月に咲く花の如く-あらすじ-全話一覧-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-月に咲く花の如-あらすじ-全話一覧
月に咲く花の如く


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
「月に咲く花の如く(つきにさくはなのごとく)」は2017年中国で放送された大ヒットドラマで、総制作費がなんと68億円(!?)という超大作です。
清朝末期の街並みを全くCGを使わず、5万平方メートル(東京ドーム1個分程度)にもおよぶ巨大なセットで再現するといった太っ腹なところも見所のひとつです。建造物は言うまでもなく室内のセットも細かく時代背景に沿って作られ、周瑩をはじめ各登場人物の衣装もそれぞれの性格や雰囲気をイメージして作られています。

ここでは中国ドラマ『月に咲く花の如く』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

月に咲く花の如く あらすじ

清朝末期の激動の時代に実際に豪商として活躍していた1人の女性周瑩(しゅうえい)。女性が商人になるなどありえない時代に、幾多の試練を持ち前の行動力と卓越した商才でたくましくくぐり抜けていきます。
流れ者の養女周瑩(しゅうえい)は養父周老四とともに生活のために大道芸と詐欺で渡り歩く日々だった。周老四の博打の借金で涇陽第二位の商家である沈家に侍女として売られていく。
沈家の次男沈星移に気に入られ危うく側女にされそうになるが、涇陽一番の商家である呉家東院の若旦那呉聘(ごへい)に助けられ、かくまってもらう。
呉家東院の学徒房での商売の授業に興味を持ち、才能を認められ勉学にいそしむ周瑩であったが、呉家東院は陰謀に巻き込まれてしまい、呉聘も暴漢に襲われ意識不明になってしまう。
呉聘にうながされて呉家東院を出て行こうとしていた周瑩だったが、大恩ある呉家東院と呉聘の危機に残って助ける決意をする。

月に咲く花の如く-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

月に咲く花の如く-1-2-3話

月に咲く花の如く-4-5-6話

月に咲く花の如く-7-8-9話

月に咲く花の如く-10-11-12話

月に咲く花の如く-13-14-15話

月に咲く花の如く-16-17-18話

月に咲く花の如く-19-20-21話

月に咲く花の如く-22-23-24話

月に咲く花の如く-25-26-27話

月に咲く花の如く-28-29-30話

月に咲く花の如く-31-32-33話

月に咲く花の如く-34-35-36話

月に咲く花の如く-37-38-39話

月に咲く花の如く-40-41-42話

月に咲く花の如く-43-44-45話

月に咲く花の如く-46-47-48話

月に咲く花の如く-49-50-51話

月に咲く花の如く-52-53-54話

月に咲く花の如く-55-56-57話

月に咲く花の如く-58-59-60話

月に咲く花の如く-61-62-63話

月に咲く花の如く-64-65-66話

月に咲く花の如く-67-68-69話

月に咲く花の如く-70-71-72話

月に咲く花の如く-73-最終回(74話)

見どころポイント
周瑩役のスン・リーは中国では理想の女性像とされ、演技力も美貌もトップ女優。大ヒットした『宮廷の諍い女』とは違うキャラクターで、動きも言葉もがさつで乱暴もので超生意気な役どころですが、常に明るく、頭も切れ、キラキラした瞳が印象的です。話が進むにつれてきな臭くなり、だんだん重いシリアスなストーリーになってきますが、出てくるだけでなぜかホッとさせてくれます。
はじめはおこちゃまでダメ男な沈星移(チェン・シャオ)や先立ってしまった優しいだんな様の呉聘(ピーター・ホー)など脇をかためる俳優陣もすばらしく、注目の作品です。

月に咲く花の如く キャスト・登場人物

〈周瑩役 スン・リー(孫儷)〉
女性で豪商となった周瑩の役。孤児であったが養父、周老四とともに大道芸と詐欺で生活していた少女。売られた沈家で沈星移に気に入られ、その後成り行きで呉家東院の一人息子、呉聘の妻になる。
がさつで勝気だがチャーミング。何事にも興味津々でキラキラとした瞳が印象的な周瑩を見事に演じきったスン・リー。
一人の女性として人間的にも大きく成長し、周りを魅了し巻き込んでいく周瑩役を熱演していました。
1982年生まれ。主な出演作は「宮廷の諍い女」「ミーユエ王朝を照らす月」「SPIRIT」など

〈沈星移役 チェン・シャオ(陳暁)〉
沈家の次男、沈星移の役。はじめは自分の思い通りにいかないと癇癪を起こしたり子供気質でしたが、兄・月生を殺され復讐を誓う。
気に入った周瑩を手に入れるため努力するが、時代の流れの変化を感じ、次第に人間として大きく成長を遂げていきました。
だらしない坊ちゃん役から国を憂え、民の為に立ち上がる星移役のチェンシャオ。正義感があり繊細で純粋な役どころを見事に演じきっていました。
1987年生まれ。主な出演作は「後宮の涙」「月下の恋歌 笑傲江湖」など

〈呉聘役 ピーター・ホー(何潤東)〉
涇陽一の商家、呉家東院の一人息子、呉聘の役。物静かで知的でありながらも破天荒な周瑩に強く惹かれ、優しく時には力強く見守る包容力あふれる役でした。
1975年生まれ。主な出演作は「着信アリ2」「三国志Three Kingdoms」など

〈杜明礼役 ユー・ハオミン(俞灏明)〉
貝勒の手先、杜明礼の役。呉家東院を陥れるために沈家に近づき沈四海を悪の道に引きいれる。丁寧な物腰で相手に近づきつつも毒を潜ませる姿、また時に見せる運命に抗えないと嘆く悲哀の表情を見せる複雑な杜明礼の役を演じていました。
1987年生まれ。歌手。主な出演作は「一起来看流星雨」など

〈趙白石役 レン・ジョン(任重)〉
正義感が強く清廉潔白な涇陽の県令趙白石の役。沈月生殺人事件・軍需品の偽造を調べるうちに呉家東院を陥れる陰謀に気がつく。
淑女ではないが裏表のない周瑩に密かに惹かれ愛し始める。
1979年生まれ。主な出演作は「将婚姻進行到底」など

月に咲く花の如く 評価レビュー・感想

月に咲く花の如く74話女豪商周瑩の超大作でした。
見終わって、ああ、終った・・・と思いつつも、キラキラした周瑩の姿が見れなくなると思うと寂しい感じがしました。

1話1話に詰め込まれている話のボリュームが多く、しかも展開が早く内容が盛り沢山で、1話の間でいろいろな事が起こりすぎて途中あれっ?と話についていけないところもありました。
最初に起こった沈家での殺人事件とか夫呉聘の死の謎、薬材偽造の事などすっかり記憶のかなたに・・・時々思い出したかのよう(!?)出てきて、すっかりはじめの内容を忘れてしまうところも・・・(笑)

前半の周瑩親子の登場から沈星移との出会い、逃げ込んだ呉家で嫁ぐことになり若奥様修行、商売の勉強等では周瑩の運命が動き出した上昇機運な展開と周瑩の愛らしさ(?)と魅力が出てました。
呉家と沈家の間で起こった薬物偽造事件と沈月生が殺人事件、呉聘の不可解な死、呉尉文の逮捕そして呉家東院の没落と暗い内容が続き、じわじわと呉家東院が追い込まれていく様は丁寧に描かれていていました。
残念なのは最後の数話でばたばたとあっけないくらい重要なポジションにいた関係者が簡単に亡くなっていき、見ていて時間がなくなったのかしら・・・と無理やり話をつなげて終わらせたような急ぎすぎる展開でした。

個性豊かな登場人物も多く登場しました。
周瑩と彼女を慕い助ける呉聘、沈星移、趙白石、王世均とのやり取りも良かったです。
全体的なラブストーリーは比較的少なめでしたが、星移の花を見て周瑩を思うシーンなど印象的な場面も多くありました。

そして周瑩と義夫呉尉文や義母鄭氏、義理の叔父呉尉武、呉尉全との信頼関係が築かれる様子は温かい気持ちになり感動して涙が出るところもありました。
はじめは犬猿の仲だった沈星移、趙白石の周瑩を助けるために芽生えた友情も気持ちの良いものでした。

敵である沈四海、杜明礼や査坤、胡咏梅等も一人の人間として丁寧に描かれていました。
周瑩と杜明礼との口での直接対決!思えばあの時がはじめまして・・・でしたね。
緊迫したやり取りにテンションあがりました。
剣や拳を使った直接的な戦闘シーンはあまりなかったですが、その代わり命運をかけた商売対決など見所も多く、負けた胡咏梅や沈四海、杜明礼の追い詰められた姿は本当に哀れでした。

勝利の秘訣は天才的な周瑩一人の力ではなく、彼女を支える番頭達との信頼と連携でした。
ただ金を稼ぐのではなく楽しくなくっちゃという使用人や取引先も巻き込んだ、皆が良い思いをするという幸せな渦に引き寄せられ巻き込まれていったような気がします。

最後に向けてとにかく話をつなげて終了させようという意図のあるバタバタ感は観ていて何かもったいない!
あっけなく主要人物が消えていく姿はえ~っそれはないよ~でした。
沈四海、杜明礼もう少し粘って欲しかったな・・・というちょっと不完全燃焼なところもありましたが、最後は諸悪の根源郡王の処罰と未来を担う懐先の旅立ちを見送る周瑩達、新しい時代が始まるという予感を感じさせ、大団円でした。

月に咲く花の如く 基本情報

放送局  GTV八大電視
中国タイトル 那年花開月正圓
中国放送開始日 2017年8月
話数 72話
脚本  蘇曉苑(スウ・シャオユァン)
2018年8月現在チャンネル銀河にて放映中です。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

5 件のコメント

  • 中国ドラマファンです
    女性主役はここしばらくキラキラ過ぎる宮廷ドラマばかりだったので今回、このドラマ、リアリティーが凄くて
    大変素晴らしい作品です。
    スン・リーも甜蜜蜜から大人の女優に成り成長が凄いです。脇役も準主役級の上手い人ばかりです。
    もっとファンが増えると良いですね。

    • いつも楽しく、貴殿の歴史知識の豊富さに感心しながら、拝読しています。1つご指摘させていただきます。第49-51話が第67-69になっています。ご確認ください。第49-51話を楽しみにしています。以上です。

      • この作品は品格があり胸を打たれました…全ての俳優さん達も自然な演技で上手だったなぁ……感動して涙が出ました…又、観たくなる作品です…周塋の父役の、リューペィチーさん…久々見ました…NHKで観た北京バイオリンも本当に良かったなぁ〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です