双花伝(そうかでん)-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
紫園は襲撃から落ち着きを取り戻しつつありますが、木槿や明磊と非煙は、襲撃の被害に遭って紫園を離れたため、原青江から疑いをかけられ、人生を狂わされることに。錦繍は原青江の側室になり栄華を手にしますが、非白への想いから心を決めかねています。

襲撃のためバラバラになってしまった小五義ですが、今回は各自がそれぞれの道を次第に見つけていくきっかけをつかみます。それがこの先幸福へ続くものになるのか、破滅への一歩となるのかはわかりませんが、今後の幸せを祈っていきたいですね!

【双花伝(そうかでん)】(ネタバレあり)

第22話「愛情より大事なもの」

明磊は、懸命に尽くす非煙を見かね、紫園に帰ろうと言うが、非煙は街に手配書が貼られていることを明かす。非清は行方不明の妹を案じ、明磊が非煙を守ってくれるよう祈る。
明磊がどんどん追い詰められていって、非煙を受け入れるしか道がないような

原青江は、木槿を助けに行こうとした非白を牢に閉じ込め、錦繍に「生涯自分を偽り続けるより、真実を知るべきだ」と、非白の想いを確かめるよう促す。そこで錦繍は「愛しているのは誰?」と非白に尋ねるが、非白の答えが「木槿ただ一人」だったことで、錦繍は二人を引き裂いたのは自分だと気付き、木槿を探すようにと非白を牢から逃がす。
原青江は、人の心を思うように制御できると思っているところがムカつきますよね

錦繍が紫園から去る覚悟を決める様子を見て、原奉定は「どこまでもついて行く」と誓う。原青江はわざと錦繍に非白を逃がさせ、木槿の裏切りを目の当たりにするよう仕向けて家の大事さに気付かせようとしたのだった。自分を許す原青江を錦繍はすべて受け入れるが、寵愛を受けた翌朝、錦繍は赤い紐の樹に向かい、愛した人へ別れを告げる…
非白の覚悟と原奉定の想い、錦繍の決意、それぞれがつらいですね…

明磊は回復しつつあったが、非煙は彼が治ったら姿を消すつもりでいた。明磊が非煙を思っていないと知りつつも、明磊を生きる支えにして尽くし、原家にはもう帰れないと言う姿に、明磊は両家の因縁に終止符を打とうと、結婚を申し込み、結婚の誓いをかわす。
非煙の心がようやく届きましたね。でも、明磊の出自の秘密が今後どうなっていくのやら

飛燕は「錦夫人」となった錦繍を訪ねる。大将軍となった飛燕は辺境に出征する予定だが、非白が戻るまでは出かけられずにいた。小五義で残っているのは二人だけになり、錦繍は宝飾品を「将来の義姉のため」と飛燕に贈り、飛燕はこれからも錦繍を支えると約束する。
錦繍と飛燕のツーショットというのもレアですね。これが最初で最後かもしれません

南国皇帝・段光義は、「月容の独断で紫園を襲撃した」という胡勇の説明を真に受け、月容の父・段剛の謀反を疑う。蒙詔は「胡勇が原家を襲撃した」と訴え、抗議の使いに来ていた沈昌宗が「月容が木槿を連れ帰り証言するのを待つ」としたため、段光義はそれを受け入れる。木槿に証言されては困る胡勇は、南国入り前に月容と木槿を殺害しようとする。
月容が心配した通りになりました。南国後継問題が絡んで、事態はかなり複雑そうですね

男子を出産した連夫人は紫棲山荘に帰還するが、原家のしきたりを盾に錦繍をいびる。原青江は息子に「非雲」と名付け、その夜連夫人のもとに足を運ぶが、連夫人が初画に柳言生の死の責任を押し付けて罰しているのを見る…
沈昌宗が南国から瞬間移動? 初画は無事だったと思いきや、また絶体絶命ですね!

第23話「守るべきもの」

連夫人は、紫園の管理が錦繍に任されていることに不満を見せるが、原青江にあしらわれ、寵愛と権力が錦繍に完全に移ったことに焦りを感じる。一方、木槿と月容は南国との国境近くで胡勇の兵に取り囲まれ逃げ出す。非白はその様子を見かけ、胡勇を追うことで二人にたどり着くのを察する。
一部分だけ任せると、その任された部分できっちり悪事を働くのが連夫人なのに…

西庭皇帝・復徹は、玉璽を持って姿を消した張太監を息子たちに捜索させていたが、第二皇子・本緒が東庭の牙川で足跡を見つけたとの情報を掴んだことで、原青江に玉璽と遺詔を回収させるように命じる。復徹が本緒を誉めたことが第一皇子・本復は面白くない。
先帝時代もこうやって、二人の息子たちが母親の代理戦争していたのでしょうね

月容から見捨てられた緑水は、胡勇に見つかる。非白が現れ争いになり、原青江の命でつけていた陳玉嬌の兵に守られた非白は、陳玉嬌に「ついてくるな」と激怒する。胡勇は緑水に、月容を油断させて誘導するよう命じ、月容殺害は陛下の命だと脅す。
原青江は謝梅香の位牌に「非白が木槿を追っていったのは、昔の自分のようだ」と語りながらも、原家を非白に託すために世のすべての物から非白を守ろうと考える。
世の父親全部がそうであろう?って、そうではないと思います…

非清は明磊のかかりつけの「済世堂」にたどり着き、非煙の手がかりから廃寺の二人を発見する。明磊は非煙を連れ帰ってくれと頼むが、二人が結婚したのを知った非清は、明磊に玉璽奪還の手柄を立てさせて紫園に帰還させようと考える。
非清にはもうちょっと早く、結婚前にたどり着いてほしかったような気もします

非珏は碧瑩を連れて肱月を目指していたが、穴に落ちた碧瑩を助けようとして、石で頭を打って気を失う。非珏の母・阿史那古麗雅は非珏を連れ帰った果爾仁をねぎらう。非珏は目を覚ますと記憶をなくしており、碧瑩のことをモクだと思い込む。果爾仁に木槿になるよう言われ、碧瑩は拒否するが、木槿が碧瑩に人参養栄丸で毒を盛っていたと聞かされる。それを信じた碧瑩は果爾仁の説得を受け入れざるを得なくなる。
ここまで果爾仁が誰にも言わずに育ててきた地雷が、ようやく大爆発ですね

南国への橋が落ちていたため、木槿と月容は橋のたもとで休むことに。二人に追いついた緑水は、胡勇のもとへと連れて行こうとするが、月容と戦って崖下に落ちる。月容が木槿に口づけたため生生不離の毒が二人に回り、体が動かないところに原家の隠密が現れる。木槿は月容を殺めれば後々問題が起こると説いて月容を逃がすが、月容が蜂の巣を使って隠密から木槿を救い出す。二人は南国に帰って解毒法を探すことにするが、その頃緑水は崖から必死に這い上がっていた。
これまでの貞操の扱いに比べると、木槿はキスですらNGというのは厳しくない?

陳玉嬌率いる玉璽奪還の兵は牙川へ向かって出発し、宣姜は後をつけていく。原青江に「月容に生生不離の症状が出ている」との報告があり、木槿に激怒した原青江は、暗宮の青媚に特命の指令を出す。原青江は錦繍だけを連れて牙川に出かけることに。原青江は錦繍に身分と地位を得る機会を逃すな、今がその時だと言う…
原青江は玉璽を入手したら即位するつもりで、錦繍を皇后にするつもりなのですね

碧瑩は皇太子妃に封じられ、非珏は果爾仁を証人に「モクを一生愛する」と誓う。碧瑩は答えを返すことができないものの、次第に非珏の優しさにほだされていく…
碧瑩は明磊にしろ非珏にしろ、出口のない迷路をさまようような人生ですね…

第24話「身代わりの皇太子妃」

碧瑩は非珏や阿史那古麗雅に大事にされるほど、自分に毒を盛った木槿への恨みを深めていく。そんな中、阿史那古麗雅は碧瑩の背中にある刺青に目を留める。
阿史那古麗雅は原青江と子をなした女傑ですから、明家のことは知っているのかな?

木槿のもとへ馬を走らせる非白の前に史慶陪が立ちふさがり、原青江の「貞操を失った木槿を捕殺せよ」との命を伝える。反発する非白だが、監視の青媚をつけられてしまう。一方、月容から「非白から離れた理由」を尋ねられた木槿は「だまされていた」と答える。
四人の男に想われてもなお、自分の気持ちに答えの出せない木槿もどうかと思いますよ

寵愛を失い子育てに追われる連夫人は、錦繍への苛立ちを深める。その憂さをぶつけようにもいまや小五義はちりぢりだが、小五義と近い初画がいることを思い出し、兵に金を渡して手ひどくいびらせる。飛燕は見かねて手を差し伸べ、互いに不幸な境遇同士心を寄せ合う。
もしかしてこれは飛燕に春の予感でしょうか?連夫人がキューピッドということに?

胡勇はある村で赤ん坊の泣き声に気付く。月容と木槿は赤ん坊を見捨てられず連れて逃げるが、その際に弾弓を落とす。非白は村落で木槿を捜索し、そこの民家で弾弓を発見するが青媚には「木槿のものではない」と否定する。しかし青媚は木槿の気配を見逃さない。
赤ん坊連れていたら、この先色々面倒な誤解が発生する予感しかしませんが…

原青江の一行は牙川で客桟に到着するが、何事もなかったことに違和感を覚え、罠を仕掛けているのではないかと考えていたところ、原青江たちは薬を盛られ刺客の襲撃に対して身動きが取れない。そこに非煙と明磊が駆け付けて救い、結婚したことを報告するが、原青江は受け入れず二人を追い返す。
非清が毒と刺客を仕込んで、明磊たちを送り込んだのかと疑ってしまいました♪

原青江は行く先々で明磊と非煙の矢文に助けられるが、原青江は二人の同行を認めない。
そして原青江と竇英華は、張太監に捕らえられた陳玉嬌と宣姜を発見するが、首にそれぞれ玉璽と遺詔を下げ、爆薬が仕掛けられていた。原青江が遺詔を、竇英華が玉璽を手にするが、非煙と明磊の助けもあり、原奉定が義手を失いつつ玉璽を奪回する。
両軍の手練れを拘束してこれだけの仕掛けを施す張太監は、一体何者だったのでしょう

夜の闇の中、追う者も終われるものも散り散りになっていた。非煙は結婚を陳玉嬌に打ち明け、紫園に帰れるよう原青江への口添えを懇願する。二人の愛に打たれた陳玉嬌は協力を了承する。一方、玉璽を持った錦繍は原奉定と逃げていたが、原奉定の義手が失われているのを見た錦繍は、二度も命を助けられた恩に感謝する。
原奉定のこれまでの想いがちょっとだけ報われた瞬間ですね…

二人で逃げていた原青江と明磊だが、そこに明鳳卿が兵を率いて姿を現し、明磊に原青江殺害命じる。原青江は碧瑩だけでなく明磊もが明家の生き残りで、妹・青舞の息子だと気付く。そして青舞を殺したのは、妻を矢の盾にした明風揚だと明かし、明鳳卿は兵を退く。原青江は二人の結婚を認めるが、それを見た錦繍は手柄を横取りされたように感じる。
「原家の秘密」という耳うちが一番気になりますよね!

月容は泣き止まない赤ん坊を持て余し、お乳をくれる人を探すため棲城に寄ることに。月容と木槿は別行動をとるが、街には月容の手配書が配られていた。非白は月容を見つけ「木槿に何をした」と詰め寄るが、月容は胡勇をわざと呼び寄せ、その隙に木槿と逃げる…
赤ちゃんはお乳もらえない状態で何時間彷徨っていたのですか?ちょっと怖い…

22~24話の感想

この22~24話は重要な話がスポーンと飛んでいてアレ?となってしまうところがあります。カットされてそうなっているのでしょうか。特に木槿と月容が生生不離の発作で苦しみ始めるところですが、二人はキスする前からすでに何やら毒にあたった症状を見せているので、緑水が何か毒を?と困惑してしまう場面です。二人に関係の変化があった部分がカットされているのでしょうか。でも二人に不貞を働いた雰囲気が皆無なので何が何やら状態です。それと、赤ん坊を拾った場面もカットされたのかな…
ここまで緻密で濃厚な世界観を構築してきた本作ですが、制作陣がお疲れなのか綻びが見えてきて、沈昌宗が南国と紫園に同時存在している場面が出てきたりしています。頑張って持ち直してくれることを願いたいものですね♪

小五義が成長して散り散りになっていく中で、それぞれが伴侶に出会い、各自の生きる道を見つけていく展開ですが、これまで語られなかった飛燕の幼少期の話が出てきました。決して幸福ではなかった幼少期から小五義となり、似たような不幸を背負ってきた初画と接近することができたようです。この二人にこれ以上不幸を重ねて引き裂くようなことだけはしないで! …そう願わずにはいられません。

そして明磊と非煙は、非清に見つけてもらって、そこから原青江に受け入れてもらえるところまで来ました!原青江は明磊が明家の遺児だと気付いていなかったのですね。その復讐心を知ってもなお、妹の忘れ形見であるということの方が大きかったのでしょうか。いや、原青江のことだから情よりも計算があってのことのようにも思えます。
それにしても、明磊はちゃんと戦っていますね。非清が来てからの回復、超早い!!あの町医者はちゃんとした薬を処方せずに金をぼったくっていたのではないかと思うほどです。

しかし…碧瑩が「モクになる」ということは、「肱月の皇太子妃・花木槿」が爆誕、ということになってしまうのでしょうか?原家の側室と南国世子の側室と、花木槿どれだけ結婚してるのかみたいな状態になってしまうのでしょうか、今後大混乱の予感ですね!
もっと頑張って!そして非白はもっともっと頑張って!!木槿の修造イズムをしっかり見習ってほしいものです♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。