麗姫と始皇帝-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

韓申の手引で咸陽を抜け出すことに成功した麗は荊軻と再び会うことになるが、剣を通して二人はもう一緒にいられないのだと悟る。
一人咸陽に戻ってきた麗、韓申は麗を守るために咸陽へと戻るが麗を攫った犯人だとして捕まってしまい、それを知った麗は宮女に扮して韓申の元へ出向く。

では、今回は19話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【麗姫と始皇帝】(ネタバレあり)

19話

荊軻は高漸離に言われた「高みを目指すなら情を捨てよ」と蓋聶も言っていた「無我の境地」と言われたことを思い出し、これからは剣に生きると決意する。
荊軻は自ら髪を切り、師匠である公孫羽、麗に約束すると言って「必ずご期待に沿う」と言って自らの道を決め、夜の川を見ながら佇んでいた。
公孫羽も麗も荊軻には期待していないと思うんですけど、何を勝手に期待に沿うとかわけわからないこと言い出しちゃうんだろう…無我の境地から離れてるよ

翌朝、蓋蘭は荊軻が居ないことで慌てており蓋聶は昨日、強く荊軻を叱責したからそのせいだと思っているのかと言うと蓋蘭はそうだと答える。
蓋聶は荊軻はもう大人の男であり、腫れ物を触らぬように接するより厳しく言い聞かせ目を覚まさせるべきだと言うが蓋蘭はまた酒場だろうと言う。
蓋聶さんは荊軻の教育もそうですけど先に娘の教育をしっかりしたほうが良いのでは?好きなのわかるけど、だからこそしっかり言うべきでは

髪を切った荊軻が現れ、蓋聶のおかげで目が覚めたと麗を言うと蓋聶はこれ以上蓋蘭に怒られなくて済むと笑う。

20話

嬴政を守る為に負傷した麗を抱きかかえ寝台に寝かせ、宴席でどうしてこのような刃傷沙汰が起きたと李仲に問い詰め最初に抜刀した侍衛が祖太后の者だと知る。
女の刺客をやすやす侵入させたことを叱責する嬴政は李仲に麗夫人が自分を殺すと考え麗を刺したのかと聞くと、麗が剣を向けて走ったので嬴政の命が危ないと思ったと言う。
そりゃそうだ!何も言わずに剣向けて走ってきたらそりゃ斬られるのが当たり前ですよ、結果論で対処するなんて護衛失格ですし。李仲は正しいよ

しかし、今思えば麗夫人はあの剣で大王を守ったのだと言って嬴政を暗殺する機会ならいくらでもあり、わざわざこの宴席で実行するとは思えないと告げる。
敏夫人は楚夫人と鉢合うと、韓申が身代わりになったのはあてが外れたのかと言って楚夫人がこの件に関与したとしか思えないと言う。
敏夫人自体が結構邪悪な顔つきなもので、心底信じられる相手かどうかイマイチわかりづらい。まぁ楚夫人はそのうち退場することになるでしょう

敏夫人は悪事は我が身に跳ね返るものだと言って忠告し、楚夫人はそれを聞いて不機嫌になる。

21話

華陽宮にやってきた嬴政は祖太后に今回の事は麗夫人の手柄では?と言うと祖太后も麗夫人の功績は大きいが妃が政事に干渉するのは危険だと言う。
嬴政は麗夫人は文武に優れており王后に立てたいと言うが、祖太后は楚夫人を王后として大国・楚との友好を得ることが天下統一への近道だと説明する。
このドラマでは色恋優先・私情ありまくりで王后推薦してますけど本当にそれで始皇帝なれるんですか?って甘え考え過ぎて某漫画とのギャップがね

後宮には六国の妃がそれぞれいるが、どの妃を選んでも他国の警戒は強まり、それならば全く関係のない平民の娘であれば他国も警戒しないだろうと言う嬴政。
話を聞いていた麗姫は自分は確かに六国と利害関係には無いものの王后として他の妃を取り仕切るような仕事は荷が重く秦の役には立てないと言う。
こういうところで発言しちゃうもんだから、更に麗の立場が危うくなるってのはどのドラマでもそうですよねー全部決めてから発表して大王

それを聞いた嬴政は次の戦に麗を帯同させ、戦に勝利すれば誰も自分の決定に反対出来ぬだろうと宣言する。

19-21話感想

なんだか段々と嬴政に惹かれていくならわかるんですけど、接近の仕方が急展開過ぎるのでもう何がなんだか…尚更1回脱出した理由もわからない。
荊軻は立ち直ったようですけど、自分勝手に話しまとめて立ち直っちゃったので結果と違うこと起きるとまた駄々をこねそうだから困るね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。