、あまりいい反応ではない様子。
すると、そこにいた劉医師が「私が保証人になる」といい、推薦状を書いてもらえることになった允賢。
劉医師は允賢の腕を認めている様子♪

その後、劉医師の提案で「医婆、允氏」を名乗り、宮中に入る允賢。
皇太后の元には、たくさんの医師が次から次へと診察に訪れ、薬を処方している。その薬を飲む皇太后は「こんな苦い薬飲めるか!」と激怒し、医師たちを鞭打ちにして追い出せと命じる。
皇太后などを女性を診る医師のような“医婆”と呼ばれる職業があったんですね!

そこに允賢が「まずはこの匂い袋を嗅いでください」と近づく・・。

17話

允賢は匂い袋を取り出し「香りを嗅げば、頭痛や目の霞みが治まります」と話すと興味を持った皇太后は「苦い薬を持って参れ」と允賢に命じる。
そこで允賢は皇太后の脈を測るため、右手を出して欲しいとお願いすると、痺れで痙攣している様子・・次に首を診察し、病を突き止めた様子の允賢は「薬を用意します」と話す。
匂い袋は皇太后の心を落ち着かせるためだったんですね!

・・しかし、允賢が用意したのは薬ではなく、料理の数々。
「皇太后様は病ではありません」と食事療法を勧めると「私を政治に関与させたくない者が病に仕立てようとしているだけ」と自分自身も病ではないと気付いている様子の皇太后。
その後、食事を食べながら、満足そうな皇太后は、允賢に褒美を与える。
王道士に教わったことが生かされている様子♪

しかし、「褒美は色々と皇太后様について教えてくれた侍女の方々で分けてください」と断る允賢・・そんな允賢を褒める皇后。
・・皇太后は「本当に病ではないのか?」と再度、允賢に尋ねると「皇太后様は癭病(パセドゥ病)です。激高された後、痰気が詰まり、手の震えが出たのでしょう」と本当の診断を下し、食事療法が効果的だと話す允賢。

・・劉医師から允賢の事情を聞いていた皇后は、允賢を応援し、宮中で薬膳を作るよう命じる。允賢に「何か他に望みがないか?」と優しく声を掛ける皇后・・。
皇后は允賢に嫉妬もせず、優しく声をかけるなんて・・普通の女性には出来ないことですよね!

ある日、目が霞むと訴え「すぐに目の霞みを取れ」と無茶を言う皇太后。
すると允賢は「目の毒を足に移す術があります」と呪文を唱え、怪しい薬剤に目隠しを皇太后に施し「3日間は室内で安静に」と話す・・皇太后が苦痛から目をそらすよう施した様子。
目の不快を訴える皇太后の気を足にそらし、目の不快感を失くす方法ですね!

しかし、そんな允賢の活躍をよく思っていない医師たちは「允は妖術を使った」と騒ぎ始める。すると推薦した劉医師が「我々の中で祝由を使える者はいるのか?負けを認めたらどうだ」と話すも納得しない医師たち。
女である允賢に負けたとは認めたくないのでしょう・・

ある日、庭に出ている皇太后・・。
するとそこに祁鎮がやってくる・・皇太后は皇后や允賢の説得もあり「病になり、多くの事を悟りました。陛下はもう独り立ちできます」と隠居することを宣言する。
「頑張るのですよ」と祁鎮の手を取る皇太后・・そんな2人を見守る皇后。
久々に親子に戻った気がしますね♪

しかし、皇太后の隠居により、失速した太医院の程院判は允賢を恨み、罠を仕掛け、罰することに。
罰を受ける允賢・・その頃、祁鎮は皇太后を診察した人物が“允賢”という名前だと知り、允賢の元へ急ぐ。
助け出してくれた祁鎮を見た允賢は「どうしてあなたがここに・・?」と・・。

18話

気絶した允賢・・目を覚ますとそこには“鄭斉”と名乗っていた祁鎮の姿が・・。
「鄭斉は仮の名前だ。私は皇帝である」と正体を明かす祁鎮。
そこに允賢の正体に気付いていた皇后は「郕王に会いに来たのでしょう?もう連絡はしてあります」と允賢に話す。
皇后はなんでもお見通しなんですね♪

祁鈺は急いで允賢の元へ・・2人は再会し、抱き合う。
その様子に驚くも「2人きりにしてあげた方が・・」と祁鎮を諭す皇后・・そんな2人をじっと見つめる祁鎮。
祁鎮の心情は複雑でしょうが、そんな祁鎮を見る皇后もまた複雑でしょうね・・

再会を喜ぶ2人・・すると、嫉妬したように苛立つ祁鎮。
すると皇后は「1人の女性を巡って、仲たがいして欲しくない」「弟思いの陛下なら2人の気持ちを尊重してあげるべきでは?」と話す。

その後、2人の仲を取り持とうと呉太妃と鈺を呼び出す祁鎮。
するとそこに允賢が現れ「朕が選んだ郕王の妃だ」と話す祁鎮・・允賢を見た呉太妃は驚き「死んだはずでは」と何やら知っている様子。
「過去の事は水に流してやるから、允賢を受け入れなさい」と諭す皇后・・しかし、断固として認めない呉太妃。
呉太妃は美麟を嫁にしたいと企んでいますから、允賢は気にいらないでしょうね・・

「男と一緒に治療をする女など、認めない!」と激怒する呉太妃は、そのまま倒れてしまう・・呉太妃は気絶した振りをしていたのだった。

一方、允賢が生きていることを知った美麟は焦っている様子。
しかし、皇太后は美麟を慰めながら「郕王には母親を悲しませてまで一緒になるのかと忠告したから、分かってくれるはずだ」「程十三(医師)を使って、呉太妃に指示を出した」と意味深な発言をする。
皇太后は一体、何を企んでいるのでしょう・・

その後、呉太妃を見舞う祁鈺。
すると「あなたが誰を娶ろうと関係ない」と言い出し、自分自身が身分が低いことで苦労した事を話す・・。
そこで允賢に杭の姓を変えてくれるか提案した祁鈺。
これも全て皇太后の指示のようですね・・

その事を知った祁鎮に允賢は話をしに行く。
「祖父の冤罪を晴らせれば、譚姓に戻れます」と罠にはめられたことを話す允賢。
「犯人は太医院の医師。祖父が亡くなった後、昇進した人物を調べてほしい」と頼む。

すると「他に手掛かりは?」と情報を聞き出す祁鎮・・すると「手の甲に赤いあざがあった」と証言し、譚姓に戻れる望みが見えた允賢は涙ぐむ。
そんな允賢に「何かあれば朕に言うがよい」と優しく話す祁鎮。
祁鎮は允賢の力になりたいんでしょうね・・

その後、呉太妃は允賢と祁鈺を呼び出し「婦人の四徳、品格・礼儀・容貌・裁縫を備えていなければ、王妃にはなれない」と厳しい口調で話す。
続けて、15年前に母親を亡くしている允賢に「母を亡くした娘は教育が行き届いておらず、品行が悪くなる」「王府へ嫁ぐのなら、医学の道は諦めなさい」と話す呉太妃。
そんな呉太妃に「医学に携わることは私の夢です。それを諦めなければならないのなら、王府へは嫁げません」ときっぱりと答える允賢・・。

女医明妃伝~雪の日の誓い~ 16話・17話・18話 感想

ついに允賢が祁鈺と再会することが出来ましたね!!
医婆という形で入宮し、皇太后を診察するなんて、かなり大胆な行動に出た允賢!行動的な女性なのか、それほど祁鈺への想いが強いのか・・。再会して幸せそうな2人・・そんな2人に早くも呉太妃という大きな壁が立ちはだかっている様子。しかもその後ろには皇太后がいるとは・・かなり強敵です!隠居したはずなのに、何を企んでいるのか気になりますね。そして、夫祁鎮が允賢を気に掛けていることを知りながらも、允賢に優しくする皇后。あんな女性、なかなかいませんよね!色んな人がいつも誰かを陥れようとしている宮中で信頼できそうな人物です。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です