独孤皇后-どっここうごう-乱世に咲く花-あらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回ご紹介するのは中国で2019年2月11日から放送された『独孤皇后~乱世に咲く花~』(どっここうごう)です。
『ハートに命中100%』のジョー・チェンと『神雕侠侶~天翔ける愛~』や『月に咲く花の如く』に出演したチェン・シャオ主演の中国ドラマ。

今作品で『王の女たち〜もうひとつの項羽と劉邦〜』『月下の恋歌 笑傲江湖』以来、3度目となる共演のジョー・チェンとチェン・シャオ。
ここでは中国ドラマ『独孤皇后~乱世に咲く花~』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきます。
どうぞお楽しみにしてくださいね♪

独孤皇后 あらすじ

乱世の時代を迎えていた北周王朝の初期、国政を統括する大冢宰の宇文護は従弟である宇文毓を皇帝の座に座らせると傀儡として政権を握っていた。
逆らうものを排除していきながら権力を獲得していくものの、朝廷内外から不満が高まり宇文護は仏教行事を行い、隨国公の長男の楊堅と弟たちはそれに参加をする。

その頃、衛国公・独孤信は娘である伽羅を政略結婚に使うことで隨国の力を削ごうとし、楊堅に嫁がせることを決めるが伽羅は猛反対していた。
行事に参加した楊堅はそこで男装をしている伽羅と出会い、暴漢に襲われた娘を協力して助けると楊堅は伽羅のまっすぐな性格を気に入り好意を持っていく。
お互いの身分を知らない二人はその後、お互いが政略結婚の相手だと知ると運命を感じるが伽羅の家族が宇文護によって謀略されてしまう。

独孤皇后-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

独孤皇后-1話-2話-3話

独孤皇后-4話-5話-6話

独孤皇后-7話-8話-9話

独孤皇后-10話-11話-12話

独孤皇后-13話-14話-15話

独孤皇后-16話-17話-18話

独孤皇后-19話-20話-21話

独孤皇后-22話-23話-24話

独孤皇后-25話-26話-27話

独孤皇后-28話-29話-30話

独孤皇后-31話-32話-33話

独孤皇后-34話-35話-36話

独孤皇后-37話-38話-39話

独孤皇后-40話-41話-42話

独孤皇后-43話-44話-45話

独孤皇后-46話-47話

独孤皇后-48話-49話

独孤皇后-最終回(50話)

見どころポイント
今作品の見どころはやはり三作品目となる共演を果たしたジョー・チェンとチェン・シャオが始めてカップル役を演じた息のあった演技ですね。
そして宮廷ドラマでは側室や妾、子供たちの権力争いなどがよく描かれていますが、隋の初代皇帝である楊堅と伽羅はなんと生涯一夫一婦制でした!
妻を生涯一途に愛した楊堅、復讐を覚悟した伽羅を支えて愛しその生涯を史実に忠実に描いた今作品、二人の生涯をしっかりを描いています。

独孤皇后 評価・レビュー

中国ドラマ「独孤皇后」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

独孤伽羅自体はもう何度もドラマ化やメディア化されている作品なので知ってる方も多かったのではないでしょうか。
この時代には珍しい一夫一妻というテーマで今作品では楊堅の忠犬っぷりがなかなか可愛い印象が強かったですねー伽羅自体はおとなしめだったかな?
史実では結構他の愛人たちを毒殺したりしてて怖いんですけどねー今作品はそこはサラッと無いものにしてて基本ツンデレな伽羅で進みました。

序盤早々で恋に落ちる二人、ここはもう少し丁寧に描いても良かったんじゃないかなーって思いますねー。
なにせ中盤や後半があまりにも失速し過ぎ、このドラマの良さが少しづつ薄れていくのでそれなら馴れ初めを描いて尺もたせたほうが…。
ここで結構一通りの登場人物たちが出てくるので名前覚えるのが大変でしたけど、結構キャラが立ってるので他の中国ドラマよりは見やすかったでしたね。

中盤になると序盤からの悪役で宿敵である宇文護をついに処刑にまでもっていき復讐を果たします!
最後まで見てみるとここの復讐劇が一番面白かったのでは?今作品のピークは宇文護が死ぬまででしょうねー、憎めないキャラじゃないけど良いキャラでした。
そしてようやく傀儡から脱した宇文邕ですが、これがまたウザい…序盤からウザいのは変わらないのですが中盤になるともう手がつけられないくらいウザい顔でしたね。

終盤は楊家の醜い権力争い、正直ここらへんは宇文家より面倒くさい感じでいつもの王宮ドラマって感じでしたね。
あんなにイケメンで可愛くかっこよかった楊広君がもうやりたい放題、やっぱり一時期親元を離れたのが歪んでしまった原因なんですかねー。
伽羅が亡くなって悲しくなる終わり方してますが、史実だと楊広君が兄の楊勇の息子たちも全て殺してしまってその後、隋は滅亡してしまうってわかってると何だか一時の幸せなのかなーって感じでした。

独孤皇后 キャスト・登場人物

中国ドラマ『独孤皇后-乱世に咲く花』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリストでご紹介します!。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

独孤伽羅役/ジョー・チェン
北周大将軍である独孤信の娘、武芸に長けており自由奔放、市井に出る時は男装して飲み屋に通うという男勝りな性格。
独孤家が謀略により謀反の罪で処刑され復讐を決意、夫である楊堅を愛し皇帝となった後も支えていく。

楊堅役/チェン・シャオ
北周随国公・楊忠の息子であり幼少期から寺の僧侶に育てられており、物腰が柔らかく男勝りな伽羅の尻に敷かれる。
宇文会の蛮行を男装した伽羅と一緒に止める際に伽羅に一目惚れ、後日許嫁として紹介された伽羅に運命を感じる。

宇文護役/ジャン・カイ
国政を統括する大冢宰、政権をより強固にする為に伽羅の父である独孤信と趙貴にぬれぎぬを着せ処刑し独裁政権を敷く。

宇文邕役/チー・ジー
伽羅の幼馴染で結婚後も伽羅の事を想い続けており、事あるたびに伽羅に迫っていく。
宇文毓の亡き後、後継者として皇帝に即位するものの宇文毓と同じく宇文護の傀儡となってしまう。

宇文毓役/チェン・ヨンチェン
北周二代明帝だが宇文護により傀儡となっており政権は宇文護に握られているが、水面下では密かに政権奪還へと動き出している。

独孤皇后 基本情報

放送日 2019年2月11日
読みた方:どっこ皇后
※こうてい ではなく こうごう
話数:50話
キャスト:ジョー・チェン チェン・シャオ ジャン・カイ
監督:張暁正

ユーザーレビュー
あなたの評価を投稿
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

あなたの評価を投稿

独孤皇后
平均点:  
 0 件




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。