東宮-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
夫となった顧小五が実は豊朝の第五皇子で、丹蚩と西州を豊朝によって蹂躙された小楓は、裏切りに傷ついて忘川に飛び込み、記憶を失った状態で豊朝に連れてこられ、未来の皇太子妃として暮らすように。承鄞も、まるで何事もなかったように日々を取り戻しています。

舞台を豊朝に移して、メインが宮廷謀略物語になってきましたが、記憶を失った小楓といういつ暴発するかわからない不発弾を抱えて、帝位の後継者争いを戦う承鄞は、この先無事でいられるのでしょうか。そして顧剣は生きているのか、序盤から謎が山盛りです!

【東宮】(ネタバレあり)

第16話「あなたは誰?」

自分の夫になるかもしれない宣徳王に紹介された小楓だが、いまひとつ会話は弾まない。永寧が狩りに同行させてくれとねだり、宣徳王が太皇太后と皇后にお願いしてくれることに。
よかった~恋に落ちたらどうしようかと思いました♪宣徳王は愛想がないですものね~

瑟瑟は父の趙敬禹から「翊王(承鄞)とは距離を置け」と言われる。趙敬禹としては狩りを機会に東宮候補の宣徳王に娘を近づけたい思惑があり、瑟瑟の想いなど歯牙にもかけない。
瑟瑟の兄の士玄は、「陳情令」の金光瑶の人ですね♪趙敬禹はなかなか野心家のようです

狩りに行くにあたってアドゥが丹蚩の服のままで同行しようとしたため、永娘が必死に説得し留守番させることに。狩場で宣徳王は小楓と組んで接近しようとするが、小楓は思惑に気付かない。永寧は、引っ込み思案な珞熙を指導の名目で裴照と一緒にさせる。承鄞は騎乗ができない瑟瑟を誘って連れ出していた。
これは裴照に恋の予感でしょうか?裴照と珞熙ならお似合いのカップルかも♪

小楓は誤って承鄞に矢を射たことで再会するが、互いに相手が誰だかわからない。小楓の脳裏に記憶の断片がよぎって倒れ、承鄞もまた頭痛に苦しむ。趙敬禹は瑟瑟を宣徳王に引き合わせようとするが、そこに承鄞が小楓を運んで駆け込む。結局侍医は大事ないと診断する。
承鄞も小楓のことは忘れてしまったのですね。二人で忘川の水を飲んでしまった?

継徳殿では狩りの戦果が発表されるが、承鄞は小楓を助けたのが響き、宣徳王が勝利を収める。皇帝は各皇子に戦果を献上する相手を述べさせるが、承鄞は亡き兄の母である恵貴妃に捧げて場がざわつかせ、永寧が皇帝に捧げてその場をおさめる。
どう考えても「陛下に」でオチをつけるべきところなのに、承鄞完全にスベりましたね…

皇帝は頭痛に悩まされ、老いを自覚して後継者を考えようとしていた。張玫娘はすかさず承鄞を誉め、皇帝は実母でないのによく育ててくれたと感謝する。
張玫娘はそこで承鄞を推しちゃうわけですが、高右相ならそうはしないのでしょうね

方尚儀はしとやかな貴人の所作を教えようとするが、小楓はまったくうまくできない。習字で「家」の字を書いているうちに、小楓は本当に家が恋しくなったと漏らすが、それを聞いたアドゥは丹蚩の悲劇を思い涙する。
二人には帰る家がないだけでなく、その悲しみを語り合うこともできないのですよね…

顧剣は西域の老人に助けられ、2か月眠り続けていたが、ようやく目を覚ましていた。老人は「常人なら助からなかったろう」と言う…
顧剣生きていました!なんだか泥パックみたいな治療をされていましたね

承鄞が太皇太后のもとを訪ねた際に、承鄞の近侍・時恩は太皇太后の侍女・桜喬とぶつかり、衣服を濡らして着替えさせられるが、そこで外出用の令牌を忘れる。しかし承鄞は令牌なしで出られる門を知っていて、それを脱出しようとしていた小楓とアドゥが聞いて利用する。
承鄞に西州の話なんかして大丈夫?とドキドキしたのですが、ここはセーフ♪

男装した小楓とアドゥは承鄞の馬車の後ろについて脱出する。にぎやかな街の雑踏を楽しんでいるうちに、二人は「米羅(ミロ)酒楼」という店から流れる西州の曲に惹かれる。中に入るとミロが舞っており、それを見て小楓は大喜びする。
ミロは豊朝の都に逃げてきていたのですね!パワーアップしたミロはお美しい~

承鄞は密かに瑟瑟と会っていたが、瑟瑟は承鄞と狩りに同行したいがため、兄の士玄から騎射を習い手にマメを作っていた。瑟瑟の優しさに触れ、承鄞は思わず抱きしめる。
瑟瑟も中原女子なので、守ってあげたい系の優しいだけの女ではないと思いますよ…

小楓は西州人同士ということで女将のミロと意気投合し、「周の若様」こと周西と名乗る。ミロに都に来た事情を聞かれ、小楓は答えに詰まる…
西州のことをミロがうっかり口にしてしまうのではないかと、ちょっとハラハラします

第17話「立太子の詔」

米羅酒楼が料理や酒を収めている「鳴玉坊」は、都で最も有名な妓楼だが、小楓は妓楼が何だかわからない。小楓の男装も嘘も、ミロにはすべてお見通しだった。鳴玉坊では高級妓女の明月会いたさに高家の高震が騒ぎを起こす。小楓はミロに本名を名乗り帰っていくが、小楓を尾行していた裴照は、実は都でミロと再会していたのだった。
その頃、顧剣は歩けるまでに回復し、老人の家を後にする…
こっそりと護衛がついていたのですね。ミロに珞熙と、もしや裴照、モテ期なのでは?

豊朝皇帝は忠王をはじめ臣下の多くに立太子を急かされ、忠王は年長者である宣徳王を推す。皇帝に意見を求められた高右相も宣徳王だと答えたことで、宣徳王が皇太子に立つ勅命が発せられる。100日以内に宣徳王と小楓の婚姻が行われることになり、小楓は不安に。
決定のプロセスを見ると、高右相は忠王より一枚も二枚も上手だと感じますね!

承鄞は自分が手にすることができなかった東宮を眺めて沈み込むが、裴照は「ずっとついていく」と励ます。一方高右相は、忠王が焦って宣徳王を皇太子にしたことで、他の皇子たちが宣徳王の弱みを探すことになるだろうと考えており、実は宣徳王をあえて矢面に立たせたのだった。
一度上に立たせておいてから引きずりおろす方が、ダメージは大きいですよね♪

西州に帰りたいが帰れない小楓を見て、アドゥは何も伝えられず涙を流す。気晴らしにミロの店に行こうとするが、宮中に賊が出たということで外出を禁じられる。小楓の部屋に窓の外から男=顧剣が飛び込んできて、一緒に逃げようと説くが、小楓は顧剣のことがわからず兵を呼ぶ。顧剣はアドゥにかくまわれるが、小楓の記憶喪失の理由をアドゥは説明できない。
顧剣相変わらず小楓の気持ちガン無視で、タイミングとやり口最悪ですよね…

柴牧は高右相のやり口を見ぬき、むしろ高右相と組んでその力を利用すべきだと承鄞に勧める。そこに裴照が、小楓の部屋を襲った刺客は顧剣ではないかと知らせる。承鄞が去った後に顧剣は姿を現し、裴照から承鄞と小楓が記憶を失ったことを説明される。顧剣は柴牧にも誰にも会いたくないと言って去っていく。
柴牧は記憶を失った承鄞にどういう説明で言い含めてきたのか、すごく気になりますね

承鄞は高右相を訪ね、丹蚩残党討伐に高顕を推挙すると話す。高右相はいざという時のために承鄞は都にいなければいけないと釘をさす。承鄞は高坤から、李釅が仏像建立に多額の費用を請求している件で調査を依頼される。
すぐさま柴牧のご指導の通りにする素直な承鄞ですが、相手が高右相だけに心配です

皇帝は丹蚩の残党鎮圧に、鎮北候に任じる人物を派遣することに。承鄞は高顕を推挙するが李釅はそれに反対し承鄞を推挙する。承鄞は「西域の地方志を改定したい」と申し出て派遣を辞退し、皇帝はその願いを許可する。宣徳王は承鄞が鎮北候を蹴ったのは野心があるとみて警戒し、李釅に翊王府を見張らせることに…
忠王の嫌味に、高右相は一瞬素に戻って、思わず姿勢が伸びていましたね♪

第18話「水に落ちた2人」

翊王となり、王府を構える立場になった承鄞は、宮中の養母・張玫娘のもとにはなかなか通えなくなっていたが、高右相の助言で地方志改定の役目にあたり、鴻文館裏の昭仁殿に居を移すことになったため、宮中に戻ることに。張玫娘は皇太子には用心するように諭す。
承鄞は実母の話の記憶は残っていて、このニコヤカな母子関係は一応演技、なのかな?

小楓とアドゥは永娘から「園遊会ではふさわしいふるまいを」と説教される。その園遊会で小楓は曲水の宴に参加するが、詩歌を読むことができず失敗してしまう。瑟瑟も宴に参加していたが、永寧は彼女を目の敵にしていた。承鄞が地方志改定をしている鴻文館に西域の資料があると知った小楓は、手伝いを申し出て承鄞と宣徳王を困惑させる。
西域の記録を小楓に見せて大丈夫なのでしょうか、いやそれ以前に記録が読めるのか?

永娘はアドゥの小剣を侍衛から取り戻し、侍女として不用意な行動をとることで公主に塁が及ぶのだとアドゥを諭す。一方、小楓は宴の射的遊びに参加し、得意の射術で優勝するが、瑟瑟は最下位になり、罰として湖に落ちた矢を舟で拾う羽目に。生まれて初めて舟を見た小楓は瑟瑟の乗った舟に飛び乗り、二人は湖に落下してしまう。
優勝してテンション上がっていたせいかな?小楓は行動が3歳児並みですよね…

瑟瑟が湖に落ちたと聞いた承鄞は、慌てて湖に飛び込むが、水中で失った記憶の断片が蘇り、思わず小楓を助けてしまう。瑟瑟は承鄞が自分を助けなかったことに衝撃を受けるが、それ以上に承鄞も自分自身に戸惑う。そして小楓も困惑し、承鄞と以前会ったことがあるのだろうかとアドゥに尋ねる。
こういうことが繰り返されると思うので、二人を接触させたらダメだと思います

湖に入った承鄞は風邪をひく。診察した医師に「極寒に襲われたり、五臓を痛めたことは?」と聞かれ答えられないが、裴照が「丹蚩を追撃中に負傷した」と説明する。承鄞はなぜ自分が小楓を助けたのか腑に落ちないでいた。薬を届けに来た瑟瑟は承鄞に謝られ、「私の名節を守るため、二人の仲を隠した」と好意的に受け止める。
瑟瑟はああは言ったものの、結構根に持っているような気がしますよ…

小楓は鴻文館に押し掛け、承鄞に助けてもらった礼を言う。しかし小楓と近づくと頭が痛くなるため、承鄞は風邪を理由に接近しないようにする。小楓を見ていると胸が締め付けられる理由がわからず、承鄞は困惑するが、小楓もまた、記憶の断片が蘇って苦しんでいた。
承鄞は原因が分かっていて避けているのに、小楓はわからないまま突進してきますね

承鄞は柴牧に、地方志改定を申し出た真の意図である「全官署の通行令牌」を入手したことで、皇太子の文書を調べることができると話す。皇太子が勢力を伸ばすため使った大金の出どころを、李釅の戸部への異動から探るつもりだった。
皇太子の弱点は李釅、ということになりそうですね♪

小楓は葡萄酒で承鄞の熱さましの薬を作ろうと思い立ち、ミロの店に行くため宮中を抜け出すが、途中でアドゥが姿を消して顧剣が現れ、唖穴をついて小楓の身動きをとれなくする。いまだに顧剣のことが思い出せない小楓に、顧剣は「恋人同士で、駆け落ちの約束もしていた」と説明し、もう一度愛させると言う。
顧剣、嘘はついてないけど嘘つきじゃないですか… それで前も失敗したのに!

小楓はアドゥを返してもらうため、顧剣をミロの店に付き合わせる。そこに鳴玉坊で高震が騒いでいるというので、小楓がミロの代わりに酒を届けに行くと言い出す。鳴玉坊では高震と趙士玄が明月を取り合って騒動を起こし、小楓の仲裁もさらに二人を怒らせ、明月が出てきてその場を収める。しかし明月を見た顧剣はなぜか愕然とする…
高震と趙士玄のバトル、これは絶対に負けられない戦い!明月は一体何者でしょうか?

16~18話の感想

前回は小楓が記憶喪失だということは語られていたものの、承鄞は何事もなかったように瑟瑟と付き合っているので「これは一体どういうこと?」という感じでしたが、どうやら承鄞も小楓の記憶を失ってしまったようです。豊朝に戻って来てからも柴牧に指導されているところをみると、実母の復讐については忘れていないようです。承鄞の記憶がどんな風に都合よく修正されているのか気になりますね!

この先、承鄞は瑟瑟と、小楓は皇太子となった宣徳王と結婚することになるのでしょうか?それともこれから事態が変わるのかまだわかりませんが、今回しっかり瑟瑟と小楓の間に「小楓は悪」という形で因縁が刻まれてしまいました。承鄞はなぜ瑟瑟ではなく小楓を助けてしまうのか…。忘れたはずなのに、記憶という物は恐ろしいものですね。
小楓によくしてくれている永寧が、瑟瑟をむかしからいじめていたという点もポイントです。永寧がいじめたのを承鄞が庇ったりしてきたのが恋の芽生えのきっかけだったのでしょうか、だとしたら瑟瑟にとって小楓は、いじめグループの新参者的ポジション。小楓と瑟瑟、二人の因縁の対決の構図はすっかりできあがったことになります。だとしたら小楓にできることは、承鄞を避けることしかないのに、逆に接近する方向に向かっています。これは、この先間違いなく揉めますね♪

そして顧剣は生きていました!
彼は謎の老人に助けられて生きていたわけですが、柴牧の元には戻らず、速攻で小楓へのストーキングを開始しました♪ しかしですね…小楓の記憶喪失を知って、自分に都合のいい記憶で上書きしようとするのはいかがなものかと思います。
長い付き合いの顧剣のことを忘れているということは、「顧剣を思い出したくない」という強い意志がそこに働いているのだということに他ならないわけで… 顧剣がそのことを自覚できるかどうかですが、「小楓を守ることこそが正義」で一度失敗したのに、思わぬ形でリベンジチャンスを手にしてしまったのだから、間違いと向き合うことはできなさそうです。顧剣はちょっと、人生経験の豊富なミロ姐さんに説教された方がいいと思います♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。