三国志-Secret of Three Kingdoms-あらすじ-全話一覧-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-三国志-Secret of Three Kingdoms-あらすじ-全話一覧
三国志-Secret-of-Three-Kingdoms


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
三国志 シークレットオブスリーキングダムは劉平役の馬天宇(マー・ティエンユー)は、2018年3月27日から中国で放映されたドラマです。
イケメンスター発掘番組「加油!好男児」で上位に残って注目され、その後歌手・俳優として活躍してきました。ドラマでは「四人の義賊 一枝梅(イージーメイ)」で女装役者・賀小梅役、「古剣奇譚〜久遠の愛〜」では主人公屠蘇の旅の仲間・方蘭生役など、かわいいイメージが強い彼ですが、今回の役では新たな一面を見せてくれるかも。
司馬懿役の韓東君(エルヴィス・ハン)は、「神雕侠侶」でデビュー以来、「仙剣云之凡」「無心法師」など主演作が続いている若手注目株です!
献帝劉協の皇后・を演じる万茜(レジーナ・ワン)は、映画「戦神/ゴッドオブウォー」で主人公・戚継光の妻役の他、映画「軍中楽園」の演技では第51回金馬奨最優秀助演女優賞を受賞している実力派です。

若手の美男美女キャストによる、三国志版ロマンス史劇かと思いきや、謀略が複雑にからみあって、人間ドラマとしてのみごたえも十分!
ここでは中国ドラマ『三国志 Secret of Three Kingdoms』のあらすじやネタバレ感想、見どころ、最後の結末、といった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

三国志 Secret of Three Kingdoms あらすじ

時は建安四年(199年)。すでに後漢朝廷は名目だけの存在となり、群雄割拠して覇権を争う戦乱の時代。朝廷を把握した曹操と、勢力では曹操に勝る袁紹とが官渡の戦いを目前に控え、一触即発の状態にあった。
魏の青年・楊平は、幼少期から名家の司馬家に預けられ、司馬懿らと兄弟のようにして育っていた。
そんなある日、楊平の父・楊俊が突然楊平を引き取りにやってくる。しかし楊平らの乗る馬車は何ものかに襲われ、なぜか楊平はその死を偽装されることに。
そして実は、楊平は皇帝劉協(献帝)の双子の弟・劉平で、生まれてすぐに引き離され、その存在を伏せられていたのだった。劉平は兄皇帝と引き合わされるが、その時すでに劉協は病で息を引き取っていた。
劉協の死は政治的な不均衡をもたらすため、その死を伏せて、劉平が劉協になりすますことになるが…

三国志 Secret of Three Kingdoms-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

三国志 Secret of Three Kingdoms-1-2-3話

三国志 Secret of Three Kingdoms-4-5-6話

三国志 Secret of Three Kingdoms-7-8-9話

三国志 Secret of Three Kingdoms-10-11-12話

三国志 Secret of Three Kingdoms-13-14-15話

三国志 Secret of Three Kingdoms-16-17-18話

三国志 Secret of Three Kingdoms-19-20-21話

三国志 Secret of Three Kingdoms-22-23-24話

三国志 Secret of Three Kingdoms-25-26-27話

三国志 Secret of Three Kingdoms-28-29-30話

三国志 Secret of Three Kingdoms-31-32-33話

三国志 Secret of Three Kingdoms-34-35-36話

三国志 Secret of Three Kingdoms-37-38-39話

三国志 Secret of Three Kingdoms-40-41-42話

三国志 Secret of Three Kingdoms-43-44-45話

三国志 Secret of Three Kingdoms-46-47-48話

三国志 Secret of Three Kingdoms-49-50-51話

三国志 Secret of Three Kingdoms-52-53-最終回(54話)

見どころポイント
三国志を題材にしたドラマは数々制作されていますが、このドラマは「漢王朝最後の皇帝・献帝(けんてい)には、双子の兄弟がいた」、という出生の秘密を盛り込んだもので、今までの三国志とは一味違う、いわば「裏三国志」的なドラマです。
元々は大ヒットした小説をドラマ化したものですが、何しろ主人公が普段三国志ではほぼ活躍しない献帝(漢王朝最後の皇帝)になりますから、三国志おなじみのキャラクターが無双するのとは、ちょっと味わいが異なるかもしれません。

これと、現在WOWOWで放送中の「三国志~軍師同盟~」の序盤は、大体同じ時代を描いているのですが、なんと脚本家は同じ常江(チャン・ジャン)氏!
角度の違う三国志を、同じ脚本家が書いているということになります。「軍師同盟」の方が比較的「王道」で、こちらが「変化球」でしょうか。
両方あわせて見ることで、歴史に秘められたトリックが垣間見えてくるかも?

三国志-Secret of Three Kingdoms 評価レビュー・感想

このドラマはマー・ボーヨン(馬伯庸)という中国で大人気の作家の小説「三国機密」を原作にして映像化したものですが、マー・ボーヨンは時代劇専門作家というわけではなく、日本だとカテゴリはSFとかミステリー作家に分類される作風の方のようです。ライトノベルともまた違うような。
そもそも三国志の中で献帝劉協にスポットライトをあてよう、という着眼点だけで「馬殿、おぬしやるのぅ」という気持ちに。劉協なんて三国志の中でも最弱のキャラクターで、みなさん「傀儡にされて散々利用された挙句、曹丕に禅譲したダメな漢王朝ラストエンペラー」としてのイメージしかないと思います。
そこに「劉協には実は双子の弟が」という、赤いシリーズか少女漫画?みたいな設定をぶちこんだのに、そこから「歴史から隠された名君・劉平」というストーリーを作り出してしまうのですから、なかなかすごいです。

偽皇帝なら、バレないように閉じこもっていればいいのですが、楊平は漢王朝のために動き回ってしまいます。外に出たほうが「水を得た魚」だと、歴史の分岐点に姿を現しては、傀儡と思われていた皇帝像を否定するような仁徳を振りまいて、どんどん漢王朝への支持をとりつけていきます。その姿を見ていると、「もしかして三国志の結末が、歴史が変わってしまうのでは?」とたびたびハラハラさせられるのですが、結局歴史の通りに進行しているように見えて、その実、史書に描かれなかった新たな真相を知ってしまったような気持ちにさせられる、実にうまい展開になっていました。
そうして増していく献帝の存在感に危機感を感じた曹操なら、帝位を簒奪することなどわけなかったと思うのに、なぜそうしなかったかという歴史の謎に、曹操と楊平に最後に生まれた友情や、郭嘉の遺志などを盛り込んだり、賈詡の人物像に「実は漢王朝の忠実な守護者」という設定をしてみたりと、作り手の側が「マイ三国志」を楽しんで作っているのを細部にまで感じさせられます。熱烈な三国志ファンによる壮大な二次創作といった趣があり、ファンならここまでやれれば最高でしょうね。

また、キャスティングにもなかなか味がありました。
楊平(劉平)にマー・ティエンユー、司馬懿にはエルヴィス・ハンと若手注目株を配したのに対して、その相手役には伏寿にレジーナ・ワン、唐瑛にはドン・ジェと、安定感あふれるベテランといってもいい女優陣をもってきたのも面白いです。それぞれ人妻だった高貴な女性と、お相手が若々しい青年という設定ですから、女性陣がリードするような存在感になってちょうどよかったのかもしれません。それにしても12歳年上の大先輩ドン・ジェを相手に、堂々と偉ぶった司馬懿を演じるエルヴィス・ハンはなかなか大変だったのでは。
そして今回のキャストの中では郭嘉役のサニー・ワン(王陽明)がなかなか光っていたと思います。サニー・ワンは台湾の俳優さんで、30歳で俳優デビューのリアル御曹司だそうです。あのセクシーな郭嘉の目力はかなり強烈だったので、現代劇メインで活動されているようですが、今後もぜひ時代劇に登場して存在感を発揮していただきたいものです。

それと、ブログの感想の中で時々「三国志 司馬懿~軍師連盟~」と比較していましたが、本作の脚色担当の常江が、軍師連盟の脚本だったことで、時期の近い三国志である上に、キャストがかぶっていたことで、どうしても比べてしまうのですね。本作の荀彧役のジーン・オウ(王仁君)は「軍師連盟」では曹植を演じており、曹丕役のタン・ジェンツー(檀健次)は司馬懿の息子・司馬昭を演じています。ぜひ、両方のキャラクターの違い、演技の違いなどを見比べてみてください。「軍師連盟」もお勧めです!
三国志ドラマの中でも、司馬懿を主人公に据えたことで、蜀と呉はちょっとしか出てこなかった「軍師連盟」もなかなか異色でしたが、本作はさらに、蜀と呉が全く出てこないという魏オンリーの展開でした。「タイトルに三国志ってあるのに、諸葛亮は?関羽は?」と思われた方、ごめんなさい。でも、裏・三国志としてお得な深掘りをした気持ちになることは間違いありません。

逆に、三国志の予備知識が全くない人にとっては、三国志と全く関係ない時代劇として見ることも可能だと思うのですよね。おそらく従来の三国志作品からすると、一番「らしい」ところから遠い作品なので、これを入り口としてより深い三国志ワールドに入っていくというのもアリかな?どうでしょう…
実際、三国志に触れたことのない方が三国志のファーストコンタクトとしてこれを見たらどういう感想をお持ちになるのか、非常に興味があるので、そういう方はぜひ感想をお寄せいただきたいと思います♪

三国志-Secret of Three Kingdoms キャスト・出演者

<楊平(劉平)役・ マー・ティエンユー(馬天宇)>
ある日突然献帝劉協の双子の弟だったと明かされ、病死した兄に代わって皇帝として漢王朝の再興に尽力することになった楊平を、マー・ティエンユーがナイーブかつノーブルに演じました。これまではアイドル的なポジションだった彼にとって俳優としてこの役は貴重なステップアップになったのではないでしょうか。1986年07月12日生まれの33歳、イケメンスター発掘番組「加油!好男児」で注目され、その後歌手・俳優として活躍してきました。ドラマでは「四人の義賊 一枝梅(イージーメイ)」で女装役者・賀小梅役、「古剣奇譚〜久遠の愛〜」では主人公屠蘇の旅の仲間・方蘭生役などに出演しています。

<司馬懿役・ エルヴィス・ハン(韓東君)>
諸葛孔明と競る天才軍師で、三国志の最終覇者である司馬懿ですが、本作では兄弟同然に育った楊平の優しさに振り回され、その中で生まれた復讐心が歴史を大きく動かすことになります。司馬懿のシニカルさ、冷徹さを、エルヴィス・ハンが主要キャストの中で最も若いのを感じさせない、堂々たる演技で魅せてくれました。
エルヴィス・ハンは1992年07月21日生まれの27.歳、「神雕侠侶」でデビュー以来、「仙剣云之凡」「無心法師」など主演作が続いている若手注目株。中島みゆきのテーマ曲起用でも話題の「「愛される花」の主演で魅力を発揮しています。

<伏寿役・ レジーナ・ワン(万茜)>
献帝の遺言を守り、偽者の皇帝・楊平を支え漢王朝の復興を図る悲劇の皇后・伏寿は、時に厳しくあたりながらも、楊平を通じて真の愛に目覚め、心から天下と民を思うようになります。レジーナ・ワンはこの撮影中おめでただったそうですが、撮影の大変さを微塵も感じさせずに誇り高く、悩み深く、かわいらしい伏寿の様々な表情を深く表現していました。
1982年05月14日生まれの37.歳、主な出演作は当ブログでも取り上げた「麗王別姫~花散る永遠の愛~」の独孤靖瑶役や「海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎」「猟場」、映画では「軍中楽園」「戦神 ゴッド・オブ・ウォー」などがあります。

<曹丕役・ タン・ジェンツー(檀健次)>
曹操の次男・曹丕は、父との突然の関係の変化の真相を知り、次第に父への思いと野心が歪んで道を踏み外していきます。そんな風に良い子の裏で屈折したキャラクターは、タン・ジェンツーの得意分野になりつつあるようで、今後が楽しみな成長株です。
1990年10月05日生まれの29歳、歌手としてはMIC男団のメンバーとして2010年にデビューし、ソロ活動も行っています。「三国志〜司馬懿 軍師連盟〜」では今回同様闇落ちするキャラクターで司馬懿の次男・司馬昭役。エルヴィス・ハン主演の「愛される花」にも出演しています。

<唐瑛役・ ドン・ジェ (董潔) >
董卓によって廃された少帝こと弘農王の元皇后で、唐王妃として静かに暮らしながら、伏寿を助け漢王朝再興の企てに加わりつつ、実は袁紹によって刺客として育成された裏の顔を持つという複雑な役柄を、ドン・ジェがベテランならではの存在感で演じ切りました。
ドン・ジェは1980年04月19日の39歳、広州軍区戦士歌舞団演員に属しており、階級は中尉だそうです。チャン・イーモウに見いだされたことからチャン・ツイイーなどと並び「モウガール」と呼ばれる女優のひとりです。「傾城の雪」ではたくましく生き抜くヒロイン江嘉沅を演じ、「如懿傳」では陰謀に絡み取られて敗れる富察皇后役。他にも女優として20年の長いキャリアで数多くの映画やドラマに出演しているトップ女優です。

三国志-Secret of Three Kingdoms 基本情報

放送局:騰訊視頻
読み方:さんごくし シークレットオブスリーキングダム
原題 :三国机密之潜竜在淵
話数 :全54話
放送開始:2018年3月27日から
原作 :馬伯庸
監督 :パトリック・ヤウ(映画「パラダイス!」「ロンゲストナイト」)
脚本 :常江




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です