麗姫と始皇帝-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

麗姫は楚良人に敏夫人が韓非を殺したことを打ち明けると韓申が戻り麗が捕らわれていると知ると牢に向かい、嬴政もそこにやってくる。
韓申は麗姫が嬴政の事を思って嬴成蟜を探させており、息子の小嬰を連れてきて自分は趙の嘉太子にそそのかされて謀反を起こしたという文を韓申に渡していた。

では、今回は37話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【麗姫と始皇帝】(ネタバレあり)

37話

蒙武の元にやってきた李仲は敵の奇襲ではぐれてしまった嬴政を捜索していると報告、無闇に兵を動かして戦に負ければ捜索はより困難になると話す。
そこに韓軍が出軍したという報告が入り、韓軍が向かっている先はこちらの本陣ではなく嬴政が逃げたであろう山を包囲し何かを探しているようだと部下は告げる。
李仲って誰だろうとずっと思ってましたが多分李信のことですよね?やっぱり文官より武官の方が信用できる人多いからそっちが見たいよね

その頃、傷だらけになり山を彷徨う嬴政は韓軍に包囲されていたがギリギリのタイミングで麗が現れ嬴政を助けるが韓の追手が迫る。
洞窟の中に逃げてきた二人、傷を手当する麗を嬉しそうに見つめる嬴政は麗の手を取りもう二度と会えないと思っていたと言うと麗も自分もそういう決意だったと話す。
まぁロマンチックな展開ですけど完全な吊り橋効果な感じがしますね、李仲と蒙武と麗だけで良いのでは?変な女の争いとか見飽きちゃいましたよね

嬴政は王宮にいても麗の事を思い出すから出征したと言うと、麗は傷心したからと言って戦をするなんて王としての自覚が無いと言って叱る。

38話

荊軻の屋敷にたくさんの人が訪れており秦舞陽はその者たちに荊軻を紹介、他にも丹太子から貢物が山程届くが秦舞陽は蓋蘭に叱られる。
秦舞陽は名声を得てこそ剣客だと言って勝手に屋敷の中を皆に案内、その頃韓の韓非の墓を立て嬴政は韓非が本当の忠臣であったことを思い出していた。
ちゃんと臣下を見極めきれなかった嬴政のせいでもありますからね、麗はちゃんと韓非を評価していたのにもう少し臣下を見る目を養って嬴政

嬴政は韓非の墓に酒を撒き、安らかに眠れと言って自分は未熟な王だがいつか中華統一という覇業を成して必ず韓非の才知を広めると約束し拝礼する。
その頃、丹太子は全国から強い者を集めており、秦舞陽はもうすでに秦王は刺客を燕に送り込んでいると言う話をしているとそこに田光がやってくる。
まぁよその国からしたら冷酷無比と言われても仕方ないんでしょうねー六国を侵攻して滅ぼすってことは。これに関してはどっちが正しいかわかりませんね

魏からやってきた凄腕の剣の使い手である無相が馬車に乗ってやってきて荊軻たちの前で公開試合に望むが秦舞陽や蓋蘭は荊軻の方が強いと言う。

39話

敏夫人は麗姫が失踪した時に荊軻と一夜をともにしたことを話題に出して天明が本当に嬴政との子なのかどうかと声を荒げて誓ってみせよと言う。
清児に麗姫を下がらせた嬴政は敏夫人を今はわざと生かしておくと決め、その目で邯鄲の末路を見届けよと言ってそれが敏夫人への罰だと告げる。
変に小細工するから普通に処刑しちゃえばいいのに…麗も痛いところ突かれましたねーまぁDNA判定とかないので有耶無耶にはできそうだけど

呂不韋の元に嬴政が総大将を王翦と任じ20万の軍勢をあげて趙に再び進行してきたと報告が入り、嘉太子はこのままでは自分が即位する前に趙が滅ぶと焦る。
李牧がいれば秦軍などには負けないと言う呂不韋、しかし嘉太子は郭開が頓弱を食客として迎え何やら謀議を行っている様子だと報告する。
未だに生きていた呂不韋、ここまで変に生き残るよりは某漫画みたいに生きてはいるけどサラッと別の場所に逃げて隠遁してるってほうが良かったね

呂不韋は李牧の地位が脅かされぬように配慮しておけと指示し、敏夫人から密書が届かないことを尋ねると内通が明るみになった可能性があると話す。

37-39話感想

これから趙を攻めるぞ!ってときに邯鄲に行くの!?嬴政と麗姫は…そんなことありますか?嘉太子にも軍をあげたって情報が筒抜けなのに?
早く戦争場面が見たいんですけど、なんだかまだグダグダと…呂不韋と趙姫のやりとりなんてもう興味ないですよーテンポ悪くなっちゃって。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。