双花伝(そうかでん)-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
金天麻によって非白の歩行回復が成功し、木槿と非白の距離が近づきますが、非白(司馬遽)を愛する錦繍は傷つくことに。そんな錦繍に原青江が近づき、花姉妹の恋模様は複雑化します。そこに金谷真人に破門され義賊となった斉放が、原青江を殺そうと紫園に現れます。

そして今回は、皇宮よりも広大と謳われた紫棲山荘が思わぬ形で崩壊の危機に瀕します。東庭王朝が分裂し、小五義は生命の危機に見舞われる事態に。色々激しく動いてきますので、誰がどこにいるのか見失わないようについていきましょう♪

【双花伝(そうかでん)】(ネタバレあり)

第16話「幼なじみとの再会」

紫園に入り込んだ斉放は木槿を人質に取る。木槿はそれが斉放だと気付くが、斉放は花姉妹が原家でのしあがったという噂をつきつける。斉放を説得する木槿の様子を見ていた原青江は「斉放を飼いならせるのは六子の長のみ」という金谷真人の言葉を思う。そこに非白が兵を連れて駆け付けるが、斉放を追うよりも木槿を助ける方を優先する。しかも非珏も非白に対抗して駆け付けようとする。非白は木槿がわざと人質になったことを見抜いていた。
木槿しか斉放を扱えない、まるで猛獣使いのような存在になっていますね

原青江は二人の息子と木槿について考え、非珏は肱月に戻って皇位に就く身のため、木槿は非白のもとに留め、非白と木槿を結ばれるようにさせようと考える。木槿は非白に「斉放は幼馴染で弟のような存在」だと説明する。非白は木槿が眠りに着くまで見守ることに…
原青江はどうか若い二人をほっといてあげてください!手出ししないであげて~

錦繍が怯えたため、原青江は無理強いしないつもりでいた。司馬遽が自分たちの入れ替わりが錦繍を絶望させ、父のものにさせたことを悔いていたため、非白は錦繍の本心を尋ねると約束する。原青江は謝梅香の思い出の部屋で、謝梅香と錦繍を重ねて想いを馳せる…
双子は髪型で区別つけてきましたね!親子の五角関係は簡単には解決しなさそうです

非珏は木槿に想いを伝えようとするが、木槿は非珏を弟のようにしか思えない。非白は庭の築山に錦繍を引きずってきた柳言生を見かけ、錦繍を助ける。非白は司馬遽のために「何があっても君を守る」と錦繍に告げるが、その様子を木槿が目撃してしまう。柳言生は非白と錦繍の密会を原青江に見せようと誘導しようとするが、非白が木槿と会っていたとごまかしたため、原青江は木槿を非白の側室とすることを決定し、錦繍はひとり泣き崩れる。
柳言生も最低ですが、原青江は全部承知の上でやっているからさらにたちが悪いです

原青江は木槿に、花斌の娘として以前から逸材と見込んでいたと話し、木槿に「生生不離」という原家に代々伝わる薬を飲むよう命じる。それは従わぬ女を従わせ、不貞を防ぐ薬だった。木槿は「錦繍を大事に、非白が覇者となったら自分を解放する、竇英華を殺す時にはその命を自分に、そして柳言生に死を」という条件を提示し、原青江は柳言生以外の条件を即時承諾する。木槿は生生不離を口にすることに…
原青江の親心が、順調にいけば実るはずだった息子の恋心を丁寧にぶちこわしましたよ

第17話「非白の本心」

錦繍は自分が結んだ赤い紐を眺めていたが、そこに史慶陪が錦繍の身売り証文を原青江の贈り物として届けてきた。そこで錦繍は原青江の寵愛を受け入れる決意を固める。
原青江が女を落とすための深謀遠慮、さすがです

非白は木槿の寝所にやってくるが、木槿は「自分たち姉妹をもてあそんだ」と怒って短剣を突き付ける。非白が「言えない苦悩があるが、心には君ひとりだけだ」と説得するが、木槿は生生不離を飲ませたのは非白の意志だと思って耳を貸さない。かつての暴れ馬から助けられたのは自分だと明かし、ずっと思ってきたと訴えても、木槿は非白を近づけない。
普通にしていれば想いあっていた二人なのに、なんでこうなりますか…

皇帝・軒忠は日々体調が悪化する中、巷に流れる流行り歌のことを気にしていた。それは原家と竇家が手を結ぶということを揶揄したもので、自分の死期を悟った皇帝は、死を前に竇英華と原青江を呼びつけて、その腹の内の野心を見届けようと、太監に玉璽を預ける。
謀反の時に飲まされた毒は… この喀血はそのせいということにしておきますか?

原青江の側室となった錦繍だが、誰もがうらやむ富貴を手にしても、本当に望むものは手にできなかったことを嘆く。それでも原青江に寄り添い、共に都に向かうことに。
一方明磊は木槿のことで荒れていた。明磊の嘆きに望まぬ縁談を強いられる非清は共感するが、明磊は「婚儀は流れ、天下が動く」と推測する。非煙は明磊の想い人の存在に気付く。
非煙は破談になりましたが、非清の方はまだ話が生きていましたか!

原青江は皇帝に呼び出された真意を話し合うが、皇帝の真意も竇英華の思惑もわからず、判断がつかない。そこで非白が飛燕率いる軍を配置し、予想外の事態に備えることを提案し、原青江は上京の準備を命じる。非白が都へ発つ日、木槿は声をかけられず仏頂面で見送ってしまうが、非白は引き返してきて皆の前で口づけ、もうためらわないと生涯の愛を誓い、母の形見の簪を木槿に刺して出かけていく。抵抗しつつも木槿の心は傾き始めていた。
あの非白が!むっつりの非白が!人前でチューですか、成長しましたね♪

非珏は木槿が非白のものになったことでモクを取り戻しに行くと言って暴れ、果爾仁に柱に縛り付けられる。肱月から帰るようにと催促があり、草原の覇者として自覚しなければならない非珏だが、木槿のことが諦めきれない。
原青江にとっては非珏の暴走は厄介だと思うのですが、あまり気にしてないですよね~

竇英華のもとには、「原青江が少数の兵を率いて入城」との知らせが入る。竇英華は皇帝の呼び出しは罠だと見て、汴城を手に入れ、原家を滅ぼす絶好の機会だと考える。竇英華は潘正越に紫園を攻めさせる計画で、西都にいる南国の胡勇が呼応するという。
主な軍勢が都に向かっているのに、紫園を攻められたら大変なことになりそうです

竇英華は兵に囲まれるが、宣姜がそれを排除し、龍袍を着た復昱を連れ竇英華は玉璽を要求する。そこに原青江が精鋭を連れて現れ、皇帝は原青江に後を一任するが、刺殺され玉座には復昱が据えられる。竇英華が数で勝る兵を投入したため、原青江は撤退を余儀なくされる。
皇帝崩御!あのやる気のない復昱が皇帝に?非煙は婚姻しなくてよかったですね

明磊と非清は第三皇子・復徹一家を救出し、復徹の娘・淑琪公主はその様子に目を輝かせる。錦繍は赤子の本孝皇子を預かるが、第三皇子妃と離れてしまい、復徹の息子の馬車に皇子を託し、復徹一家は皇宮からの脱出に成功する。
淑琪公主が見ていたのは非清でしょうか?明磊に見とれたようにも見えましたよ?

竇英華と呼応した胡勇は紫園の守りが厳重で攻めあぐねる。しかし原家内部に内通者がおり、その者に内乱を起こさせる計画だった。胡勇の攻撃は別行動の非白たちに伝えられ、悩んだ非白は兵を分けて明磊と錦繍をひとまず紫園に走らせ、自分も紫園に戻ることにし、飛燕を原青江の軍に合流させることに。報告を聞いた原青江は、非白が紫園に戻ったことに不満を見せ、飛燕の軍を潘正越に向かわせ、胡勇との合流を阻止せよと命じる。
誰が原家の中に潜む内通者なのでしょうか…

碧瑩は肱月に帰る非珏に会ってあげてと、木槿に頼むが断られる。碧瑩は玉北斉に一人残されることになり途方に暮れていた。果爾仁の軟禁から解かれた非珏は木槿に会いに来て、肱月に一緒に行こうと懇願するが、木槿は大事な小五義と離れられないと答える…
木槿は、非白を愛してるのかと聞かれて小五義が、と答えるのですね♪

第18話「暗宮の秘密」

飛燕は潘正越の軍を足止めし、胡勇との合流の阻止に成功するが、胡勇は単独で紫園への攻撃を行う。紫園の中では非珏を始め人々が次々に倒れる。明家の間者が南国と組んで水に毒を仕込んだのだ。柳言生が逃げ込むのに門を閉めるのが遅れ、軍勢が紫園内に入り込む。
柳言生は間者ではないものの、ナチュラルに原家の害にしかならないのですね

連教官は人々に南国の侵攻を知らせ息絶え、それを聞いた月容は胡勇の仕業だと気付く。
紫園の人々は追い込まれ、謝三娘が謝素輝と木槿を逃がして犠牲となる。兵に取り囲まれた木槿を駆け付けた錦繍と明磊が助ける。そして司馬遽も密かに人々を助けていた。裏山に逃げ込んだ木槿は、竇英華の政変が勃発したと知る。司馬遽は助けた侍女たちを暗宮の中に隠していたが、明家の間者がそれを見て隠し扉の存在に気付く。
謝三娘がこんなところで退場してしまうとは… 早すぎます…

月容は紫園に駆け付け、私兵で好き勝手する胡勇の所業に憤るが、胡勇は南国皇帝・段光義の命だとうそぶく。胡勇の兵は略奪しようとしていたが、月容は自分のものにすると言って助け、他の使用人たちも全員助けようとする。
普段はバカ殿を装っている月容ですが、中身はしっかりしていますね

司馬遽は暗宮で、青媚と名乗る暗宮生まれの仮面をつけた侍女に出会う。青媚は暗宮の宝物を守りに来たのだと言い、禁を破って紫園の人々を暗宮に入れた司馬遽を非難するが、司馬遽は「暗宮の主人は私だ」と言い張り、多くの人を救ったことは正しいと主張する。
司馬遽の言ってることは正しいのですが、でも間者を入り込ませてしまいましたよね

胡勇は紫園制圧に喜んでいたが、潘正越の援軍が来ないことで撤退を決めるが、原青江の報復を防ぐため非煙を生け捕りにしようとする。月容は愚かなふりをしながら胡勇に「原非煙はもらう」と宣言する。一方、木槿と錦繍はようやく落ち着いて話し合い、非白のことで拗れていた姉妹関係を修復する。
月容はどれだけの数の女性捕虜を横取りしつつ守っているのでしょう

非煙生け捕りの動きを知り、柳言生は小五義を排除しようと錦繍か木槿を非煙の身代わりにしようと提案する。木槿は自ら囮になると申し出て、その条件として非煙に柳言生の死を求める。最後まで抵抗した柳言生だが、自分が仕込んでいた毒で命を落とす。
兵と視聴者の心が「シャーラター(殺了他)!」でひとつになりました♪

竇英華が新皇帝を擁立したことで、原家は今後の対応を迫られる。今出兵すれば謀反となるため、原青江は「第三皇子を擁立して聖旨を遵守する」という対応をとることに。
東庭は竇家擁立王朝と原家擁立王朝に分裂し、双方とも玉璽を持たない皇帝に…

木槿は非煙に扮して逃げ出し、南国兵に追われるが、月容はその「非煙」が七夕の夜に話しかけてきた女子だと気付く。一方、錦繍は明磊と非煙を逃がすため、兵を食い止めようとする。初画と謝素輝たちは非煙とはぐれて隠れていたが、謝素輝が非白を探すと言い出す。明磊は非煙を安全なところまで逃がし、木槿を助けるため戻っていく。
置き去りの非煙に何かあったら、明磊は責任を取らされてしまうのでは…

木槿も錦繍もそれぞれ死を覚悟する局面となっていたが、木槿は明磊と出会う。南国兵の山狩りに追われ、明磊は矢を受けて崖下に落ちていく。木槿は自分を捕らえた月容が紫の瞳をしていることに驚く。南国の陣で、南国兵に襲われている初画を助けて塀に囲まれるが、月容が「女たちは自分のものだ」と二人を連れ去る。
謝素輝を追っていった初画が捕まったということは、謝素輝はどこに?

司馬遽はかくまっていた人々に「南国兵が去った」と知らせるが、そこで奴婢から錦繍が紫園に戻って来ていたことを知り、無事を確かめなければと思う。明家の間者の男は、傷を負った香芹に声をかける。
間者と香芹という、ある意味最悪と最悪同士の運命の出会いですよね

木槿は月容に助けてもらった礼を言うが、月容は非煙ではなく木槿であることを見抜いていたと告げる。月容は木槿を逃がす条件として、今回の争乱には月容が無関係であると原青江に伝えるように言う…
胡勇ひとりのやらかしで原家を敵に回すのは、南国としては大いに避けたいですよね

16~18話の感想

双子の姉妹が、父と息子それぞれの側室になってしまいました。木槿はまだしも祝福されての婚姻ですが、後々政治的意図が絡んで、原青江の命令で非白は名家の正室を迎えたりするのではないでしょうか。しかも、普通にしていれば相思相愛のカップルになれたものを、原青江が無駄な手出しをしたことで、木槿の心に深いしこりが刻まれることに… 木槿が幸せになれば、明磊や非珏だってすんなり引き下がることだってできたでしょうに。
原青江は木槿だけでなく錦繍もWで不幸に陥れたというか、錦繍自身が納得して受け入れるようにすべて仕組んだようにも思えます。錦繍は本当にそれでいいのでしょうか。自分だったら、亡妻との「思い出部屋」作ってるような男は、どんな富貴を与えられても死んでも勘弁ですね♪ 本当に原青江は罪深い人だと思います。

そんな策謀家原青江ですが、自分と竇英華による東庭王朝の分裂までは想定できたかもしれませんが、その裏で胡勇により紫棲山荘が制圧されてしまうところまでは予想できなかったのかもしれません。紫園の守りは大丈夫だろうと思っていたのでしょうが、返す返すも、木槿が柳言生の死を条件にした時に殺していれば、少なくとも紫園の陥落はなかったかもしれないですよね。
柳言生、こんなに死んでホッとするキャラもそうそういないのではないでしょうか。まだまだ嫌がらせしそうだったのに。ヤツがいなくてももっと話は不幸にできるよ、と言われたような気がして、この先怖いです♪

しかし小五義はこの先どうなってしまうのでしょうか、大丈夫そうなのは木槿と飛燕くらいで、錦繍と明磊は生死不詳、碧瑩は非珏と一緒にいるので逆に不安です。ちょっとだけ出てきて姿を消した斉放は、この先どう絡んでくるのか、ここから物語に深く関わってきそうな月容は、木槿を想う第四の男となっていくのでしょうか?
今一番心配なのは… 非白と謝素輝は一体どこに行ってしまったのでしょうか?




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。