白華の姫-失われた記憶と3つの愛-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

白華の姫

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

北臨帝の宿願だった尉国親征が始まります。不安要素が数々ある中で皇帝が都を不在にするという状態で、北臨帝と無憂が意見の相違で喧嘩という芝居を打ち、無憂は南境征伐に、北臨帝は傅筹を伴って親征に。都には皇太子が残って監国をつとめることになります。北臨帝は万全を期して出征したつもりですが、ここから傅筹の「復讐」が始まります。

ここにきて物語は大きなうねりを見せてきます。北臨が内乱状態に陥り、容楽と傅筹の夫婦関係も仮面ですら維持不可能な状態に。この危機的な状態を果たして無憂は乗り越えていけるのでしょうか…。今回は見どころ山盛りですのでお楽しみに♪

【白華の姫】(ネタバレあり)

第31話「大逆」

蕭可は将軍府から出たものの、見張りの兵たちがしつこくついて回る。無郁が蕭可を助けたことで、無郁に容楽の軟禁が伝わる。一方、蕭可の帰りが遅かったため、焦れた容楽は泠月を残して脱出するが、誰もいないはずの将軍府の離れに食事が運ばれているのを見かける。そっと覗くと、そこには痕香と、出征したはずの傅筹がいた…
無憂がいないと、無郁は普通に優秀な子に見えます。普段からこうだといいのですが…

傅筹と痕香の会話を聞いた容楽は、傅筹が皇太子に謀反を唆すつもりだと知る。驚いて物音を立てそうになった容楽を、隠れていた項影が咄嗟に助ける。
一方、無郁は「賊の行方を追ってきたら将軍府に辿り着いた」という名目で将軍府を強引に捜索するが、静謐園には泠月しかいなかった。
項影生きていたのですね!そして将軍府は、無憂と無郁に兵で突入されるのは何度目?

項影は清涼湖において容楽を守れなかった失策で罰を受けた後、薪部屋に放置されていたのを容楽に発見され、介抱してもらった恩で容楽に身を捧げる決心をしていた。容楽は項影に傅筹の身の上を尋ねるが、かつての主の過去の秘密は話せないと言う。そこで容楽は、兵力配置図の写しと墨玉扇を無憂に渡すようにと項影に託し、容楽自身は北臨帝に謀反を知らせるために軍営に馬を走らせる。傅筹は容楽の脱出を知り、天仇門に連れ戻しを命じる…
ここで傅筹の正体を項影が打ち明けていたら、果たして事態は変わっていたかな?

監国を任された皇太子だったが、北臨帝の出征後は毎晩酒盛りで朝議に遅刻する始末。遠征軍から兵糧の催促があったが、皇太子は深く考えずに命令し、朝臣を困惑させる。
その頃北臨帝は、食後にめまいを起こしふらついていた。そこに容楽が到着し、謁見を求める。北臨帝は陳太監に本人か確認させ、傅筹には容楽の到来を口止めするが、将軍たちの会話を傅筹が聞いて知ってしまう…
毒見したのに毒を盛られ、将軍の軽口で情報が洩れ。セキュリティ管理がゆるすぎ~!

容楽は北臨帝に、「何者かが皇太子と結託し、不意打ちの企みが」と知らせる。容楽はここに来る前に将軍府にいたはずの傅筹が、軍営にもいると聞いて驚く。そこに傅筹が幕舎の中に無理に押し入ろうとしたため、容楽は咄嗟に物陰に隠れる。傅筹に虎符を要求された北臨帝は、かまをかけて偽者だと見破る。しかしすでに軍営は傅筹に掌握され、容楽の生け捕りが命じられるが、北臨帝にはなすすべがない。
ここの傅筹は「傅筹なのに傅筹に見えない」という、絶妙な演技ですごいですよね~!

北臨帝は薬を盛られて身体がしびれて動けない。傅筹の目的を尋ねるうち、傅筹の正体は苻鴛の息子で、偽の傅筹は苻鴛の太監だった林申だとわかる。林申は毒で北臨帝の声と動きを封じ、無理やり虎符を取り上げる。
林申が去った後、容楽は北臨帝のもとに駆け寄る。北臨帝は無憂に知らせろと絶え絶えに伝えた後は指で意思を伝えようとするが時間がない。陳太監が囮になって殺されるうちに、容楽は兵に扮し、潘陽王の帰還に紛れて軍営を脱出する…
傅筹は「復讐」の意味でしたか。傅筹と林申ではサイズ差があってかなり微妙な感じ…

辺境から戻った潘陽王は、将校から「容楽公主が出陣の阻止を目論んだ」と聞かされ驚く。そこに黒衣の刺客が軍営に現れ、潘陽王は急ぎ北臨帝の元に駆け付けるが、北臨帝は話すことさえできない状態になっていた。そして偽の傅筹が幕舎に現れ、北臨帝は必死で傅筹を指さして訴えようとするが、潘陽王にはその意志が伝わらない…
容楽の来訪は予定外だったでしょうに、咄嗟にうまいことシナリオを作り変えましたね

第32話「暗殺者の正体」

北臨帝は侍医の治療を受けるがより容体が悪化する。傅筹の息のかかった兵士や将校が無憂の謀反を証言するが、潘陽王が信じないでいると、傅筹は虎符を手に「潘陽王が謀反の張本人」だと弾劾してくる。潘陽王はこれが傅筹ではないと気付くが、矢を受けつつも単独でなんとか脱出を図る。
潘陽王の見破りポイントが、裏切られても傅筹をリスペクトしているところが悲しい…

将軍府の離れに隠れている傅筹は、反乱の発生と、北臨帝の崩御の知らせを受け、愕然とする。林申は北臨帝殺害を「容楽が軍営に現れ、傅筹の在京を明かしたため、仕方なく」と言い訳してきた。傅筹は激怒し、容楽を無傷で連れ帰って無憂には会わせるなと命じる。
林申は最初から北臨帝を殺すつもりだったと思いますよ~?…というか亡くなったの?

その夜。禁衛軍の大統領・向誠は無郁に、副統領の趙易昇が野心を持っていることを語る。無郁と別れた後、向誠は天仇門の刺客に捕らえられる。傅筹は16年前、北臨帝に殺害を命じられたため、5年間ずっと向誠に追われ続けた皇子だった。殺したはずの傅筹が生きていたことで、自身の失策だと諦める向誠の潔さに、傅筹はひと思いに殺すよう指示する。
この回、これはどっちの傅筹?と迷いますが、ひと思いに殺すのは本物の傅筹で正解です。林申だったらなぶりになぶって、さらに利用方法を考えるくらいはしますからね~

皇太子の放蕩ぶりに皇后も不快さを隠せないが、行動をたしなめられた皇太子は皇后の前で皇太子妃に暴力をふるう始末。傅筹からの連絡がないことに苛立っていた皇太子だが、姿を現した傅筹から「無憂が陛下を暗殺した」と聞かされ愕然とする。天仇門の刺客たちが傅筹を「若門主」と呼ぶのを見て、皇太子はようやく傅筹の思惑に気付く。しかも痕香も天仇門の配下で、自分が完全にはめられたと知り、なすすべなく涙するのだった…
痕香スッキリしたでしょうね…痕香が罵るのを見て、ちょっと私もスッキリしました…

容楽が青潼関外にいるという知らせを受け、傅筹は急いで馬を走らせる。その頃、容楽は天仇門の追手から逃げていた。現れた傅筹を容楽は偽者だと見破るが、容楽が陣内にいて傅筹による北臨帝暗殺を知っていたことから、林申は正体を現し容楽を殺そうとする。しかしそこに本物の傅筹がやってきて、林申が自分の命に背いて北臨帝を殺害したことを非難し、「今度逆らえば容赦はせぬ」と釘を刺して、容楽を連れ帰るのだった。
容楽は軍営から逃げた時には兵士姿だったはずですが、軍営訪問時と同じ黄色い衣装とアクセもまんま同じで逃げていますね。公主衣装はポケッタブルに折り畳み可能なのか…

無郁は兵糧の件について奏上したが、皇太子はいつもにまして上の空で、勝手に朝議を打ち切ろうとする。そこに傅筹からの急報が届き、無憂が北臨帝を暗殺したという内容に一同は騒然。無憂を信じる無郁は皇太子の企みを疑って小競り合いに。調査のため人を遣わそうという提案も、皇太子が討伐を中止できないと却下し、無郁は怒りをこらえて退出する…
皇太子はむしろ、その精神状態でよく朝議に出て来られたものだと誉めたいくらい♪

無郁はその足で禁衛軍の向大統領を探すが、宮中にも自宅にも姿が見えず異常事態と判明する。そこで黎王府にかくまっていた蕭可と泠月を軍営に連れて行こうとするが、西啓から戻ってきた蕭煞によると、すでに城門は武装兵で閉鎖され外に出られないという。そこに趙易昇に率いられた禁衛軍が現れて足止めを命じ、さらに昨夜向誠と会っていた無郁に向誠殺害の容疑を着せてきた。激高した無郁は剣を抜いて対抗しようとするが、蕭煞がなだめて抑える。蕭煞によると容楽はすでに将軍府に連れ戻されているらしい…
無郁なりに頑張っているのですが、傅筹が素早い先手で逃げ道を全部塞いでいきますね

第33話「交わらぬ想い」

目覚めた容楽は、そこが静謐園で傍らには傅筹がいることに気付く。容楽は傅筹が苻鴛の息子だと知ったことで、他人の命を犠牲にして復讐することに疑問を投げかける。傅筹は幼い日のことを思い出す。宦官に折檻され、逃げ出して見たものは、両親に囲まれて楽しげな無憂の姿だった。自分が与えられることのない家族の愛情を見せつけられたあの日を思い、傅筹は容楽の説得に耳を貸そうとしない。そこに、容楽のもとに蕭煞が戻ってくる…
これを踏まえると、無憂と父帝の確執なんて、まだ中二病なプチ反抗期に思えてきます

宮中に北臨帝の遺体が帰還し、皇太子は棺に取りすがって泣きわめくが、傅筹は冷ややかに「崩御は秘密にし、逆賊を一掃してから国葬を」と皇太子に指示する。
一方、無憂は南境鎮圧を終えて中山にあと3日の距離にきていたが、そこに項影が現れ、無憂に容楽の指示でと墨玉扇を差し出す。無憂は、中山が傅筹によってほぼ制圧されたことを知る。冷炎は項影を警戒するが、無憂は「漫夭が信じるなら」と項影を信じる。
その夜、軍営に行っていた冷炎が大急ぎで戻り、北臨帝の崩御を知らせる。しかも無憂が簒奪のために父帝を暗殺したとされているという…
容楽と無憂はこれの前に最後に会ったのは、駆け落ち拒否で最悪の別れをしたはずなのですが、それでも項影を信じ、容楽を信じるというのがかなり凄いことだと思います…

冷炎は軍営跡地で、北臨帝の文を発見して持ち返っていた。それは雲貴妃にあてた手紙の形で、無憂に重荷を託さねばならない不安と愛情がつづられていた。無憂は必ず敵を討って父の無念を晴らそうと心に誓う。
一方、容楽は無憂へ文を書いていたが、無憂に民を守ってほしい思いと、無憂を危険から遠ざけたい思いがないまぜになる。蕭煞にその文を託し、無憂に渡した後は生き延びて泠月を守り添い遂げるようにと命じる。容楽自身、蕭可の薬が完成するまで余命がもたないだろうと考えていたが、その話を傅筹が聞いてしまう。
親孝行したい時には親はなし…無憂ももうちょっと早く気付いておくべきでしたね~

傅筹は、毒は西啓帝の仕業なのかと問い、蕭煞に解毒薬を出せと迫る。蕭煞と傅筹は斬り合いになるが、容楽が身を挺して蕭煞を庇う。容楽は最後の願いとして、自分のために復讐を諦めてくれるかと問うが、傅筹はそれに対し「共に逃げよう、生涯守るから心を捧げてくれ」という条件を出す。その夜、深酔いした傅筹の傍に容楽がそっと寄り添う。容楽が条件に応じてくれると思った傅筹は、「もしやり直せるなら」と二人が添い遂げる夢を語り、そのまま容楽と一夜を共にする…
ここの傅筹はとってもかわいいですよね。かわいそうなくらいかわいいのですよね…

翌朝目覚めた傅筹は、想い人と結ばれた幸福感で容楽の寝顔を見つめていたが、目覚めた容楽が「阿筹」と自分を呼ぶのを聞いて凍り付く。これは容楽ではなく痕香だと気付き、慌ただしく着替えていると、そこに本物の容楽が入ってきて、傅筹の寝床に女性がいるのを見る。言い訳しようとする傅筹だったが、容楽は昨夜の答えを決めていた。「私の命や余生はあなたに捧げても、心は無憂だけのもの」…傅筹は勝手に早とちりしていたことに気付く。それでもまだ食い下がる傅筹に、容楽は「私たちは縁が尽きた」と言い放つ…
林申が30話で「容楽に扮しろ」と痕香に命じたのは、こういうことだったのですよね…

31~33話の感想

とうとう謀反発生!なんとも周到に練られた計画です。
北臨帝は崩御されたということで話が進行していますが、死の瞬間や死体は出てきていないので、ここは中国時代劇の法則にのっとって「死体が出てこないのは生きている」と、私は確信しています!向大統領もその法則を知っていれば、川に落ちたくらいで傅筹の捜索を諦めてはいけなかったのですよ。崖や川に落ちるのは生き返りフラグです!

そして傅筹と容楽の幻の一夜ですが…エンディングで寄り添う二人の構図を見た時、「あの二人にこんな変化があるのか?」と不思議に思っていたのですが、実際に容楽が傅筹の背中に寄り掛かった瞬間、答えがわかってしまいました。見ている人はあの演出にハラハラドキドキしなかったというか、多分わかってなかったのは傅筹だけだと思います。
容楽は見ただけで偽の傅筹に気付いたのに(潘陽王ですら気づきました)、傅筹は同衾したというのに痕香だとわからなかったという… その時点で色々アウトですよね♪
ここまであまり傅筹に萌えが発動しなかった私ですが、今回の情けない傅筹にはちょっとときめいてしまいました。終始オロオロしている傅筹、かわいいですよね~!

今回、無憂たちの幼少期のシーンで、冷遇されていた傅筹に胸が痛みました。あんな育ち方したら歪みますよね…。宦官に折檻される皇子、皇帝に実子と認められない皇子とか、一体北臨後宮にはどんな闇があったのでしょう。
両親からのあふれる愛情を浴びて育った無憂、その逆の環境で育った傅筹…幼少期から醸成された恨みと憎しみがとうとう爆発し、容楽との関係もほぼ壊滅的。これから国を賭けた絶対に負けられない兄弟喧嘩はどう展開してくのでしょうか…




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。