双花伝(そうかでん)-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
原青江の側室になった錦繍、非煙と夫婦になった明磊、モクとして肱月で太子妃となる碧瑩、将軍として初画といい雰囲気の飛燕、そして月容の証人として南国へ連れていかれた木槿と、小五義はバラバラの運命をたどり、木槿には原青江から殺害命令まで下っています。

原家の後継者として期待されている非白はひとり暴走中だし、原家のお家騒動はどこへ向かっていくのか、誰が勝者となるのかまだ不明ですが、木槿を殺そうとしている原青江は、「護国の六子」とか「32文字の真言」をどうするつもりなのか、そろそろ当初の設定が気になってきますよね♪

【双花伝(そうかでん)】(ネタバレあり)

第25話「皇位奪還」

玉璽を取り戻した原青江は、西庭皇帝・軒復徹に献上する。錦繍は紫晹夫人の称号を下賜され、明磊は非煙との婚儀に皇帝の臨席を賜る。錦繍には原青江から百人の精鋭「奉徳軍」が与えられ、非煙は明磊と本当の夫婦となれた喜びで涙を流す。一方で玉璽を奪われた復昱は、竇英華の野心に押しつぶされそうになっていた。
「皇位以外に何を贈れば」って、返しに困る皇帝ジョークですよね…

木槿と月容の前に「紫の瞳の男は全員捕まえろ」という検問が立ちはだかる。木槿は男女入れ替える案を考え、月容は渋々女装して国境の検問の突破に成功する。しかしさらに検問が続いたため、見張りの薄い北側に向かうことに。
オープニングの月容の女装はこれだったのですね!木槿の男装の方が微妙かも♪

初画は兵営の飛燕に食事を届けるが、飯に小豆が入っているのを見た飛燕は、かつて自分が語った「小豆は相思相愛の印」の話だと気付き、初画と思いが通じ合う。
飛燕の笑顔、なごみますね~♪この二人が今のところ唯一にして最大の癒しですね!

木槿と月容は山賊に金をせびられ、月容が殴られてしまう。次第に心を開いていく二人だが、月容は毒がまわって軽いものまで持てなくなっていた。二人は赤ん坊に「夕顔」と名付ける。
月容の方が毒のまわりが強いけれど、木槿の方はそうでもなさそうなのが謎ですね

碧瑩は目の不自由な非珏のために、上奏文に印をつけて触って読めるようにする。上奏文はすべて砂漠化についての訴えで、非珏は砂漠に飲み込まれる肱月を憂う。碧瑩は以前木槿が「砂でも育つ植物がある」と話していたことを思い出し、二人で砂漠に行ってみることに。
皇宮の下に眠る「大地の心」とは一体何でしょう。二人もいい感じになってきましたね

錦繍は皇宮の宴に出席することになり、そこに連夫人が押しかけ作法がなっていないといびるが、麗貴妃が助け舟を出す。錦繍は原奉定から「麗貴妃はもう子を産めず、兄皇子たちが本孝皇子を馬車から投げ出した」という話を聞き、何も知らない麗貴妃に同情する。
兄皇子たちは、泣き声だけが原因で投げ出したのではないような気がします…

明磊は明家の間者を護衛としてそばに置くことに。復讐を急かされ、明鳳卿に駒にされていると感じて明磊は反発し、非煙の処遇も復讐とは別だと答える。非清との信頼が深まるにつれ、明磊は復讐と友情の板挟みに苦しむことに。
明磊にとっては、復讐も非煙も自分を縛る重荷でしかないような

飛燕は先鋒大将軍に任じられ、辺境での倭寇平定の勅命を受ける。その原家を牽制しようという思惑に皇位奪還が論じられるが、原青江は時期尚早と考える。皇帝の噂を流して信頼を損なうという明磊の策が採用されるが、原青江は明磊の本心を疑っていた。
飛燕は初画の部屋に呼び出されると、室内は婚姻の装飾がされ、初画は花嫁衣装で待っていた。辺境への出発前に家族にしてほしいという初画を、飛燕は一生大切にすると誓う。
飛燕と初画が結ばれて本当によかった…二人が引き離されることのないよう願います

明磊は、木槿と碧瑩が暮らしていた離れをひとり訪れ、木槿への想いをかみしめる。それを見ていた原青江は、明磊から木槿の情報を遮断し「木槿は死んだ」とすることに。
今の明磊にとっては、木槿が死んだことになっている方がいいのかもしれませんね…

第26話「紅梅の思い出」

木槿と月容は一帯に漂う瘴気に侵され気を失う。村人に助けられたが、月容の紫の目が妖魔と恐れられ乱闘になり、長老の君樹涛がことをおさめる。木槿は莫問と名乗り、月容を妻の朝珠と紹介し、空き家を提供される。家に月容が飾った紅梅の枝に木槿は非白を思い出す。
気を失って目覚めた瞬間から、男女入れ替わり演技ができている二人が笑えます♪

碧瑩と非珏は砂漠でも育つ植物の栽培を模索していた。碧瑩は非珏の優しさに打たれながらも、「モク」の偽物であることに心を痛める。非白は木槿の捜索の傍ら困窮する民に手を差し伸べていた。一方、胡勇も月容を見つけられず、捜索を拡大することに。
非白の施しと胡勇の略奪の差が、正しく原家に伝わっているといいのですが…

飛燕は初画に「必ず戻る」と約束して辺境へ出征する。見送りに錦繍と明磊が駆け付けるが、二人の険悪な様子に、飛燕は「紫園で足場を固めたいなら協力が必要だ」と、小五義の誓いを再現させる。飛燕が発った後、二人は「互いに不干渉で」と決める。
飛燕の思いやりも、錦繍と明磊には響かないようです。飛燕が無事に戻りますように…

錦繍がもらう織物に連夫人が文句をつけ、二人が火花を散らすのを見て原青江は辟易し、二人に半分ずつ分けることに。連夫人は非煙に事情を伏せ、織物を半分もらうようけしかける。
原青江は謝梅香がおとなしかったせいで、女同士の確執に意外と耐性ないような気が…

君樹涛の娘・君翠花に文句をつけられ、木槿はきつい力仕事を引き受けるが、非力で何もできない。月容は料理も満足にできないながら家族らしくなったと感じていたが、木槿は紅梅を見て非白を思い出す。月容はそれを察して梅を捨ててしまうが、木槿は飾りなおす。君樹涛は密かに月容と手配書を見比べていた…
ここには手配書が届いていないのかと思っていましたが、そんなわけないですよね~

明磊は密かに両親の供養をしていた。明鳳卿が姿を現し復讐への甘さを咎めるが、明磊は「原家の者同士で高みにおいて殺し合いをさせるというのが復讐」という考えで、そのため原青江に信頼させるということで、明鳳卿も了承する。
あの間者の名前が張徳茂だとようやくわかって、ちょっとすっきりしました

できあがってきた衣を見て、非煙は錦繍が織物を賜ったと知って腹を立てるが、連夫人の罠だと気付く。錦繍のもとへもできあがった衣が届くが、それはバラバラに切り刻まれていた。錦繍は連夫人の仕業だと憤る…
非煙には手を出さず、錦繍と非煙の間をきっちり裂いていく手法は勉強になりますね♪

第27話「二人をつなぐ簪」

月容は頑張って料理をしようとするが、夕顔の世話もあってうまくいかない。一方で木槿は村の竹を使って耕運車を制作し喜ばれてる。さらに文字を知らない君家寨の民に文字を教えることになり、木槿は非力を補って自分の居場所を確立する。
ここにもまた木槿の産業革命の波が…

原青江は錦繍が贈った服を着ない訳を尋ねるが、侍女の初一が「切り刻まれた布が届いた」と明かしたことで察し、「耐え忍ぶ必要はない」と保証する。錦繍は連夫人の部屋に突入して怯える連夫人の金襴の衣装を切り裂き燃やす。原青江の言質を盾にもう遠慮はしないと言い捨て、自分を貶める者は絶対に許さない決意を固める。明磊の動向が気になった錦繍は、原奉定に尾行させるが、気付かれ撒かれてしまう。
耐え忍ぶ必要はない、って錦繍に言ったらこうなるに決まっていますよね…

帰宅した木槿は、月容が用意した夕食を食べようとして、異臭と月容の指の傷に気付く。月容はご飯さえ満足に炊けないが、木槿は「ゆっくりやればいい」と励ます。そうとは知らず木槿が虐げられていると信じている非白は、木槿への想いをこめ笛を奏でる。木槿もまた非白からもらった簪をそっと寝床に隠し、非白を想って涙する。
部屋に果物の盛り籠があるのが見えました。木槿はそれを食べればいいと思います♪

蒙詔は月容を捜索していたが、胡勇の隊が近隣の村落から略奪を働いているのを見かける。胡勇は緑水を発見するが、すべて木槿のせいだと恨みを募らせた緑水は胡勇と手を組む。
蒙詔は南国に先に戻って以来、月容を見失っているのですね

明鳳卿は捜し続けていた「大地の心」が肱月国にあるという情報を掴む。碧瑩が肱月で太子妃になっているということで利用することに。明鳳卿は明磊を呼びつけ、長期に西都を離れると言う。尾行をまかれたことで不審に思った錦繍は、明磊の出世の後ろ盾に誰かいるのではないかと考え、原奉定に調査を命じる。
明鳳卿が碧瑩の名前が出てきた時の表情が、何か意味ありげなのが気になります

木槿は君家寨の民に文字を教え始める。これまで非力と侮っていた木槿の賢い一面を知った君翠花はうっとり見つめるようになり、それに気づいた君二苟は面白くない。帰宅すると月容は疲れて家事をすべて投げ出して疲れ果てていた。
月容の気持ちにちょっと共感する奥様方も多いのではないでしょうか♪

連夫人の服を切り裂いたことで原青江は事情を聞くが、錦繍は誤りを認めない。原青江はこれまで連夫人に任せていた家計の管理を錦繍任せて節約を命じ、そのため連夫人がしていた贅沢がすべて禁じられる。錦繍は原家の中で連夫人より上だと認められることに。
原青江の対応が、計算でやっているにしては解決する気がないように見えますよね~

対戦形式の授業で負け続けた翠花が落ち込んだため、木槿は刺繍が上手な翠花のため、君家寨で刺繍工房を立ち上げることを提案する。しかし工房への参加を渋っていた月容だが、意外にも刺繍の才能を発揮することに。
月容の刺繍の才能には驚きですね!プライドずたずたな翠花は大丈夫かな?

明磊は明鳳卿の肱月行きを知り、配下に明鳳卿と碧瑩の消息を調べさせる。非煙は非清に木槿の生存について固く口止めするが、それよりも今は錦繍の方が危険だと考える。一方で錦繍は連夫人が管理していた帳簿を入手し、糾弾を企む。
非清に箝口令が届いていないならどこから漏れても不思議はないようで、危険ですね

市が立つと聞いた非白は、そこに木槿が来るのではないかと考える。木槿と月容は翠花たちと市に行くことになっていたが、夕顔が泣き止まず月容だけが出かけることに。そこで月容は非白に出会い、自分と木槿は夫婦だと喧嘩を売る。
非白が月容の女装に対して困惑しすぎて、ツッコミなしなのがおかしいですよね♪

25~27話の感想

非清の大きないげた模様(井)の着物が気になって気になって、非清の出てくる場面になると内容が頭に入って来なくて困る回でしたが… 錦繍も碧瑩も非煙も苦労の後に美しい衣装で登場するようになりましたが、木槿だけは地味な男装姿で、彼女もオープニングで見られるような絢爛豪華な衣装を身にまとう時がいつか来るのでしょうか。

オープニングと言えば、月容の女装姿をオープニングで見るたび、あの女装はどういう状況なのだろうと思っていましたが、性別逆転偽装夫婦という設定だったのですね。男装女装は中国時代劇の華ですが、男性側の女装は多くがコメディパートで一時的なものなので、オープニングまで登場するというのは結構珍しく、いつ月容が女装するのか期待していました。月容が力仕事をできない事情&「紫の目の男」回避ということから出てきた苦肉の策なのですね。しかし非白がたどり着いたのが木槿ではなく月容単独というところに今後の歪みを感じて心配です。

その木槿の現状と対極にある錦繍ですが、連夫人とのガチバトルに非煙まで参戦しそうな様相です。戦闘能力の低い女同士だと、毒を盛ったり池に突き落としたり、情報戦で貶めたりするのが定番ですが、非煙と錦繍のように戦闘能力が高いと、怖さの質が違いますね。
でも百戦錬磨のはずの原青江が、微妙に女同士の争いに対して、間違った対応をしているように見えます。思えば過去、連夫人と謝梅香はそんなに直でバトっていなかったのかもしれません。優秀な軍師ほど家庭内の采配には失敗しがちなので、女の争い初心者の原青江がこれから原家をどう混乱に導いていくのか、ハラハラしながら楽しみです。

しかし小五義の中で地味な扱いの碧瑩と飛燕ですが、碧瑩は非珏と肱月への献身が一生懸命であればあるほど、この先非珏の記憶が戻った時のことが心配になります。そこに果爾仁が誤った情報を耳に入れてしまったわけで。毒を盛っていたのが木槿ではなく明磊だとわかってしまったら、碧瑩は何を頼りに生きていけば、ということになりそうです。
そしてこれから明磊の保護がない状態で、明鳳卿が接近していきそうで、碧瑩の動向は地味ながらかなりハードモードですよね。
飛燕は… 飛燕はただ幸せになってくれさえすればいい、と願わずにはいられません。幸薄いカップルがやっと結ばれたのですから、無事に紫園に戻って…!




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。