麗姫と始皇帝-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

狩りの道中に一緒の馬車に乗った麗姫と敏夫人、麗姫は瑠璃珠を見せて今までの黒幕は敏夫人だと言うと敏夫人は公孫羽の短刀で自らの腕を斬る。
敏夫人は麗姫が丹太子を逃したことに協力したことを言うと嬴政は激怒し麗姫を牢に捕らえてしまい清児と共に拷問を受ける。

では、今回は34話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【麗姫と始皇帝】(ネタバレあり)

34話

昌平君は他の臣下から糾弾されても弁明もしなければ辞意を申し出ることもあり、そのような態度を大王は忠臣だと思うのだと敏夫人は語る。
臣下から嫌われれば私党を組む心配が無いと大王に思わせているが、長年左丞相にいる人物が権力に興味が無いわけがないと言う。
李斯は元々そうですけど、敏夫人も敵だってわかったもののやっぱり見た目は少し小物感ありますね。ちょっと黒幕には若すぎた感じ

昌平君は大王の気性を良く理解しており孤立を装っておれば安全だとわかっている為、同じ楚人である祖太后とは距離を保っていると話す。
李斯はその話を聞いて自分は確かに昌平君に比べて軽率だったと理解、敏夫人も大王の心の奥を知らなければ李斯に勝機は無いと忠告する。
実際問題、李斯の方が長く嬴政に使えることになるんですよねー史実では。某漫画からも全然そんな気配は見えないんですけどねー

田光を見舞う丹太子と荊軻、丹太子は荊軻に自分が助かったのは荊軻のおかげだと言って拝礼するが高漸離はその様子を見て外に出ていく。

35話

麗姫の捕まっている牢にやってきた楚良人に麗姫は敏夫人が廃嫡された元太子と手を組み大国の王の妃となり復讐を誓っていることを打ち明ける。
一方、敏夫人の元にやってきた趙高は嘉太子から密書が届き、邯鄲で頓弱という商人の行動が目立つと話し趙高自身も探りを入れていると言う。
楚良人を動かすくらいしか出来ない麗姫、もう少し他の者と関わりがあっても良かったんじゃないですかねー嫉妬されてるから無理かなぁ

敏夫人はそれが離間の計を目論む嬴政の刺客なのではと考えるが、危機は好機でもあるとしてこの機に乗じて趙遷を王位から引きずり下ろすと決意する。
趙高は麗姫の話題を出すと敏夫人は自分たちの敵ではないが味方とも言えず、酌量を求めているのは猜疑心の高い大王を欺く為だと趙高に話す。
完全に趙高を手下だと思っている敏夫人、ただ趙高はそんな簡単な相手ではないと思うんですけどね。もう少し忠臣たる人物はいないんですかね

麗姫の話を聞いた楚良人はすぐさま嬴政の元にやってくると韓非を殺したのは自分ではなく敏夫人であると言って瑠璃珠が証拠だと話す。

36話

屋内で韓申と戦う嬴政、韓申は「お前に麗は渡さない」と言って剣を振り下ろそうとするが麗がその間に割って入り嬴政をその身で庇う。
嬴政はそんな麗を見つめ、自分は愚か者でそなたの心も知らず信じようともせずに苦しめたと言って謝り、許しを請う資格は無いが会って謝りたかったと言う。
「私のために争わないで」って久々に聞きましたけど、ベタもベタ過ぎる展開とセリフに笑っちゃいましたねー今の時代に言いますか?それ

麗を側に置けば結局不幸にしてしまうと言って幸せにする自信が無いと言う嬴政は、麗が秦を去っても追わぬと約束し天明も麗と暮せばいいと言って立ち去る。
帰りの馬車の中で嬴政は町並みを見つめ、自分は秦の王であり立ち止まっている暇はないと考え麗は手の届かない女性で夢だったと諦めようと決意する。
涙を拭う前に血を拭け嬴政、その決意をみんなは36話まで待ち望んでいたんですよ?あなたは秦王なんですから女で右往左往してる場合じゃないです

燕に戻った丹太子の元にやってきた鞠武は自分が戻れたのは麗夫人が牢の中から助けてくれたことだと話し、丹と荊軻は麗が牢に囚われていることを知る。

34-36話感想

高漸離がもう少しかっこよかったらそのセリフに重みが出るんですけど、他の剣術家に比べて物凄く裏切りそうな顔してるのが悪い。
今の韓申がどんな気持ちで麗を守ってるのかが凄く分かりづらい、でもやっぱり他の男たちより断然韓申の立場が一番かっこいいですけどね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。