大唐女法医-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

羊皮を保管する為に冉家を利用していた高氏、冉顏の母・鄭氏に羊皮の秘密を知られてしまい殺したことを白状する。
冉顏は冉家本宅から都に住んでいる従兄の冉雲生の屋敷に引っ越すと、そこは蕭頌が冉雲生に指示して蘇州の物や調度品を揃えた部屋が用意されていた。

では、今回は22話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【大唐女法医】(ネタバレあり)

22話

検視房では冉顏が来ないことに盧清がしびれを切らしていたが蕭頌はすぐにくるのでしばしお待ち下さいと言って冉顏は死者の無念を晴らす検視人だと言う。
そこにやってきた冉顏は師匠がいないから白義に助手を頼むが蕭頌が自分がやると言い出し、5体の白骨死体の検視を始めるが1体だけ足の骨が無かった。
ニオイ消しの油を塗り合う二人に盧清が「そういうことか」みたいな表情浮かべましたけど、正直別に間違ってないんですよねー白義もフォロー可哀想に

衝立から出てきた骨を並べるとぴたりと合い、4体の骨にはどれにも刀傷がついておりこれが致命傷になっていると診断、1体は刀ではなくなぶり殺されたことがわかる。
5体の遺体の特徴に黒い楕円形の斑点があり、7年前の柴家の検視記録と照らし合わせると柴家の使用人たちと4体の白骨死体の傷の位置が同じだと判明した。
細かいツッコミですけど、関節は布を巻いてましたが足の指の骨とかはくっつけてるんですかね?一緒になって動いてたけど。普通はバラバラになってると思う

冉顏は今になって7年前に死んだ使用人、そして消えた柴煜の躯が現れたと言って張勇に関わりがあるのではと蕭頌に話す。

23話

劉道然は妻の楚玥竹に7年前にそなたを見初め一途に愛すると決め、この一生をかけてそなたを守り続けると言ったが柴煜がおり憎かったと言い始める。
そして人を雇って柴煜の使用人を始末、柴煜自身を廃屋に閉じ込めて痛めつけて更に手を尽くして柴一族を都から追い出してやっと得意げに言う。
この時代の人たち権力を使って好き放題しすぎですよね、そんな人を殺してまで奪いたいほど良い女ですかね?愛憎劇は安っぽくなっていけません

その話を聞いて泣く楚玥竹を見た劉道然は自分が冉顏を崖から落とそうとした者だと告白、楚玥竹の病を隠そうとしたことであり病人として先入観をもたれたくなかったと言う。
蕭頌は園子に話を聞くと、園子は半年前にきたときに劉道然から楚玥竹の病のことは隠し通せと言われたが楚玥竹は人付き合いが無く感づく者はいなかったと言う。
嫉妬で奪った以外には妻に尽くして悪い人ではなさそうな感じの劉道然、人を狂わすほどの独占欲を持ってしまうと大変ですねー蕭頌も気をつけて

柴煜を生きているように見せかけて捜査を撹乱しようとしたが張勇は見つからなかったと言った瞬間、張勇が入り込みその隙に園子が劉道然を刺す。

24話

冉顏は冉雲生に養ってと甘えると冉雲生はお前が望むならと笑うが、女なら物騒な刀よりもかんざしに興味を持つべきだと言うと冉顏は長安までの旅費を払った人が他にいると気付く。
この部屋も蘇州の別宅にそっくりだがそれは冉雲生は知らないことだと言うと、冉雲生はならばあの方の気持ちは察することができたであろうと話す。
誠意は見せられても態度と言葉がちぐはぐですからねー蕭頌は。気持ちはあるのわかるけど、いいとこの坊っちゃんが金を使って貢いでるだけなんだよなー

信頼と愛に応えるべきであり今の冉顏は恋をするのが怖いだけではと笑う冉雲生に冉顏はふてくされながらも自分でもわからないと悩んでいた。
夜、一人で都を歩く冉顏は立ち止まり涙を流し、また立ち上がると井戸の椅子で寝てしまうが後をつけていた蘇伏は冉顏に寄り添い冉府へと送り届けた。
ちょっとしたストーカータイプの蘇伏、冉顏も見た目の良い女の子なんですから外で寝るなんて危ないですよねー蘇伏がいてよかったですよ、蕭頌なら手出してそう

桑辰は突然銭と君子の書を持ってきて冉顏に求婚、しかし冉顏はそれを断り呉修和と白義がそんな桑辰を慰める。

22-24話感想

桑辰君可愛いですねー天然ポンコツなところも可愛い、たしかに旦那にするにはちょっと役不足ですけど冉顏みたいな女性とくっついてもらいたい。
ここらへんで1回関係整理してもらわないと、今の冉顏と蕭頌、蘇伏の関係性がイマイチわかりづらいですねー誰が誰と婚約してるのかなどうかと。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。