東宮-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
承鄞は瑟瑟と仲違いしたふりをして、瑟瑟を宣徳王に接近させ、趙敬禹の鎮北候就任に成功したことで宣徳王の怒りを買いました。さらに小楓を巻き込んで私鋳銭を告発させたことで、宣徳王と承鄞の争いが激化することに…

承鄞と宣徳王の戦いというよりは、高右相と忠王の争いなのか、いやそんな単純な構図では収まらない戦いになってきているようです。真の敵は誰なのかということを、承鄞自身気付くのはまだ先のように思いますが、小楓が知らず知らずに危険領域に足を踏み入れているのが心配です。今回はどんどん話が進んでいきますので、しっかりついていきましょう♪

【東宮】(ネタバレあり)

第22話「皇太子の罠」

小楓は、永娘に阻止されても宮中を抜け出すが、そこに顧剣が待っていた。顧剣は「用心棒としていつでも呼び出せ」と、鳴り矢を手渡す。小楓は顧剣と一緒に万佛寺を調べに行き、そこで土の仏像の型に銅を塗ってごまかしているのを目撃する。
鳴り矢復活しました!昔のことを繰り返して記憶が戻ったら元の木阿弥なのでは?

小楓は太皇太后に「翊王は証拠をつかんだのに陛下に報告しない」と訴える。承鄞は張玫娘に叱られた上に、小楓が戸部の帳簿の手がかりを勝手に皇帝に報告したため計画が狂う。皇帝は大仏を壊さずに材料の真贋を確認するため、小楓の提案で大仏を計量することに。
小楓が意地はって大暴走したことで、この先承鄞には大失敗の予感しかありません

万佛寺は閉鎖され、皇帝が直々に取り調べるため、皇宮に大仏が運ばれるが、重量は問題なかった。承鄞は小楓を庇い、もう一体調べるように訴えるが聞き入れられず、宣徳王と李釅は勝ち誇る。小楓は承鄞に謝罪するが、承鄞は自分が巻き込んだのだと言う。
豊朝国民の皆さんには、象が大仏を運ぶという楽しい娯楽が提供されたのでは♪

承鄞が小楓の暴走を切り捨てず庇ったことで、柴牧から叱られる。承鄞は高右相のもとに出向き、お膳立てを台無しにしたことを謝罪して和解する。実は忠王が大仏をすり替えていたのだが、承鄞が帳簿の内容を把握していたことに宣徳王は危機感を覚える。瑟瑟は宮中の話に心配し承鄞を待っていた。優しく寄り添いつつも、瑟瑟は小楓との仲を心配し釘をさす。
「忠王が大仏をすり替えた」って、誰を騙してどうやったのかを知りたいのですよ!

永寧と珞熙が遊びに来て、離宮で温泉遊びをしようという話に小楓は飛びつく。永寧が湯船につかっていると思って、小楓が脅かした相手は承鄞だった。珞熙も警護していた裴照に抱き着きそうになる。承鄞は小楓をからかうつもりが、頭痛が起こってしまう。
おまけみたいに裴照カップルもラブイベントが♪「温泉」は承鄞には地雷ですよね

承鄞は自分の侍女・嬋児の悲鳴を聞いて温泉から飛び出すと、嬋児は「皇太子の馬を驚かせた」というので李釅から罰を受けていた。承鄞は嬋児を庇うが、宣徳王は引き下がらず、仕方なく承鄞は嬋児を宣徳王に預ける。
この時点で嬋児が間者だということを、承鄞はまったく気付いていなかったようですね

離宮に来ていた宣徳王は小楓たちを夕食に誘う。宣徳王は妻となる小楓に優しく振舞い、小楓の好物の料理を自分の分まで与えるが、小楓は料理を口にすると苦しんで倒れる。特殊な毒を盛られたため、三日以内に解毒しないと命にかかわるという。
宣徳王はこの先、計略がなければ妻に優しくすることも皆無なのだなと感じます

皇帝は離宮を調べさせるが、不審者も毒物も見つからない。離宮から承鄞が先に帰ったが、宣徳王との諍いのせいだと李釅が悪意ある報告を行う。毒の入った汁物を運んだのは承鄞の侍女・嬋児で、しかも嬋児は毒を隠滅しようとしていた…
この経緯で嬋児が自由に動いて料理を運ぶのはおかしくない?と思うのですが

第23話「濡れ衣」

小楓が口にしたのは本来宣徳王の料理だったことから、嬋児が毒を盛ったのは宣徳王に対してで、毒殺を命じたのは承鄞ではと李釅は主張する。皇帝は翊王府の封鎖を命じ、張玫娘は高右相に事態を知らせる。嬋児は大理寺で厳しい拷問を受けていたが、容易には白状しない。実は嬋児は「三日後に自白するように」との指示を宣徳王から受けていたのだった。
李釅がお手付き呼ばわりで揶揄していましたが、実際は宣徳王のお手付きだったと…

瑟瑟はこの一大事に抜け出して承鄞に会いに行こうとするが、趙家を守ろうとする士玄に阻止され、閉じ込められる。小楓が毒を口にしてから三日が経とうとしていたが、解毒薬が届かず、小楓は危篤状態に陥っていた。
士玄の蹴鞠の時の承鄞への遺恨がこんなところで発揮されるのですね

アドゥは宮中の服を着て東宮に赴き、宣徳王に解毒薬を要求する。アドゥは嬋児と宣徳王のやり取りを見ていて、真相を知っていたのだ。しかしアドゥが説明できないのをいいことに、宣徳王は懇願を無視する。大理寺から証拠が提出され、翊王府の捜索で毒が発見される。
アドゥが着替えると言い出すから何かと思いました。でもアドゥ証言できない~!

アドゥは鳴り矢を持って顧剣を呼びに行く。顧剣は小楓の毒は血荊だと見抜き、急いで毒を排出させる。小楓に大量の気を送って消耗し、吐血した顧剣を見て、思わずアドゥは呼びかけてしまう。アドゥは小楓の笑顔を守るため声を失ったふりをしていたのだ。顧剣も今回の小楓の治療で、無理に蘇生した身体が限界を超えてしまったのだった。
アドゥ話せてよかった!でも顧剣は豊朝に来てからの深酒三昧が良くなかったのでは…

嬋児が三日後に予定通り自白し、毒が翊王府で発見されたことで、裁決は皇帝に委ねられる。承鄞を大理寺にて直接尋問することにするが、高右相が嬋児の自白では不十分だと異議を唱え、高家側の朝臣たちが再考を上申する。李釅は焦って承鄞批判をあげつらい、皇帝から減俸と謹慎を申し渡される。その頃アドゥの看病の甲斐あって、小楓はようやく目を覚ます。
李釅は減俸や謹慎は痛くも痒くもなく、ただ再考を阻止するためだけの悪口ですよね

父帝から直接尋問され、承鄞は何も罪を犯していないと主張する。しかしそこで父帝が長兄・承稷の死を持ち出したことで、承鄞は一人生き残ったことをずっと疑われていたことに気付き、承稷の生前の言葉をかみしめる…
皆さんそろそろ「皇帝が直接尋問する」は問答無用有罪決定だとわかってきましたよね?

小楓が目覚めたというので皇帝と皇后が駆け付けるが、なぜ解毒したのか侍医も永娘にもわからない。「この件で得をするのは誰か」という承鄞の一言と、太監から東宮でのアドゥの懇願の噂が耳に入ったことで、皇帝の事件に対する心境の変化が起こり始める。
アドゥは何も考えていなかったのでしょうが、結果的に行動が事態を動かしましたね!

柴牧は独自に私鋳銭の調査を続けていたが、胡嘯が突き止めた私鋳銭の鋳造所は忠王の軍の練兵場だった。柴牧は皇帝の耳にその情報を入れるために噂を流し、それを聞いた大理寺の汪束が忠王軍の練兵場に私鋳銭が埋められているのを発見し、皇帝に報告する。
柴牧から大理寺まで噂の到達が早すぎ!

小楓は毒のことを承鄞に聞きたいと大理寺に押し掛けるが、会わせてもらえない。そこで顧剣の助けを求めて鳴り矢で呼び、天牢に忍び込ませてもらう。小楓が自分を信じて天牢までやってきたのを見て、承鄞は小楓を利用し巻き込んだことを悔いる。
小楓が無意識に承鄞を信じているのを感じた顧剣は、内心穏やかではないですよね

皇帝は、これまで一貫して承鄞を庇ってきた宣徳王に、小楓の毒殺未遂や、さらに承稷暗殺についての承鄞の関りについて意見を求める…
これは、皇太子としては父帝に何と答えるのが最適解なのでしょうか…

第24話「最後の一手」

宣徳王は父帝から意見を求められ、「承稷兄上は我々の骨肉の争いを望まない」と答える。一方で皇帝は嬋児の家族を調べさせるが、郊外の屋敷に移り住んでいたという。そこで皇帝は嬋児に「皇太子は約束を反故にし、お前の家族は皆殺しにされた」と嘘をついて真相を引き出した上で嬋児を絞め殺し、毒殺未遂を承鄞の罪とし、黔州への永久追放を命じる。
陛下は有能な長子の罪を罰するより、無実の二番手を潰す犠牲を選ぶのですね

張玫娘は承鄞を守れなかったことを悔い、黔州出発までに挽回しようと高右相に力添えを乞う。宣徳王が力を増すことは高右相にとっても喜ばしいことではなく、この機会に承鄞に恩を売って意のままにしようと考える。宣徳王が承稷暗殺の罪も承鄞に着せようとしていることから、バトゥール調書の隠蔽を恐れ、高右相は高坤に大理寺に取りに行かせる。
これまで静観に徹してきた高右相がようやく攻めに転じたことで、ここから攻守逆転?

宣徳王側は高家の動きを警戒する。承鄞は高右相に感謝し、「もし都に残れたら今後はすべて従う」と誓う。高右相はバトゥールすり替えを証明するため、安護府の調書を都へ送るよう高顕に命じる。高顕が城門を破れば、忠王は謀反で処刑するつもりでおり、宣徳王もこれが失敗すれば最後の手段に打って出る覚悟を固めつつあった。
「今後はすべて従う」って、多分口先だけだって双方わかっていると思いますけどね~

アドゥはバトゥールについて証言してほしいと裴照と顧剣から説得され、断りつつも小楓のためを思って揺らぐ。宣徳王の配下は高顕の手の者を次々に倒すが、調書はどれも白紙だった。本物の調書は高顕から承鄞に直接届くが、そこにも刺客が襲う。死闘で守り抜いた調書を承鄞は皇帝に届け、さらにアドゥが安護府の似顔絵をバトゥールだと証明したことで、皇帝は承鄞が無実であり、宣徳王が承稷を殺害したことを悟る。宣徳王は生き残りをかけて「最後の一手」を使うことに。
いや、陛下はバトゥールが別人だとご存じでしたよね?何ですかその小芝居は…

宣徳王は李釅や養成した兵士と共に太極殿に乗り込むが、謀反は予期されており禁軍に取り囲まれる。次第に追い込まれ、宣徳王の自害を止めようとして李釅が命を落とす。宣徳王は怒りをぶつけるが、父帝は姿を見せず、兄の叫びを承鄞はひとり見守る…
「我が人生に負けはない」、声に出して言いたいパワーワードですね…

22~24話の感想

話の展開が早いです!小楓が宣徳王に殺されかけ、承鄞が大ピンチ~と思いきや、本気出した高右相に逆転されていきなり謀反!この3話のジェットコースター展開すさまじいです。
バトゥールすり替え問題がここに来て再浮上しましたが…あれ?そういえば高顕は似顔絵を高右相に送っていたのでは?と混乱された方もいるのではないでしょうか。おそらく高顕は「似顔絵を作っておきました」という密書を高右相に送っただけで、似顔絵そのものは安護府に保管していた? ということのように思われます。

ここまできて豊朝皇帝という人がなんとなくわかってきた気がします。
皇帝はバトゥールが偽者の件も、毒殺未遂の件も、真相を知っていながら握りつぶしました。皇帝にとってことの真相はどうでもいいことで、宣徳王を後継にしておくことは権力のバランスをとるために必要で、そのためなら承鄞に罪を着せるのもいとわなかったのに、宣徳王は父帝の心をはかり損ねて謀反を起こしてしまうのです。
宣徳王が太極殿に乗り込もうとした時に、皇帝が書きなぐっていた漢詩は、白居易の「燕詩示劉叟」というもので、「子に背かれた親の嘆き」を、雛に旅立たれた燕に例えたものです。皇帝にしてみれば宣徳王ほどちょうどいい皇太子はいなかったのに…
東宮は器にすぎず、中に入る者は入れ替わりますが、これで東宮の住民が承鄞になるのは、皇帝にとっては好ましいことではなさそうで、これから荒れそうですね。「東宮には魔物が棲んでいる」そんな風に思われます。

そして小楓にとっては、宣徳王の失脚は結婚相手のチェンジということになりますが、何かと過去と被る出来事が起こっては、承鄞も小楓も苦しむ場面が増えてきています。承鄞と無事に結婚できるのでしょうか?二人とも記憶が戻ってしまったら、夫婦どころではないと思うのですが…
また、顧剣は小楓を守るために命を削ってしまうことになりましたが、顧剣が幸せになる道は何か残されているのだろうかと思案してしまいます。アドゥも顧剣も、小楓を守ることでしか自分を生かす道がないのでしょうが、そんなのあまりに悲しすぎますよね。

次回は全55話の折り返し地点です。もう半分なのに、なにも片付いていない気がします。展開は早いのに!どんな着地点が待っているのか、まったく予想がつきませんね♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。