ミーユエ-あらすじ-全話一覧-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-王朝を照らす月-あらすじ-全話一覧
ミーユエ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
「ミーユエ」の舞台は、紀元前300年以上前の中国の春秋戦国時代の末期になります。秦によって、中国全土が統一される前になります。たくさんの国が混在し、勢力争いが繰り広げられている時代です。ちなみに日本だと弥生時代のはじめのころです。

ミーユエ、のちの宣太后ですが、有名な秦の始皇帝の高祖母にあたります。(高祖母とは、おばあさんのおばあさんです。)ミーユエが生まれる前に、天下を統べる覇星だと予言されるも、母が高貴な生まれではないので、捨てられ、川に流されてしまう。だが、生まれもった強い運命によって、生きながらえることができます。

秦に行ってから、秦王の側室となり、のちの昭襄王を産むのだが、昭襄王の治世前期に中国史上最初の皇太后として権勢をふるうことになる波乱万丈の人生を描いています。

2016年中国ドラマ視聴率No.1を記録したメガヒットドラマです。逆境に負けることなく、信念をもって生きていくミーユエを演じるのは、「宮廷の諍い女」で人気沸騰したスン・リー。中華圏の美女タレントランキング1位に選ばれたこともあり、大きな瞳はとても印象的です。また、ミーユエの義母姉で、のちに宮廷の覇権争いで悪女に変貌する姝を演じるのは、「琅瑯榜」のリウ・タオ。数々のドラマ演技賞を受賞しているだけあって、演技がとてもすばらしいです。

さらに、チェン・カイコー監督の日中合作映画「空海―KU-KAI―」で白楽天を演じたホアン・シュアン、「皇貴妃の宮廷」で順治帝を演じたガオ・ユンシャン、香港映画に多く出演しているアレックス・フォンなど、美男美女がそろっています。

数奇な運命を持ちあわせたミーユエが、嫉妬や陰謀にうごめく後宮の中で、どのように生き、そして、最高権力の座へと上りつめていくのか。秦の国家統一の礎を築いたミーユエの生涯を描いた歴史超大作となっています。
 
ここでは、「ミーユエ」にあらすじやネタバレ感想や見どころといった話題を紹介しながら、華麗な歴史絵巻81話を一緒にじっくり堪能していきましょう!

ミーユエ あらすじ

時は紀元前300年以上前の中国の春秋戦国時代の末期、楚の国で、天下を統べる兆しの星、覇星が現れる。楚の後宮に降臨した時に、お腹に子供がいたのは、莒姫の侍妾の向氏。この子が覇星と言われ、楚王は、とても大事にする。
けれども、王后は、それを許さず、王位を継承するのは、自分の息子以外ありえないと、向氏に堕胎薬をのませて、亡き者にしようとするが、失敗に終わる。

なんとか無事に生まれるが、男ではなく、女の子であったので、籠に入れられ、川に流されてしまう。だが、もって生まれた強い運命で、生き延びることができた。その日はとても月がきれいな夜だったので、月(ユエ)と名付けられた。

戦国時代の混沌とした時代に翻弄されながら、強い心と運命をもちあわせたユエが、至難を乗り越え生きていきます。

ミーユエ-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

ミーユエ-1-2-3話

ミーユエ-4-5-6話

ミーユエ-7-8-9話

ミーユエ-10-11-12話

ミーユエ-13-14-15話

ミーユエ-16-17-18話

随時更新中です!

見どころポイント
春秋戦国時代は、秦の始皇帝が全国を統一するまでの分裂期の時代です。まだ、中国の統一がされていないので、文字や度量衡、そして、貨幣もばらばらで、お互いの交流がまだなされていないことがわかります。ドラマの中でそれも描かれています。
総製作費は、「武則天」を凌ぐ58億円。きらびやかな衣装の数々、極上の装飾品など、豪華絢爛な宮廷を再現しているところも必見です。

ミーユエ 基本情報

放送局:上海東方衛視、北京衛視
原題 :羋月傳
話数 :全81話
放送開始:2015年11月30日
原作 :蒋勝男「羋月傳」
監督 :鄭暁龍
脚本 :王小平

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です