麗姫と始皇帝-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

趙への侵攻を止める為に麗姫に便宜を図ってくれと頼む敏夫人、しかし麗姫はそれを拒否した為に敏夫人によって流産させられてしまう。
趙侵攻を決めた嬴政は敏夫人に邯鄲陥落を見せる罰を行わせる為に出陣に同行させ、嘉太子や趙に見切りをつけた呂不韋は嬴政と接触する機会を伺う。

では、今回は40話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【麗姫と始皇帝】(ネタバレあり)

40話

麗の計らいで邯鄲にやってきた趙姫はそこで呂不韋に出会い、麗を下げた呂不韋は趙姫を抱きしめると趙姫は涙を流して喜ぶ。
呂不韋は趙姫に頼みがあると言って嘉公子を王位に就け秦に服従させ犠牲を出さずに属国にさせるので、秦軍を邯鄲の外で待機するように嬴政に伝えて欲しいと言う。
錯乱してるものの、いい歳したおばちゃんが「私、また捨てられるの?」とか言ってるの見るのなかなかキツイものがありますねー軍を動かせ!

我々親子3人の未来が懸かっていると言うが、趙姫は呂不韋の頼みが野心ばかりで自分とやり直したいことではないことにガッカリする。
嬴政を責める呂不韋だったが趙姫は取り乱し自分はもう呂不韋の手駒にはならないと叫ぶと麗姫が心配して駆けつけるが呂不韋は趙姫を人質にする。
私達は何を見せつけられているのでしょうか…麗姫がどういう人物かわかってないのかな呂不韋は、趙姫に言うより麗姫に接触したほうが可能性あったのでは

嬴政をここに呼んでこいと脅す呂不韋、麗姫はすぐさま嬴政の元に向かい嬴政はその頃趙攻めの軍議を王翦とともにしていた。

41話

李仲は突如嬴政が隊を離れ失踪、護衛の禁軍も姿を見失ったと言って麗姫に報告すると呂不韋に欺かれ嬴政は傷ついていると麗姫は考える。
趙姫は長くないと言って、李仲には嬴政を捜索させ自分も趙姫が落ち着いたら捜索を始めると指示する麗姫、李仲は全軍で捜索を開始すると告げる。
まーた李仲君は凡ミスしちゃって。このドラマは行方不明多すぎなんですよねーすぐみんなどこかに行っちゃう、序盤から何も学んでないよ

その頃、燕の丹太子の屋敷では荊軻が嬴政暗殺を決意するが田光は鵠落剣法の使い手だとしても相手は数多の兵士に守られており困難を極めると話す。
暴君を鵠落剣法で殺せるならば死んでも悔いはないと言う荊軻、丹太子や田光は厳重な警備があると言うが荊軻は秦王に謁見して殺すと言う。
過去と決別って無我の境地の話はどうなったんですかね、剣の為に生きるんじゃなかったんですか?ただの復讐や嫉妬ですよねー子供ですか?

一方、夜になるが嬴政は見つからず兵から城南は貧民窟なのでまだ捜索してないと聞いた麗姫は嬴政が幼い頃に城南で育ったと聞いたことを思い出す。

42話

何があろうと自分は最後まで荊軻の側にいると決意する蓋蘭、荊軻はそんな蓋蘭を止めるが蓋蘭は荊軻を丹太子の復讐の道具にはさせないと言う。
荊軻は滅びゆく六国の民が祖国や家族を失うさまを見過ごせず秦王を殺すのは天下の為だと言って天下の為に死ぬのなら悔いは無いと告げる。
蓋蘭の方がよっぽど志を持っているような感じがしますよね、延々争い合ってきた中国で今更祖国を失うどうのなんて言ってられないでしょ

そこにやってきた秦舞陽は韓申がやってきたと言って、荊軻の屋敷に招くが韓申は奥義を究めた後は豪邸を貰い初心を忘れて悠々自適かと言い捨てる。
失望したと言って屋敷から出ていく韓申の後を追ってくる蓋蘭は韓申にはまだ言ってないことがあると言って荊軻の屋敷に連れ戻す。
もう最終話が近くなってきてるのに一向に成長しない荊軻、韓申は荊軻に剣術の腕で負けているって言ってるけど韓申も鵠落剣法身につけてほしいよ

秦軍営では目覚めた嬴政の元にやってきた李仲が麗夫人の指示で趙軍を避け三川郡に戻り、数日で咸陽だと言うと嬴政は麗姫が軍営にいないことに気付く。

40-42話感想

自分の剣で天下を変えられると思っている夢見がちな荊軻君、それなら韓申と同じく麗を見守りながら忠臣として嬴政を導く役でも良かったんじゃないの。
殺しに殺しで対抗している時点で同じなんですよねー結局。そこを荊軻は理解していないし、まだ嬴政の方が覇道って言ってる分、罪の意識はありそう。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。