月に咲く花の如く-あらすじ-全話一覧-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-月に咲く花の如-あらすじ-全話一覧
月に咲く花の如く


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
「月に咲く花の如く(つきにさくはなのごとく)」は2017年中国で放送された大ヒットドラマで、総制作費がなんと68億円(!?)という超大作です。
清朝末期の街並みを全くCGを使わず、5万平方メートル(東京ドーム1個分程度)にもおよぶ巨大なセットで再現するといった太っ腹なところも見所のひとつです。建造物は言うまでもなく室内のセットも細かく時代背景に沿って作られ、周瑩をはじめ各登場人物の衣装もそれぞれの性格や雰囲気をイメージして作られています。

ここでは中国ドラマ『月に咲く花の如く』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

月に咲く花の如く あらすじ

清朝末期の激動の時代に実際に豪商として活躍していた1人の女性周瑩(しゅうえい)。女性が商人になるなどありえない時代に、幾多の試練を持ち前の行動力と卓越した商才でたくましくくぐり抜けていきます。
流れ者の養女周瑩(しゅうえい)は養父周老四とともに生活のために大道芸と詐欺で渡り歩く日々だった。周老四の博打の借金で涇陽第二位の商家である沈家に侍女として売られていく。
沈家の次男沈星移に気に入られ危うく側女にされそうになるが、涇陽一番の商家である呉家東院の若旦那呉聘(ごへい)に助けられ、かくまってもらう。
呉家東院の学徒房での商売の授業に興味を持ち、才能を認められ勉学にいそしむ周瑩であったが、呉家東院は陰謀に巻き込まれてしまい、呉聘も暴漢に襲われ意識不明になってしまう。
呉聘にうながされて呉家東院を出て行こうとしていた周瑩だったが、大恩ある呉家東院と呉聘の危機に残って助ける決意をする。

月に咲く花の如く-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

月に咲く花の如く-1-2-3話

月に咲く花の如く-4-5-6話

月に咲く花の如く-7-8-9話

月に咲く花の如く-10-11-12話

月に咲く花の如く-13-14-15話

月に咲く花の如く-16-17-18話

月に咲く花の如く-19-20-21話

月に咲く花の如く-22-23-24話

月に咲く花の如く-25-26-27話

月に咲く花の如く-28-29-30話

月に咲く花の如く-31-32-33話

月に咲く花の如く-34-35-36話

月に咲く花の如く-37-38-39話

月に咲く花の如く-40-41-42話

月に咲く花の如く-43-44-45話

月に咲く花の如く-46-47-48話

月に咲く花の如く-49-50-51話

月に咲く花の如く-52-53-54話

月に咲く花の如く-55-56-57話

月に咲く花の如く-58-59-60話

月に咲く花の如く-61-62-63話

月に咲く花の如く-64-65-66話

月に咲く花の如く-67-68-69話

月に咲く花の如く-70-71-72話

月に咲く花の如く-73-最終回(74話)

見どころポイント
周瑩役のスン・リーは中国では理想の女性像とされ、演技力も美貌もトップ女優。大ヒットした『宮廷の諍い女』とは違うキャラクターで、動きも言葉もがさつで乱暴もので超生意気な役どころですが、常に明るく、頭も切れ、キラキラした瞳が印象的です。話が進むにつれてきな臭くなり、だんだん重いシリアスなストーリーになってきますが、出てくるだけでなぜかホッとさせてくれます。
はじめはおこちゃまでダメ男な沈星移(チェン・シャオ)や先立ってしまった優しいだんな様の呉聘(ピーター・ホー)など脇をかためる俳優陣もすばらしく、注目の作品です。

月に咲く花の如く 基本情報

放送局  GTV八大電視
中国タイトル 那年花開月正圓
中国放送開始日 2017年8月
話数 72話
脚本  蘇曉苑(スウ・シャオユァン)
2018年8月現在チャンネル銀河にて放映中です。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

5 件のコメント

  • 中国ドラマファンです
    女性主役はここしばらくキラキラ過ぎる宮廷ドラマばかりだったので今回、このドラマ、リアリティーが凄くて
    大変素晴らしい作品です。
    スン・リーも甜蜜蜜から大人の女優に成り成長が凄いです。脇役も準主役級の上手い人ばかりです。
    もっとファンが増えると良いですね。

    • いつも楽しく、貴殿の歴史知識の豊富さに感心しながら、拝読しています。1つご指摘させていただきます。第49-51話が第67-69になっています。ご確認ください。第49-51話を楽しみにしています。以上です。

      • いつもありがとうございます!
        リンクが違っていて失礼いたしました。
        こちら修正したのでぜひご覧になってくださいね。
        ご指摘ありがとうございます。

      • この作品は品格があり胸を打たれました…全ての俳優さん達も自然な演技で上手だったなぁ……感動して涙が出ました…又、観たくなる作品です…周塋の父役の、リューペィチーさん…久々見ました…NHKで観た北京バイオリンも本当に良かったなぁ〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です