鬼谷子-きこくし-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

呉起を殺して自らが呉起を扮した王禅は変法を進め、楚の太子は呉起の横暴を止める為に兵を動かすがそれは王禅の策だった。
貴族によって抑圧された庶民たちは反乱を起こし、貴族たちを襲い始め姫元伯も奴隷たちに襲われてしまい抜け出した姫元伯は王禅と語り合う。

では、今回は43話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【鬼谷子】(ネタバレあり)

43話

夜に姫元伯の元にやってきた太子は父である楚王が王禅を殺さなかったと報告するが、姫元伯は傷ついた目を治療しながらそうだろうと思っていたと言う。
楚王と取引が成立したのであれば新法発布は明日だと言う太子に、姫元伯は取引であるならば何と条件で交換したのかと聞くと王禅の命かもしれんと太子は答える。
砂掛けられて目真っ赤な姫元伯、何かしらこれは話に関係してくる怪我なんですかね?それともただ単に砂掛けられただけなのかな?

太子は貴族たちは自分たちの立場が危うくなるため、発布を阻止する為に王禅を生きて宣言の場に立たせないように自分を旗頭に動くだろうと話す。
太子はそうなっては貴族と楚王との板挟みなってしまうと不安になっていると、姫元伯は「ならばいっそ、姿をくらませばいい」と提案する。
こんな土壇場なところにきても相変わらず小物な太子、楚王もこんな子供しか残ってないことが一番悔ることになるんでしょうなー

姫元伯は更に楚王は病を抱えており、太子が側で看病してやれば太子の地位も盤石に成り貴族の旗頭にされずに動向も見られると助言する。

44話

楚王は今淑は韓王から捨てられたと書状を投げつけると、そこには”両国友好のためなら牛馬ともされよ、韓に戻らぬ限り忠誠する”と書かれていた。
兄にまで見捨てられ哀れだと言い放ち、祖国も身内も無くした女であり「そんなものは王禅でも拾うか?」と言うと今淑はショックで骨に書かれた書状を落とす。
国のためとは言え、兄にはだいぶ痛い目見せちゃいましたからねー今淑。恨まれているだろうとは思ってましたけど最悪なタイミングですね

楚王は姮娥と今淑を柱にくくりつけており、王禅を連れてこさせると褒美か罰のどちらを与えるべきかと聞くと王禅は楚王が新法を進めよと言ったと答える。
新法は改ざんされており貴族たちの屋敷は略奪の標的になっており、元凶の王禅を処罰せねば天が許さぬと激怒し今淑と姮娥の話を出す。
確かに結構な強硬策で変えましたから大きな反発はありますよね、貴族だって全部が全部悪って訳じゃないでしょうし難しいところ

楚王は今淑と姮娥は自分の手中にあると言って、どちらか1人だけ生きて連れ出してやると言うと王禅は考え抜いて「今淑」と答える。

45話

韓王は急いで王宮にやってくると楚王は殺され今淑は行方知れずになったと言って、今淑のような女は一撃で殺さないと必ず息を吹き返すと焦っていた。
今頃、自分を捨てた兄に復讐するためにどこかに潜み計略を練っているだろうと怖がり、自分たちの平穏もこれまでかと言って韓王は嘆く。
最初はめちゃくちゃ性格悪いなーってだけでしたけど、なんだかここにきてやってることは最悪だけど意外と憎めないキャラになってきた韓王

一人馬に乗って魏に帰国する姮娥の前に兵士が王命だと言って、背いた罪により位を剥奪し奴隷にし奴隷商に売りつけると言うと控えていた奴隷商に捕まってしまう。
楚の新王は前王の遺体の横に寝転がりながら、自分は父とは違い軟弱で臆病でありいつも罵っていたと恨み言を言って、もう支配されないと叫ぶ。
結局、姮娥きたことで状況不利になっちゃいましたよね?私の大好きな今淑ちゃんが可哀想な目にあってばっかりでそろそろ愛してあげてよ

姫元伯によって救出されていた今淑に王禅が明日処刑台に立つから見届けてほしいと言うと、今淑は天罰は当然だと言って外に出る。

43-45話感想

復讐の鬼になってしまった今淑ちゃん、でも仕方ないですよねー利用しちゃったんですから…ただそれも承知の上だと思ってましたけどね。
多分ここからドロドロになりそうですけど、それでも今まで他のドラマで出てきたようなただの嫉妬女に比べるとしっかりキャラが立っていて大好きですよ。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。