東宮-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
小楓は抵抗もむなしく皇太子妃となりますが、祖父の仇である承鄞が許せず、また承鄞もことさらに不仲を演出し、張玫娘が瑟瑟だけを罰するため、夫婦関係は出だしから不穏です。
さらに皇太子となった承鄞の後ろ盾が柴牧だと、高右相や皇帝が察知してしまいます。

不幸な結婚をしてしまった小楓ですが、それでへこたれるしおらしさはないために、気ままに振舞ってさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。承鄞もまた、小楓の扱いに困惑しつつも内心では大切にしているようなのですが、それを瑟瑟が見逃すわけもなく…
今回は裴照ファンの方にはお待たせしました!という展開になります。なぜか裴照が大活躍しますのでお楽しみに♪

【東宮】(ネタバレあり)

第31話「灌仏会での騒ぎ」

明月は無事解放されたが、柴牧はしばらく都を離れ、顧剣に明月の保護と潜龍使の全権を委ねる。明月を尋問したのが皇帝だとわかり、顧剣は明月が巻き込まれることを恐れる。
よかった、皇帝だと気付かないままこの先も客として来たらどうしようかと思いました

永娘の勧めもあり、小楓は西州の葡萄酒を携えて瑟瑟を訪ねる。承鄞は小楓が瑟瑟に危害を加えるのではと非難し、三人はもみあいになって小楓と瑟瑟が倒れそうになるが、承鄞は咄嗟に小楓だけを助けてしまう。
瑟瑟を見捨てて小楓を助けるのは二度目ですが、三度目があったらどうなりますかね~

裴照が米羅酒楼を訪ねると、顧剣はツケのために雑用をしていた。裴照によると、承鄞はわざと不仲を演じているが、実は小楓を気遣っているのだという。裴照自身も顧剣同様小楓に対して罪悪感を抱き、幸せを願っているという。そんな二人の会話をミロは隠れ聞く。
ミロが人間関係をどこまでわかっているのか、かなり気になります♪

承鄞と小楓は張玫娘の前でも喧嘩するほどだが、皇帝は二人に灌仏会の使臣の接待を任せると言い、瑟瑟は側妃の立場を思い知らされる。承鄞は小楓に灌仏会について教えようとするが、売り言葉に買い言葉で小楓は灌仏会に行かないことに。承鄞は小楓が病だとして瑟瑟と灌仏会に出席し、張玫娘は瑟瑟に対して怒りをあらわにする。
承鄞の策略は誰を守ろうとしているのか、だんだんわからなくなってきました…

顧剣は小楓を灌仏会の縁日に連れ出し、そこで波斯の巫女に占ってもらうが、巫女は「お前たちには二度の縁があるが、どちらも悪い結末だ」と言う。小楓は詐欺師だと見切るが、更に巫女の話を聞いた顧剣には、不吉な死が予言される…
予言も二度目ですが、顧剣に下された予言が酷すぎて、この先が怖くなってきました

「放生の善行」を見ていた小楓は、放された亀を捕まえて繰り返し使っているのを見て詐欺だと気付く。そこで亀の足に布を結んでおいてそれを指摘するが、詐欺師たちに追われ大騒ぎを引き起こす。縁日を見下ろす朱雀楼には皇帝と使臣一同が揃っていたが、小楓が騒ぎを起こしているのを見ることになり、皇帝は激怒する。
この騒動をどう言い訳することになるのか、やれやれですね♪

第32話「誕生日の宴」

小楓は裴照によって皇宮に連れ戻され、顧剣はそれを見送るしかない。小楓は承鄞と瑟瑟と共に張玫娘から叱責を受けるが、承鄞は小楓をわざと怒らせ、自分に責任が向くようにする。しかし張玫娘は「瑟瑟が承鄞を惑わした」として瑟瑟だけを罰する。張玫娘は承鄞と自分との溝を感じ、高右相に二心を疑われぬよう、自分の手のものを側室にしようと考える。
張玫娘は瑟瑟を懐柔した方が簡単なのではないかと思いますが、なかなか複雑ですね

承鄞は瑟瑟を巻き込んだことを詫びるが、瑟瑟は承鄞への変わらぬ愛を誓う。承鄞はひと芝居打とうと小楓をわざとどなりつけ、大喧嘩した挙句、東宮に仕えている者たちに「皇太子妃と口をきいてはならぬ」と命を下す。
普通なら瑟瑟の方が引き裂かれて苦しむ主人公カップルですが、この拗れ方がすごい!

朱雀楼で一連のことを目撃していた高坤は、高右相に皇太子夫妻の不仲を報告する。しかし高右相は柴牧による工作ではないかと疑う。そんな策略家の高右相も、末娘の高如意を溺愛し、密かに入内を目論んでいた。
如意の結婚相手は皇帝?承鄞?皇帝なら張玫娘はコマとして見捨てられたということ?

東宮の侍女たちに避けられるのが承鄞の命だと知っても小楓はへこたれず、珞熙の誕生日だというので、小楓は永寧と珞熙を唆して米羅酒楼に繰り出すことにする。
承鄞と小楓の大喧嘩の話は張玫娘の耳にも届き、ますます瑟瑟への怒りを募らせる。そんな中、侍女の緒娘の妊娠がわかり、相手は羽林軍の張参だというので張玫娘は愕然とする。
皇太子妃はこりないし、侍女は妊娠するしじゃ、皇后の責任が問われる大問題ですね!

承鄞が東宮の者たちに小楓と話すのを禁じたのは、皇后が小楓を利用し瑟瑟を抑えるつもりなので、それを牽制するためだった。承鄞は小楓を見守るよう裴照に尾行を命じるが、アドゥに気付かれ、顧剣が尾行を倒してしまう。小楓は医館で記憶喪失を診察してもらうが、頭部には怪我の痕がないと言われる。
小楓に簡単に気付かれる尾行をするなんて、裴照は部下をもうちょっと鍛えるべきでは

米羅酒楼に到着した小楓は何か心に引っかかってモヤモヤしていた。ミロはそんな小楓に「流れに任せればいい」と助言する。小楓は米羅酒楼を貸し切ろうとするが、そこに羽林軍の兵士たちがやってきて我が物顔で振舞い、小楓が喧嘩を売って羽林軍の張参に怪我をさせたため、二人は兵たちに追われ、駆け付けた裴照らに助けられる。
え~!こいつが張参!?緒娘ったら男の趣味悪すぎませんか?

小楓は唯品閣で珞熙と瑟瑟に、西州名産の孔雀石の首飾りを購入する。それとは別に、「命を救ってくれた友人」に手作りの腕輪を贈るというが、贈り先は顧剣ではないらしい。その頃永寧と珞熙が宮中を抜け出すが、裴照が止めようとする。しかし珞熙にお願いされて渋々つきあうことに。
裴照は女性のおねだりに弱すぎ~!そして珞熙の想いにそろそろ気付いてあげて♪

第33話「狼の牙」

裴照は珞熙に酒を勧めようとするミロを止めるが、珞熙は意地になって飲むことに。すると永寧と珞熙は泥酔し、珞熙は裴照に恋の詩を詠んで迫り続け、仕方なく裴照は抱き上げて珞熙を送り届けることに。
永寧と珞熙も面白いのですが、しらふの顧剣と裴照の挙動が笑えますよね♪

翌日の瑟瑟の誕生日に、目覚めない小楓に代わり、永娘が長寿麺を届けさせる。瑟瑟は食べて体調を崩したと言い、承鄞が小楓のもとに怒鳴り込む事態に。小楓は承鄞と言い争いになるが、永娘が事情を説明したため、承鄞は瑟瑟の自作自演の可能性を疑う。張玫娘も報告を聞き、承鄞が瑟瑟のために言うことを聞かなくなる前に、緒娘を使った策を講じることに。
瑟瑟は耐えていれば簡単に敵失狙えるのに、なぜ安易な攻めで失敗するのでしょう

小楓は瑟瑟を疑わず、用意した孔雀石の贈り物を届けることに。瑟瑟は小楓に狼の牙の首飾りを見せ、小楓はやはり首飾りが自分のものだと確信するが、承鄞がくれた婚姻の約束の印だと聞いて困惑する。瑟瑟は二人の以前の関係を知るため狼の牙を見せたのだった。
小楓のシンプルで裏表のない性格なのに対して、瑟瑟の腹黒さが光りますね♪

小楓は買ってきた瑠璃玉を編んで腕輪を作っていた。永娘はてっきり承鄞に贈るものだと思って喜ぶが、それは裴照から助けてられたお礼だった。小楓から狼の牙のことで問い詰められて、承鄞は記憶がないため困惑し、裴照は二人の喧嘩を聞いて肝を冷やす。
誰に贈るのかと思ったら裴照にとは意外でした。承鄞は絶対妬いていますよね~

裴照は狼の牙のことで二人が何か思い出すのではないかと心配し、顧剣に相談する。顧剣も不安を感じており、狼の牙について承鄞が納得するような話を用意することに。承鄞は西域から持ち帰った荷物で記憶を探ろうとしていたが、裴照の「軍営の外で拾い、殿下の戦利品かと思って荷に入れた」という説明に納得してみせる。
裴照はわざと腕飾りを顧剣に見せびらかしに来たのかな?嬉しそうでしたね♪

裴照は「万年県で羽林軍の二名の兵士が訴えられた」と報告を受けるが、その一人の名が「周西」(=小楓の偽名)だったため親民堂に駆け付けると、小楓とアドゥは漁師から「子供たちを川に突き落とした」として訴えられ、溺れていたのを助けたという小楓の主張も県令は耳を貸さない。裴照の機転で子供の自白を引き出し、助かった小楓に友人だと呼ばれたことで裴照はどぎまぎする。
裴照使える子!もう裴照しか頼りになる人はいない気がしてきました!

皇帝は神武軍に柴牧の行方を捜索させるが、何の手がかりもなかった。そこで明月を訪ねて話を聞くが、知音だと思ったと言われたことで嬉しくなり、公務は忘れて深酒をする。明月は顧剣に「皇太子殿下に会わせてほしい、報告がある」と言い出す…
陛下は明月に陥落している感じ?そして明月が承鄞に何を?これは気になりますね!

31~33話の感想

灌仏会はお釈迦様の誕生日=4月8日ということで、日本だと「花祭り」で、仏像に甘茶をかけるなどをしますが、あまり盛り上がるお祭りではありませんね。この間27話が元宵節で2月15日だったので、もう2か月近く経過したことになります。元宵節の時にはちょっといいムードになりかけていた小楓と承鄞ですが、いまや最悪の夫婦関係となってしまいました。
とはいえ、これは承鄞がわざと小楓を挑発し、夫婦仲が悪いことを演出して周囲に見せて小楓を守るための策らしいのですが、小楓の立場も瑟瑟の立場も悪くなる誰も得しない状態で、もうすでに承鄞には手に負えない状況になっているように見えます。特に瑟瑟が、承鄞が気づくレベルの自作自演で小楓を貶める策に出ていますから、どこかで承鄞が釘を刺さないといけないのではないでしょうか。

そこに、張玫娘が「自分の言いなりになる皇太子の側室」をぶっこむ策を企んでいるようですが、承鄞はただでさえ手に負えない後宮事案を、これ以上どう仕切っていくつもりなのでしょうか。
そして初登場の高家の末娘の動向が、大いに気になるところです。ここまで隠し玉をとっておくとは、高右相の考えているところが読めませんね。最愛の娘の嫁ぎ先が皇帝にしろ、皇太子にしろ、正妃ではなく側妃になるわけですが、如意を送り込むということは、高右相は張玫娘を見切っているように思われます。すでに主要な対抗勢力がいなくなった現状、高右相が次に潰すのは身内ということになるのでしょうか…

そして今回、裴照のエピソードが丁寧に盛り込まれていましたが、まるで裴照の方が承鄞より主人公みたいでしたね!滅多に笑わない裴照が、小楓のために右往左往しながらも懸命に守ろうとしてくれている様は、なんともほっこりさせられますね♪
でもなんだか、裴照から小楓に対するフラグが立ってしまっているような、危険な感じもしてしまいます。裴照はミロに陥落するのか、珞熙が想いをかなえるのかと思っていましたが、小楓だけはダメ、絶対!
回を重ねるごとに人間関係がややこしくなっていきます。裴照だけはシンプルに珞熙と幸せになって欲しいと思っていましたが、そうはいかないのでしょうか、心配です!




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。