白華の姫-失われた記憶と3つの愛-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

白華の姫

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回から宸国の鎮北王・寧千易が北臨に来訪しています。彼の登場にあたって傅筹が西啓を牽制するために容楽の命を利用したため、容楽と傅筹の関係はかなり深刻なものになってしまいました。あれだけ必死に容楽にアピールしていたのに、すべてが無駄に…

そんな二人の危機を深々とえぐるような出来事が今回も発生します。オヤオヤ傅筹もかわいそうになぁと、なにとぞ半笑いでご覧いただきたいと思います♪
そして前回から登場してきた宸国の鎮北王・寧千易ですが、北臨のぬるま湯の人間関係に氷水をかけて回るようなエグイ性格の持ち主です。彼が真顔でぶちかます正論によって引き起こされる悲劇の行方はとても心配です…

【白華の姫】(ネタバレあり)

第22話「和親同盟の真意」

容楽は利用されたことを許すことができず、傅筹の懇願にも冷たい態度を崩さない。しかし激しい頭痛に襲われて倒れてしまう。無郁と昭蕓はようやく二人の時間を満喫していたが、昭蕓は容楽が無憂の帰京に動揺していたことから「きっと今も忘れていないのよ」と無郁に語るが、その話を無憂は物陰で聞いていたのだった。
傅筹の失敗は刺客の中に蕭煞を入れたことだと思うのですが。警護させておけばね~

容楽を診察した医師は、この症状は精神的なものに起因すると診断した。傅筹はずっと容楽の傍らに付き添っていたが、容楽は目を覚まさない。眠りの中で容楽が見ていた夢は、秦永の旧邸宅(余府)で遊ぶ二人の少女の記憶だった。二人は隠し部屋の仕掛けで遊び、母に詩経の文王をそらんじてみせていた。容楽はやがて目覚めるが、三日三晩飲まず食わずの看病をしていた傅筹を頑なに拒絶する。
繰り返される少女の記憶がもし容楽の過去なら、容楽は公主ではない可能性が高い…?

見舞いに来た沈魚に「もう一度訪れてみれば」と勧められ、容楽は秦永の邸宅に忍び込む。すると先客の黒衣の侵入者が鞦韆に乗り、十里香を撒いて故人の供養をしていた。侵入者と容楽はからくり部屋で格闘になり、互いに覆面を外そうとするが、容楽の手に覆面を残し逃げてしまう。実はその侵入者は痕香だった。容楽が将軍府に帰宅したのを見て、容楽が去ったのかと思っていた傅筹は安堵する。しかし容楽は二人の間にはもはや約束だけだと…
痕香が十里香で供養したということは、彼女は天仇門なのに秦家に関係があるという?

翌日、容楽は夫婦としての義務を果たすため、鎮北王・寧千易の招きに応じ、傅筹と二人で攏月楼に出かける。千易は実は無憂も招待していたが、傅筹は容楽を助けるふりをして火傷を負って、無憂に夫婦円満を見せつける。帰ることになった容楽に、鎮北王の侍衛・厲武がお礼の品を「公主に直接渡すように」と渡してくる。傅筹はそんな千易の腹の読めなさを警戒するのだった…
千易は何にも知らないふりで無神経発言かましていますが、多分全部知っていますよね

攏月楼で二人だけになった千易に、無憂は腹を割って話そうと、婚姻同盟の真の目的を問いただすと、千易の目当てが山河志だとわかる。さらに千易は、容楽と無憂が相思相愛なのになぜ世間の常識にこだわるのかと問い詰め、無憂は「手に入れずとも愛することはできる」と答える。そして無憂は、千易が昭蕓に関心を持っていることに気付く…
相手が言い返してこないのをいいことに天然を装ってわざと相手を傷つける千易コワイ

無憂は侍医に手の傷を診てもらうが、思った以上に深手で、水に濡らさないようにと釘を刺される。無郁がまだ父帝に昭蕓とのことを話していないと知り、無憂は「できるだけ早く伝えろ」と釘を刺す。そこに雅璃が訪ねてきて、宮中の花見の宴への同行を頼んできた。その宴は鎮北王の花嫁選びの意図があり、北臨帝は雅璃を候補に考えていた。皇后は、雅璃と無憂は親密だと北臨帝に伝えて、雅璃を候補から外そうとする。
無憂もこの時なぜ急がないといけないのかを説明しないと、無郁はわかってないですよ

千易がわざわざ容楽にと手渡してきた土産の品は酒で、贈られた箱には「憂いの解けんことを」と書かれた文が忍ばせてあった。
一方、皇太子と痕香は将軍府を訪問していたが、痕香は自分の存在が迷惑にならないように将軍府に預けてほしいと懇願していた。傅筹は約束の時間に遅刻して帰ってきたが、皇太子への言い訳に愛妻家ぶりを見せたため、痕香は嫉妬で酒をどんどんあおりはじめる…
痕香ラッパ飲み!このまま本音をぶっちゃけるのではないか?とハラハラしますね♪

第23話「御花園の罠」

将軍府に招かれた皇太子と痕香だが、痕香は容楽への嫉妬でどんどん酒を飲みすぎ、「将軍夫人に挨拶に行く」と言い出す。その頃容楽もまた、普段は飲まないのに鎮北王・千易からもらった酒を口にして、ひどく泥酔していた。そこにやってきた痕香は、容楽が無憂の木彫りの像を手にしているのを見て激怒する。二人は激しい言い争いになるが、お互い立場が同じもの同士だと気付き、抱き合って号泣する。
皇太子は皇后の宴で無憂を攻撃するためのお膳立てを計画しているというが、傅筹には内容は知らされない。そこに容楽と痕香が喧嘩していると知らされ、皇太子と傅筹は慌てて駆けつけるが、二人は寝台で仲良く抱き合って眠っていた…
描かれていませんが、翌朝二人どういう顔で目覚めたのかがすごく気になりますよね♪

皇后は花見という名目で鎮北王の縁談のお相手選びの宴を開いた。御花園には宸国の宝が隠されて宝探しが始められる。昭蕓は宝とは宸国の馬具だろうと予想し、それを無郁に贈りたいと張り切る。宴にやってきた雅璃は、皇后が呼んでいると容楽を連れていった侍女が皇太子に何か命じられたのを見ていて、不審に思う。容楽は案内された部屋で侍女に茶をこぼされ、隣の浴室で着替えるように案内されるが、そこで急にめまいを感じる…
皇后は容楽の時もお見合いパーティ開催していましたし、こんなんばっかりですよね

無郁が落とした木彫りの人形を千易が拾い、自分のものだと言って返さず嫌がらせをするが、無憂がたしなめて取り返す。無憂も侍女に案内されたものの、部屋の様子がおかしい。隣の浴室で倒れる容楽を発見するが、室内に焚かれた媚薬効果で二人は熱く見つめ合う。
その頃、雅璃は皇太子とぶつかり、口説かれて困っていたところを傅筹に助けられる。そこで皇太子は見ものがあると客を集め始める。傅筹は雅璃の言葉で、無憂を陥れる策略に容楽が利用されたと気付く。
容楽をハメたら、傅筹が怒るとは思わなかったのでしょうか、皇太子の浅知恵怖いです

皇太子は取り巻きを連れて二人が閉じ込められている偏殿に押し入り、浴室の不貞行為を暴こうと意気込む。傅筹はそれを押しとどめ、自分が中に入って確認すると提案する。浴室では容楽が湯船に入っていたが、傅筹が蓋をずらすとそこには無憂が隠れていた。容楽の懇願に、傅筹は怒りをこらえながらも容楽を庇って嘘をつくことに。それでも食い下がる皇太子を脅して黙らせ、侍女を処分することでその場を終息させる。
水中に潜ったままの無憂が目を見開いている様子、緊迫したシーンなのに笑えますよね

雅璃は手伝いを申し出るが、傅筹に断られ、容楽が本当に不貞を?と疑い、それを許す傅筹への想いが強まった。無憂はあの時、媚薬に惑わされながらも手の傷を湯船に浸して、その痛みで理性を取り戻したのだった。容楽が帰った後、傅筹は無憂を殴りつけ、皇太子への怒りと容楽への想いを互いにぶつけ合うのだった…
項影は清涼湖での一件以来罰を受けて遠ざけられ、常堅という新キャラが登場ですね。医者が傷を濡らすなと釘を刺していたのは、ここに使われる伏線だったのですね~!

昭蕓は宝物探しを続けていたが、一向に見つからない。無郁は宝物を見つけたと、自分の手作りの草の指輪を贈るが、逆に昭蕓を怒らせてしまう。千易は昭蕓に宝物を見つけさせるつもりだったのだが、昭蕓は仕掛けられた宝物をまったく見つけられない。千易の従者の厲武は困り果てて、昭蕓の目の前に宝物を投げ入れる。
昭蕓のところだけ時間の流れがのんびりしていて、厲武がちょっとかわいそうに…

第24話「駆け落ち」

昭蕓は御花園の宴で宝物を探し当てる。それを無郁に贈ろうと浮かれていて、宴の意味に全く気付かず、鎮北王・千易から求婚されてようやく愕然とする。無郁は北臨帝に昭蕓が好きだと訴えるが、宸国が同盟の破棄をちらつかせて脅したため、北臨帝は昭蕓を二日後に宸国に嫁がせると約束してしまう。
北臨帝お得意の「大局」ですが、それで今まで何度不幸を引き起こしてきたことかと…

無郁は昭蕓を探しに昭侯府(昭蕓の叔父宅)を訪れるが、叔父の後添えが昭蕓を穀潰しと罵り、無郁と小競り合いになる。容楽は昭蕓の件を聞いて阻止したいと考えるが、容楽が動けば西啓による妨害を疑われるので、傅筹にこの件には関わるなと止められる。
その頃昭蕓は攏月楼にいて沈魚に慰められていた。沈魚は昭蕓の話につられて自分の想い人について話すが、打ち明けられない事情を隠すため、沈魚は琴を奏でて昭蕓を慰める…
沈魚の想い人って…もしやあの人ですか。沈魚は前に宸国行きたいって言っていたし…

無憂は翌朝、宿に千易を訪れると「大事な人の墓参りに」と言伝が残されていた。無憂はそれが思雲陵だと気付く。千易は昭蕓を諦めるように説得されても、諦めたくないと突っぱねる。無憂は「杯の酒をこぼした方が相手の要望を聞く」と提案し、二人は杯を持ったまま手合わせするが、千易が先にこぼしてしまう。千易は無憂と同じ轍を踏みたくないと容楽とのことを引き合いに出して譲らない。しかし無憂は「昭蕓の意思を尊重すべきでは」と説く…
思雲陵で待っていたのも、無憂のトラウマをえぐる策でしょうか、千易ほんとエグイ

沈魚は「鎮北王妃になれば権力と地位を得られる」と言うが、昭蕓にとってそれは必要ないものだった。ならば駆け落ちしかないが、犠牲を伴うと言われて昭蕓は考え込む。しかし無郁の姿を見た瞬間、昭蕓はすべてなげうってその胸に飛び込むのだった。
無憂は昭蕓の意思を確認するため、千易を連れて攏月楼に向かうが、すでに昭蕓と無郁は別れを告げる書置きを置いて逃げていたため、千易は激怒し北臨帝に謁見するという。
沈魚が駆け落ちを焚きつけるから…あの二人ならきっとノープラン駆け落ちですよね♪

北臨帝は知らせを聞いて激高し、傅筹に二人の連れ戻しを命じる。無憂は、西啓とつながりのある傅筹では二人が危険だと訴えるが、実は傅筹を指名したのは千易だった。北臨が単独で尉国遠征が不可能だと宸国に足元を見られているので、無憂は青州で流民を使った強兵政策によって解決できると訴える。しかし北臨帝は親征を延期できず、我が子を犠牲にすることに苦悩する。
傅筹を指名するあたり、ほんと千易は全部情報を把握して戦略的にやっていますよね

無郁と昭蕓は食糧も銀子も持たないまま逃げてきたので、偶然とれた魚を焼いてしのいでいたが、身分や富も不要だと寄り添う二人に追手が迫る。傅筹は勅命に逆らう無郁に斬りかかるが、そこに無憂が到着し、傅筹と無憂の斬り合いとなる。しかし、昭蕓に飛んだ矢を無郁が庇って胸に受けたため、無郁を助けるために昭蕓は皇宮に戻ることを決める。
やっぱり無郁はノープラン。無憂なら冷炎が全部準備して、万全体制の駆け落ちしそう

無郁は負傷したまま、父帝に訴えるために外で跪いていた。北臨帝は無郁を無傷で連れ帰るようにと言ったのにと憤慨するが、傅筹は無郁が抵抗したためだと言い逃れる。無憂が事態を解決しようとするが、昭蕓はすでに民やすべての人を幸せにするなら、と宸国に嫁ぐ決心を固めていた…
昭蕓の決意が最初の頃の容楽の悲痛な決心に重なって、思わず心が痛くなります…

22~24話の感想

今回も盛りだくさんでしたね。
無郁に対して全員が「だから早くしろって言ったよね?」ってグリグリとツッコミを入れたくなったと思いますが、そういう無郁だから昭蕓は彼のことが好きなのです、わかってあげてください。しかし、昭蕓の置かれた状況が、短い場面でうまく語られていたことに感心しました。皇帝の娘で「公主」であれば、皇宮の中で守られて育つけれど、昭侯の爵位を得た功臣の父のおかげで郡主にはなったものの、本人にはあまり目に見える形での恩恵がなかったのかもしれません。きっと寝たきりになった叔母さんが元気な頃はさほどでもなかったのだけど、あの後添えが来て叔父の家に居場所がなくなったのでしょうね。なんとなく雅璃にジメっとしたものを感じるので、あの縁談は雅璃にすればよかったのに、と思わずにはいられません。雅璃が清涼湖で助けられていたら、吊り橋効果できっと喜んで縁談に乗りましたよ♪この先昭蕓が幸せになってくれるならいいのですが、このドラマでそういう展開はあまりなさそうで心配です…

何しろ千易という人物は、有能なのだろうけど感じ悪いですよね。北臨をめぐる人間関係の情報を細かいところまでしっかり頭に叩き込んでいるくせに、それを知らないふりして人の過去の傷をえぐってくるという、かなり性格悪いと思います。宸国といえば北臨の後宮でかなりやらかして焼死したと言われている苻鴛の出身国ですが、あそこは「そういう人」の産地なのでしょうか。そんな場所に送り込まれる昭蕓は大丈夫なのでしょうか。それと宸国がらみで今回もうひとつ疑惑が。沈魚は…やっぱり怪しいですよね!

そして今回のヤマ場は、やはり「媚薬と風呂場」でしょうか。バレそうでドキドキ緊迫感あふれる場面のはずなのに、微妙におかしさがこみあげてくるのはなぜでしょう。そう、将軍府捜索の時、風呂場に痕香が沈んでいたのを無憂は知らなかったけれど、傅筹は知っていたからこそ、今回のあの場面では蓋を開けて覗いてしまうのですよね…。媚薬のせいだし、容楽はハメられたのだとわかっていても、水中無憂を見てがっかりしてしまう傅筹の複雑な気持ちがかわいそうな一方、沈んでいる必要がないのに沈んだままの無憂がおかしくて、なんなのこの場面…って笑ってしまったのは私だけではないと思います。
しかし、傅筹が一番大事にしているところを無造作に扱った皇太子は、絶望的に政治的なセンスがないのですね。むしろ傅筹に対していいことをしてやったくらいの気持ちでいるようなので、そろそろ痛い目を見たほうがいいと思います。痕香も東宮生活が限界のようですし。…あの痕香と容楽のキャットファイトからの添い寝もよくわからなかったし、今後どうなっていくのでしょう…




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。