麗姫と始皇帝-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

嬴政の不興を買った丹太子は咸陽に軟禁されてしまい、麗姫はそれを田光に伝えると田光は荊軻たちに丹太子救出を依頼する。
李斯は朝議で大軍を率いて逃げた丹太子を追うべきだと進言するが、嬴政は趙と停戦しその間に李牧を離間させることを優先する。

では、今回は31話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【麗姫と始皇帝】(ネタバレあり)

31話

陸侍医は楚良人に大王を欺けば大罪になると言っているが楚良人はもうすでに自分の懐妊を欺いていると言って他の太医に診断されればバレるだろうと言う。
どちらにせよ死罪になると脅し、この件は自分たちの秘密とすると言うが陸侍医は自分には出来ないと言って謝るが今から大王に自首しにいくと再び脅す。
相変わらずずる賢い感じでやってますけど、すぐバレそうな嘘をつく妃・楚良人。毎回妃なのにも関わらず考えることは浅はかなんですよねー

賄賂を受け取ったことも言うといってそうなれば一族皆殺しの罪だと言う楚良人、陸侍医は自分が間違っていたと言って言う通りにすると泣きつく。
その頃、嬴政と麗は南宮にやってきて趙姫に会いに来るが、趙姫は枕を抱いて子供のようにあやしながら独り言を投げかけていた。
意外と長く出てきますね趙姫、正直こんなやり取りをクローズアップするくらいなら六国との状態を見せて欲しいんですよねー内部はどうでもいいよ

嬴政が来たと言うと取り乱す趙姫、麗は機転を利かせて自分の息子である政だと言って自分は妻の麗だと言うと趙姫は麗のことは思い出した。

32話

李斯は敏夫人の元にやってきて真意を聞かせて欲しいと言うと、敏夫人は麗夫人が消えれば全て上手くいくことだと打ち明ける。
そして李斯が大王の信頼を取り戻す為には秘策があると言って、教えるにはまずは自分たちの側につくのが条件だと言うと李斯は敏夫人側につく。
もう少し誰かしら退場するかと思ってましたが、32話になっても全然登場人物減らないので話がややこしくなってきましたねーもう少しテンポ良く。

麗姫は枕元に置いていた公孫羽の形見の短剣が見当たらないと清児に相談していたが、麗姫は盗まれたのかもしれないと言うが清児は探しておくと言う。
嬴政と共に狩りに出掛けた麗姫、一緒に馬車に乗る敏夫人に麗姫は聞きたいことがあると言って九眼瑠璃珠を取り出しかつて楚良人が韓長使に贈ったものだと告げる。
ついに黒幕・敏夫人と向き合う麗姫、ただここのやり取りは正直どうでもいいんですよねー後宮内の争いは元剣客の麗姫には向かないよね

なぜか韓非の牢にもこの瑠璃珠があり、それは韓長使の物ではなく入内した頃に貰った敏夫人のものではないかと言う。

33話

敏夫人は趙を倒せないのであれば韓と魏を先に下してはどうかと嬴政に提案、この国は他と違い弱小でありたやすく勝利できるだろうと言う。
先に勝利を収め、兵たちの士気を高めてから趙攻めをしても遅くはないと言う敏夫人に嬴政は敏夫人は趙人だから趙から兵を引けば内心喜ぶだろうと告げる。
グッとアップするのやめて、本当に笑ってしまう。嬴政も嬴政で誰も信じられないのはわかるけど妃の意見を聞きすぎじゃないですかね?

楚良人の元に麗姫が丹太子の逃亡を助けたとして捕まり投獄されたと報告が入り、狩りの最中に敏夫人と麗姫が口論となり麗姫が刺したと聞く。
嬴政は麗姫への拷問も黙認していると言って尚儀は楚良人もこの機会に拷問を楽しんではどうだと提案すると楚良人は上機嫌になる。
こういう時だけ嬉しそうにする二人、人の足を引っ張るようなことしたって嬴政から寵愛を受けれる訳じゃないんですけどねー愚かですね

牢にやってくる楚良人はいきなり麗姫をビンタして麗姫の髪を短く切るようにと指示するがそこに趙高がやってきて止める。

31-33話感想

荊軻の為にやったことだとしても、その代わりに今の男である嬴政に迷惑かけてたらダメですよねー過去は過去って割り切らないと。
そりゃ嬴政も怒りますよね、養ってるのは嬴政なんだし…ただだからと言ってすぐさま他の女に癒やしを求めるのもなんだかなーって感じ。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。