双花伝(そうかでん)-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
西庭の太子争いと同時に原家の世子争いが激化する中、王皇后の本緒暗殺を阻止した非白が、木槿との婚姻を勝ち取ります。月容との関係の断絶も、南国の疫病を木槿が救ってより深い絆に。しかし疫病の騒動の裏では、錦繍が暗宮を蹂躙する策謀が蠢くことに…

分裂していた東庭と西庭が今回とうとう統一され、戦乱の終結を迎えます。しかしそれは新たなる謀略の始まりにすぎず、小五義の分裂と原青江の猜疑心はさらに深刻なことに。そろそろ終わりに向かう段階ですが、この話の落としどころはまだ見えません♪

【双花伝(そうかでん)】(ネタバレあり)

第52話「正しい道とは」

錦繍の策略で、短剣の件で疑いをかけられた明磊は、木槿に疑惑の矛先を向けるが、原青江は一時的に明磊を降格し禁足を命じる。木槿と原青江は、自分たち以外に暗宮の存在を知る人物が今回の元凶なのではと思い至る。世子争いにおいて得をするのは錦繍一人だったが、非白と木槿は錦繍を正しい道に引き戻そうと考える。
錦繍の策は、錦繍が一人勝ちになる構図がバレバレすぎなのですよね

錦繍は、木槿を非白に庇わせることで、非白と原青江の親子の絆に亀裂を入れる策だが、すべて受け入れてくれる原奉定のように、「あの人」が自分を理解してくれたら、と思う。
司馬遽は錦繍に剣を突き付けて抗議するが、手を下すことはできない…
原奉定は完全な理解者なのに、愛する人ではない、という現実が悲しいですね…

原青江と非白は東庭との最終決戦に出陣していく。非煙は明磊の突然の降格と禁足、そして非清の留守番に不満を募らせるが、明磊は原青江の即位を助けることで立場を固めようと諫める。錦繍も原青江の即位のため、玉璽を奪おうと企んでいた。
もうすでに、原青江の即位は織り込み済みで話が進行していますね♪

太子・本緒は、父帝復徹に「釜底抽薪」の計を進言し、原家の家族を宮廷で保護する聖旨を下して人質にとるが、錦繍は玉璽のため宮廷に入れる絶好の機会と考える。皇帝は木槿を巻き込もうと目論むが、宮中の護衛に潜入していた斉放が木槿に伝え、逃げようと促す。しかし木槿は、錦繍や明磊を油断させるため、むしろ残るつもりだった。
人質とったくらいで原青江を牽制できると考えるのなら、本緒も甘いですね~

錦繍は麗貴妃と面談し、彼女の目的が「本緒を排除して本孝の敵をとる」「皇帝本徹の助命」「自分の宮廷での晩年」であることを聞き、その代わりに玉璽の入手を約束させる。本緒が毒を使うつもりだと知った錦繍は、木槿に皇帝殺害の濡れ衣を着せようと考える。
錦繍は、三つの願いのうち一つくらいしか叶える気がなさそう

明磊のもとに「淑儀公主に謀反の噂あり」との知らせが届く。明磊はこれを好機とみて、原青江より先に皇帝として即位しようと、明家の兵力を東都に集結させ、紫園を脱出する。
原青江と非白、そして飛燕が汴城を陥落させた頃、竇英華は東庭皇帝・復昱を殺害する。西庭では皇帝本復が木槿をそばに呼び、もうひとつの戦いが始まろうとしていた。
暗君を担いで最後まで我慢した竇英華が、やり方を間違った忠義の人に見えてきました

侍従が本復を暗殺しようとした時、木槿が訪れ失敗する。それとは別に、本緒は父帝に毒茶を飲ませて暗殺し、真っ先に駆け付けて木槿に罪を着せて牢に入れ、原家の陰謀だとして崩御は伏せることに。実は暗殺失敗の侍従は錦繍の手の者だった。
深刻な場なのに本緒の「朕」連発が笑えます。少しは隠せと…

原青江たちは竇英華の待つ玉座へとたどり着く。ただ一人残った宣姜も飛燕に倒され、原青江は東庭の滅亡を宣言する。
竇英華にとどめをささないところが原青江の冷酷なところですよね

皇帝の死は約束違反だが、麗貴妃は本緒の首と引き換えに玉璽引き渡しを受け入れる。非煙たちのもとにも皇帝崩御と木槿逮捕の報が届くが、茶の毒を致死量にしたのは明磊の仕業で、原青江即位の道筋をつけるための計画だと装う。
本緒は父帝を殺すつもりがなかったのですね…

木槿は牢に忍んできた斉放に、皇帝の死を非白と、そして紫園に伝書鳩で知らせるよう命じ、玉璽は非白の手から原青江に手渡さなければいけないと考える。斉放は牢の番人たちを眠らせて木槿を脱出させる。その頃、原青江は非白に残務を任せ、東都へと向かう。
非白はこのままでは東都には間に合いそうにないのですが、紫園にはあの人が??

明磊は宮中を逃げ出そうとする本緒と王浣灕を発見するが、王浣灕が体を張って本緒を逃がす。木槿はそれを見て、明磊が狙っているのは玉璽だけではなく玉座だと察する。
王浣灕も、散々利用されるだけの悲しい人生でしたね…

第53話「玉璽の行方」

本緒は錦繍に殺される。錦繍はこれで麗貴妃に約束を果たしたと玉璽を要求するが、麗貴妃は極秘の場所に隠したと口を割らない。そこで錦繍は幼い本斉皇子を盾に脅す。宮中では錦繍、明磊、木槿の三者が玉璽を巡って大捜索を繰り広げることに。木槿は麗貴妃の寝室にある灯篭に目を留め、謎を解いた木槿はそっと牢へと戻っていく。
これで原青江が即位したとしても、帝位の簒奪でしかないですよね~

原青江の東都到着までに玉璽を探し出さないと、明磊は紫園離脱の罪を問われるが、見つからないまま夜が明ける。明磊は、錦繍が「本斉皇子の即位から原青江への譲位」を企んでいることに気付き、本殿で明磊の軍と錦繍の奉徳軍がにらみ合いになる。麗貴妃が本斉皇子の即位を行うが、そこに原青江が予定より早く寝殿に到着する。
錦繍はまだ言い訳ができる立場ですが、ここで原青江の到着で明磊はアウトなのでは…

錦繍は玉璽を原青江に渡すようにと麗貴妃に迫るが、寝室の灯篭に隠していた玉璽はなくなっていた。原青江が帝位を諦めかけた瞬間、非白が玉璽を携えて寝殿に入ってくる。灯篭に隠されていることを見抜いた木槿は、斉放に玉璽を託し、後からやってきた非白に渡したのだが、非白は汴城から間に合うはずもなく、実は非白ではなく司馬遽だった。
原青江は、目の前の非白が司馬遽だと勿論気付いていての小芝居なのでしょうか?

明磊は原青江の即位を阻もうと実力行使に出ようとするが、麟徳軍の潜伏と明磊の禁足破りで取り押さえられる。皇帝・本斉は原青江に譲位し、護国の六子の言い伝え通り原青江が皇帝として即位することに。遅れて到着した非白は木槿を解放し、心から感謝する。司馬遽は錦繍に、紫鉱を返して野望から手を引くよう諭すが、錦繍は全く耳を貸さない。非煙と非清の中に、今回のことで明磊への不信が残る。
原青江がとうとう皇帝に!申し訳程度に出てきた護国の六子ネタが何か虚しいです…

新帝・原青江は任官にとりかかるが、非清と非煙は実権のない名誉職に。静王・非白が太子代行となって三省六部を統括し、静王夫人・木槿が国の商いを、錦夫人・錦繍が兵器鋳造の任に就くことになり、原青江は陳玉嬌に動向を密かに見張らせる。錦繍は謝梅香が皇后に追贈され、己が貴妃であることに不満を爆発させる。
原青江が一番したかったのは皇后追贈なのでしょうね、わかります♪

木槿と斉放は、地下に幽閉された竇英華に会いに行き、両親を殺された恨みをぶつける。そこに錦繍も現れ、錦繍と斉放の手によって刺され、竇英華は最後まであがいて息を引き取る。せっかく仇を討ったのに、姉妹が敵同士になってしまったことを木槿は悲しむ。
竇英華も最後まで爪痕を残そうとしましたね。これで原青江の外敵は一掃されたかな?

木槿は、新帝の任官で功労者が冷遇されていることに疑問を抱く。非白は朝廷が落ち着いたら二人で宮廷を離れ、どこか遠くで暮らそうと言う。非煙も非白に比べて冷遇されていることが不満だった。そして明磊は短剣の件は錦繍の仕業ではないかと考える。非清は辺境に赴任することになり、皇宮から解き放たれることに安堵を感じつつ軒淑儀とともに旅立つ。
新帝が即位しても身内から不満が出て、新たな争いの始まりに…

木槿は今後のことで君記の者たちに警鐘を鳴らす。木槿自身は裏方に下がり、斉放が大番頭に就任する。これから朝廷と君記が力を合わせ、東都の民を豊かにするのだ…
君記幹部に翠花と二苟がいましたね!二人はその後どうなったのでしょうか♪

第54話「君記の名にかけて」

錦繍と明磊、さらに原青江も君記を狙ってくると見て、木槿は事前に秘密の準備をと考える。
「大原国」の皇帝となった原青江は、水害の被災者救済を君記に担うように求め、木槿は「君記の名にかけて」と受け入れる。実はその救済は明磊による君記を潰す策略だったが、君記が皇権最大の脅威と考える原青江は、木槿と明磊の戦いを静観する。
原青江が誰も信じないから、誰からも信じられないのでは、という感じがします

斉放と君二苟は冀州の救済に向かうが、持って行った米にカビが生えていて、被災者から君君莫問が悪徳商人と非難される事態に。さらに明磊の命を受けた配下が過去の殺人の手配書をばらまいて斉放を追い詰める。
斉放の過去が知られてしまったら、もう表立って商売はできないですよね

さらに明磊は自分に原青江の疑いを向けた錦繍に復讐する。非流は宮中の庭で遊んでいて、何かの破片で指を切り、その後突然倒れる。侍医は見たことのない症状であり、三日以内に夭折の可能性を示唆し、錦繍は非流のことだけに必死になる。
一時錦繍の目をそらせたとしても、その後の反動を考えたら非流を使うのは悪手では?

君記の損害は甚大で、被害は非白にまで及んだため、木槿は原青江の助けを借りて斉放を不問にさせるが、その代償で非煙を君記の経営に関与させられる。非煙は木槿と共同経営者になり、史慶陪が帳簿を管理することに。乗っ取りのようだと君記の者たちは不満を抱くが、非煙は君記での取り扱いは高級品だけに変更する。責任を感じた斉放は君記を辞めようとするが、木槿には算段があった。
非煙の経営センスが錦繍並みです… むしろ錦繍は商訓読んでも素人同然なのですね

非流の病状は改善せず、原青江の慰めは錦繍の心を抉るばかり。司馬遽は密かに非流に紫鉱の鍼を施し、錦繍は回復した非流から、司馬遽のおかげだと知る。意外な非流の回復に明磊は驚くが、原青江を倒すことが最優先だと配下に伝令する。そして非煙の経営によって君記は赤字となり、明磊の狙い通り次第に支店は売りに出されるように。
紫鉱万能ですね!実はこれまでの毒や疫病も紫鉱で治ったりしないのかな?

非清は月容と会談することになり緊張していたが、朝堂に夕顔が現れ「母上を返すように言って」と言い、非清を「悪い人」と責める。子供の扱い方がわからず困惑する非清に、軒淑儀は優しく話を聞こうとする。
非清たちはいい夫婦ですね。ほんとに明磊たちと離れてよかったのかもしれません

非煙は君記の経営の悪化に苛立つが、一般客は皆、かつての君記のやり方で商売をしている「栄記」に吸い寄せられていた。その話を聞いた非煙は、緑豆を君記の専売にして価格の安定を図ろうと考え、次第に商売のコツをつかんでいく。
「栄記」は木槿に命じられて斉放が隠れてやってました、というオチの予感が…

錦繍は司馬遽に非流を助けた礼を言う。司馬遽は紫鉱の件が原青江に気付かれているから元に戻すよう要求するが、錦繍は耳を貸さない。
そう、問題は「原青江が気付いている」ということなのですが、錦繍は強気すぎます

52~54話の感想

とうとう原青江が大原国皇帝に即位しました。
即位直前の玉璽を巡るゴタゴタがかなりひどかったですね。あれでも明磊を完全失脚させられないというのは、非煙は無自覚に人質に取られているようなものだと思います。
しかし即位して一瞬で譲位させられた幼い本斉は、あの後どうなってしまうのでしょう。唯一の寄る辺の麗貴妃が宮中での生活を望んでいる以上、この先数年は宮中で生きていけるのでしょうが、成長した彼を原青江が放っておくとは思えません…

原青江を見ていると、独裁者の猜疑心というのは本当にたちが悪いと思います。
非白は最愛の息子であり、木槿という存在は非白を最大限に助ける軍師で、物心両面で支える重要な存在で、決して原家に対して害をなさないとわかっているのに、君記が皇権にとって危険要素だと考えると、あの手この手でつぶしにかかるという…
今、君記を潰したら先の非白が困るかもしれないのに、それはそれ、これはこれなのですね。

おそらく、原青江が即位すれば戦乱が集結してかなり多くの問題が解決する、と思っていた人はそう多くないとは思いますが、即位したことで持ち越された問題や、新たに発生したトラブルで永遠に揉め続けるような気がしてきました。最大の病巣である明磊と錦繍をなんとかしないといけないのに、原青江はそこを静観するのですよね。この話が120話まで続いても、原青江とその後継者たちの間で同じように揉め続け、その子供たちが新たな憎悪の種を育てそうに思います。実際はあと残り6話、もうすぐ終わりなのにまだまだ続きそうで怖いです。小五義と護国の六子は原青江の即位で設定回収終了ということなのか、この先ちゃんとオチがつくのでしょうか。次回、終わりに向けて大きな波がドカンと来そうな予感がしますよ♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。