海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-58話-59話-60話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
碩風和葉が、牧雲厳霜を救い出し、本営に連れて帰ることにする。その途中、和葉がいないときに、厳霜が意識を取り戻す。殺してくれるように赫蘭鉄朶に頼むが、断られると、厳霜は自ら胸に刀を突き立てる。

牧雲徳は、南枯月漓に、九州客桟に蘇語凝がいることを教え、二人は再会することになる。蘇語凝は、月漓から言われたことに想い悩む。

赫蘭鉄轅に不満を募らせていた速沁紫炎は五部族連盟からの脱退を宣言する。鉄轅が説得するが、自分に従わない紫炎に、楽に死なせてやると言って、剣を首に突きつける。

赫蘭鉄轅は、本気のようでしたね。でも、本当に殺せるのかしら?今回は、58話から60話までをご紹介いたします。

【海上牧雲記】(ネタバレあり)

58話 悲しい嘘

赫蘭鉄轅が、速沁紫炎を殺そうとしているところに、碩風和葉がやって来る。そして、真の鉄沁は女を殺さないと言って、おもいとどまらせる。
よかった!

赫蘭鉄轅が、速沁部族の者たちに、部族同士の恨みを忘れろ、戦うべき敵は誰なのか、従うべき真の王は誰なのかを見極めろと訴えかけると、彼らは武器を捨てるのだった。
確かに言う通りですね!

穆如寒江は、蘇語凝に、この先の人生を共に歩んでくれるかともう一度尋ねるが、蘇語凝は自分の気持ちを押し殺し、嫌だと寒江を拒絶する。

蘇語凝は、一人で皇宮へ戻り、皇帝に謁見する。皇帝から、戻って来た理由を問われると、寒江の冤罪を防ぐためであると答え、自らの処罰を求め、牢に入れられることになる。
すべては寒江を守るためですね!

牧雲合戈の妻になることだけを考えている南枯月漓に、牧雲欒は、合戈が官妓だった女を正妻に迎えるとは思えないと告げる。月漓自身も消せない過去に苦しんでいた。そして、自分の顔を刀で傷つけるのだった。

碩風蘇赫は、厳霜の腕を見て、秘術がかけられていることに気がつき、厳霜は間者であると、碩風和葉に告げる。

穆如寒山は、厳霜に放った矢により、赫蘭の本営の場所を見つけだすことに成功する。それを穆如槊に伝えるが、厳霜を囮に使ったことを穆如の恥であると穆如槊が批難する。

碩風和葉は、厳霜に、自分をはめたのかと詰め寄る。
和葉の態度が一変してしまいました!

59話 大将軍の覚悟

碩風和葉は、牧雲厳霜に失望し、来世の約束など忘れたと言い放ち、厳霜を殺そうとする。しかし、それを見ていた赫蘭鉄轅が、この女は利用できると言って、それを阻止する。
今度は和葉が止められました!

兵糧が尽きつつある穆如鉄騎の軍営では、牧雲寒に主力軍の指揮を任せ、穆如槊がわずかな手勢を率いて赫蘭の本営に攻め込むことを決意する。

出撃の前夜、穆如槊は、牧雲寒に、兵権の証しである辟天剣を託し、失敗した時は皇帝に返してほしいと頼むのだった。

その頃、皇宮では、皇帝と牧雲笙が穏やかな父子の時間を過ごしていた。そこに牧雲合戈が瀚州に向かうための挨拶にやって来るが、皇帝はとりあわなかった。
いい関係を築いているようですね!

皇帝は、牧雲笙に、寒江を侍衛にする辞令を出したことを告げる。牧雲と穆如は代々、皇子のそばには穆如の子弟をおき、皇子が即位すれば、穆如の子弟が次の大将軍になるのだと告げる。そして、皇帝は、星読みが出した新たな予言を牧雲笙に伝える。それは、牧雲笙に将来を託せば、端朝は更に強くなるというものだった。
墨禹辰が予言をしたのですね!

南枯月漓は、顔の傷を見て嘆き悲しむのだが、そこに、蘭鈺児がやって来て、牧雲合戈が九州客桟に来ることが知らされる。
再会を果たすことになるのですね!

月漓は、牧雲欒に、一緒に合戈に会いに行き、口裏をあわせてくれるよう頼む。

60話 未練と執念

南枯月漓に皇后の面影を重ねる牧雲欒は、月漓に協力することを約束する。そして、月漓と共に牧雲合戈がいる宴席に向かう。

宴の準備が整えられた部屋に牧雲合戈がぽつんと一人で座っていた。

月漓は、合戈にずっと待っていたことを伝えるが、合戈は帰れと言って追い返す。しかし、月漓は顔の傷を見せ、操を立てるために自分でつけたことを告げ、どんな境遇であってもずっと想ってきたと告げる。
月漓の言葉で、合戈の心が動くかしら?

そこに薛或らが宴に参加するためにやって来る。これは、月漓が仕組んだことであると牧雲欒はすぐに気がつく。

赫蘭鉄朶は、碩風和葉が好きなのだが、和葉との恋を成就することができず、絶望をしていた。しかし、希望はあると思いこもうとするのだった。
希望があるかな?

瀚州では、残り3日分のすべての兵糧を勇士に支給し、負ければ後がない厳しい状況であった。しかし、赫蘭鉄轅は、東大陸の朝廷が持つ懐刀は穆如槊だけで、その刀をへし折れば俺たちを阻む者はいないと考えていた。
単純な発想ですね!

穆如槊は慎重に兵を進めていた。早く兵を進めたいと考える穆如寒山は、寒江だったら、考える前に動いているだろう、行動あるのみと言って、先陣を切って前に進む。

牧雲徳は、牧雲欒に、宛州に戻って、準備を進めるよう促し、見送る。

58話から60話の感想

蘇語凝は、なんで月漓の言葉を信じてしまうのでしょうね。寒江のためと言っても、本当に寒江のためになるかどうかわからないのに・・・でも、結果としては、寒江が皇帝から罪を許されましたね。これでよかったのかな?寒江が事実を知る日はいつかしら?

決戦の日が近づいていますね。どちらも兵糧がなくなっているので、必死ですよね。反乱軍もかなり強そうに見えますが、穆如鉄騎の人数にはかなわないのでしょうか?

碩風和葉の牧雲厳霜に対する怒りはものすごかったですね。誤解が解けるかしら?厳霜もつらいでしょうね。自害に失敗したことで、今度は反乱軍に利用されそうです。どちらからも裏切り者扱いされて、厳しい状況です。せめて和葉には理解してもらいたかったでしょうね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です