万華楼(ばんかろう)-金糸が紡ぐ運命の恋-あらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回紹介するドラマは『万華楼(ばんかろう)~金糸が紡ぐ運命の恋~』です。
上流階級で地方都市・銀城最大の商家である新絲路のイケメン当主・李清流と、下流階級の町の地域で竜竹幇という組織の幇主でヒロインの竜傲一。
唐代末期の銀城を舞台に正反対の性格の2人が初めはいがみ合いながらも次第に惹かれていく。
そして商売の利権を奪おうとする勢力や陰謀などに巻き込まれながらもラブストーリーを繰り広げる。
ここでは中国ドラマ『万華楼~金糸が紡ぐ運命の恋~ 』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきます。
どうぞお楽しみにしてくださいね♪

スポンサーリンク

万華楼あらすじ

舞台は唐代末期の地方都市・銀城。
銀城は絹織物産業で栄えていたが、上流階級が暮らす北城と庶民が暮らす南城に分かれていた。
さらに南城には覇権を争う”竜竹幇”と”蛇幇”という二大組織が存在。
竜竹幇の幇主・竜傲一はこのドラマのヒロインで、町のみんなから慕われていた。
ある日、竜傲一は蛇幇との覇権争いに決着をつけるべく賭け勝負を行うことに。
するとそこで竜傲一は銀白最大の絹織物の商家である新絲路の当主・李清流と出会い…。

万華楼-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。
万華楼-1話-2話-3話

万華楼-4話-5話-6話

万華楼-7話-8話-9話

万華楼-10話-11話-12話

万華楼-13話-14話-15話

万華楼-16話-17話-18話

万華楼-19話-20話-21話

万華楼-22話-23話-24話

万華楼-25話-26話-27話

万華楼-28話-29話-30話

万華楼-31話-32話-33話

万華楼-34話-35話-36話

万華楼-37話-38話-39話

万華楼-最終回(40話)

見どころポイント
地方都市・銀城を舞台に身分も性格も全く違うイケメン当主・李清流とヒロイン・竜傲一の時にもどかしく時に胸キュン、さらには三角関係が展開されたりと、そのラブストーリーは見応え抜群。
登場キャラクターもそれぞれ個性的で、李清流は女性が苦手で恋愛下手なところが可愛らしく、一方で竜傲一は明るく活発でヤンチャな性格とキャラクターがこれまでのヒロイン像とは一味違い、新鮮味がありとても魅力的。
脇を固めるキャラクターも美男美女揃いで見応えあり!

万華楼 評価・レビュー

中国ドラマ「万華楼」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

上流階級の男と下流階級のヒロインの恋物語というよくあるラブストーリーかと思いきや、清流は女嫌いで恋愛ベタ、そしてヒロイン・竜傲一は竜竹幇という組織をまとめる男勝りな庶民のリーダー的存在とキャラクターがそれぞれが個性的で、観ていて新鮮味がありまし
なかなか恋愛がうまくいかずもどかしかったり、竜傲一を巡る清流と李昭による三角関係、清流を巡る竜傲一と杜小仙による三角関係など様々な恋愛バトルが繰り広げられるなど内容は見応えがありました。
また前半は恋愛要素の他にもビジネスものの要素もあり、そして後半は都・長安での権力争いと様々な展開があり最後まで飽きることなく楽しめました。
そして、このドラマはオープニング曲がカッコよくて好きでした。
少しロック調でその中にも時代劇的な要素もあり、毎回毎回ワクワクさせられました。

万華楼 キャスト・登場人物

中国ドラマ『万華楼』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリストでご紹介します!。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

〈李清流役/ライ・イー〉
清流は地方都市・銀城の経済を支える絹織物店・新絲路の当主。
上流階級で品のあるイケメンだが、女性が苦手で恋愛下手な一面がありまふ。
劇中ではヒロイン・竜傲一と出会い、初めはいがみ合いながらも徐々に彼女に惹かれていきます。
そんな清流を演じたのはライ・イーです。
彼は1990年11月29日生まれで、「永遠の桃花~三生三世~」 「如歌~百年の誓い~」 「扶揺 (フーヤオ) ~伝説の皇后〜」など数々のヒット作に出演しています。

〈竜傲一役/バイ・ルー〉
竜傲一はこのドラマのヒロインで、銀城のなかでも下流階級の庶民たちが暮らす南城で竜竹幇という組織の幇主として町人たちから慕われる存在。
男勝りな性格で活発で明るくハツラツとしている彼女は南城にやって来た清流と出会い、初めはいがみ合うも次第に彼に惹かれていきます。
そんな竜傲一を演じたのはバイ・ルーです。
彼女は1994年9月23日生まれで、モデル活動を経てドラマデビュー。
その後も幅広い演技と本格的なアクションで様々な作品に出演し、話題の女優さんです。

〈李昭(昭王)役/ファン・イールン〉
李昭は銀城に派遣された皇子で、銀城で竜傲一に出会うと一目惚れ。
竜傲一を一途に愛し、清流と彼女を巡る三角関係ラブストーリーを繰り広げます。
そんな李昭を演じたのは、ファン・イールンです。
彼は1992年12月26日生まれで、「M4M」という4人組ボーイズグループでデビュー。
そのため身体能力が高く、俳優の演技力の高さはもちろん端正なルックス、美しい声や抜群のスタイルなどでも人気で”王子様キャラ”が似合う俳優さんです。

〈炎彬役/ジャイ・ズールー〉
炎彬は清流の右腕として新絲路の経営を支えている側近です。
時に清流の恋のアドバイスをしたり清流とは常に行動を共にしています。
そんな炎彬を演じたのは、ジャイ・ズールーです。
彼は1998年3月25日生まれで、2019年のドラマ「愛しい僕のラッキーガール」では竜傲一役のバイ・ルーと共演しています。

万華楼 基本情報

原題 : 九流覇主
制作年 : 2020年
話数:全40話
監督:チウ・ユー

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2件のコメント

毎回たのしみに見ています。全員が演技がうまいし、ストーリーもとても良くて早く続きを見たいと思っています。バイ・ルーとライ・イーがぴったりでなんとも幸せな気分になります。ファン・イールンも演技がうまい、とても好感持てます。早く二人が結婚できますように、願っています。

毎回たのしみに見ています。全員が演技がうまいし、ストーリーもとても良くて早く続きを見たいと思っています。バイ・ルーとライ・イーがぴったりでなんとも幸せな気分になります。ファン・イールンも演技がうまい、とても好感持てます。早く二人が結婚できますように、願っています。中国のドラマは素敵です。お国柄なのだと思いますが日本ではこんなドラマはないです。情の描きかたがとてもうまいです。やっぱりドラマは中国ですね。衣装も豪華ですしお金を惜しみなく使っているのがよくわかります。これからもいっぱい時代劇ドラマを作ってください。期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。